人はなぜ働くのか。働く理由から「仕事」を考えよう!

日々働いていると、ふと「自分はなぜ働いているんだろう」と振り返りたくなることもあるかもしれません。人はなぜ働くのか、それぞれの働く理由を深掘りし、自分自身にとって仕事とは何かを見つめなおしてみましょう。

人はなぜ働くの? 理由を深掘りしよう

Monet – stock.adobe.com

 

「なぜ人は働くのか」という理由は、人によって全く異なります。働くことに対してはさまざまな考え方がありますが、多くの人は働くことにどのような想いを抱いているのでしょうか。

 

人が働く理由について、他の人の意見を交えて考えてみましょう。

 

お金のため

 

働く理由について「お金のため」と回答する方は多いようです。

 

お金のために働いていると言うとマイナスのイメージを持たれやすいかもしれませんが、生きていくにはお金が必要です。

 

「自立するため」「家族を支えるため」「趣味のため」「老後のため」と、お金を必要とする理由は人によって若干異なります。

 

しかし、人並みの生活を維持したいのであれば十分な貯蓄が不可欠ですので、お金を稼ぐことを働く理由としているのは不思議ではないでしょう。

 

自分を成長させるため

 

仕事をすると多種多様な人に出会い、様々なことを経験できます。仕事をしなければ出会えなかった人や、できなかった体験があるのではないでしょうか?

 

そうした経験を積み重ねると、自分が知識を蓄え成長していることを実感できるのが働く醍醐味と挙げる方もいらっしゃるようです。

 

自分のスキルを発揮して活躍したい人などは、特に「成長したい!」と思うかもしれませんね。

 

好きなことを全うするため

 

働くことが「好きなこと」に重なっている方もいます。「好きなこと」と「働くこと」が一致しており、働くこと自体が目的となっているのです。

 

ただし好きなことをするために就職したものの、思ったような仕事を与えられず退職の原因となる場合もあるようです。

 

好きなことを仕事にするのはそういった現実とのギャップがつきものですが、自分の実力や頑張り次第で可能性はいくらでも広げられますよ。

 

社会に貢献するため

 

社会に貢献するために働いていると回答した方は、「人の役に立つことが仕事のやりがい」と捉えている方が多いようです。

 

人から「ありがとう」と言われたときなどは、特に「働いていて良かった」と思うのだとか。両親や地元への恩返しも、広い意味では社会への貢献を働く理由に挙げられるでしょう。

 

理想のライフスタイルを叶えるため

 

働く理由には「理想のライフスタイルを実現するため」と回答する方もいらっしゃいます。

 

「お金のため」という理由につながるところもあるかもしれませんが、理想のライフスタイルを叶えるには生活を整えるお金が必要となります。

 

たとえば「結婚をして理想の家で暮らしたい」「プライベートも充実させたい」など、それぞれ理由はたくさんあるでしょう。

 

しかし、理想のライフスタイルを実現するには、仕事のスキルを伸ばしていくことが重要です。スキルがなければ思うようなお金を稼ぐことができない場合もあることは理解しておいたほうが良いでしょう。

 

高い地位や権力を得るため

 

高い地位や権力を得るために働く方もいらっしゃいます。

 

働くことで地位や権力を手に入れたい方は「人を動かすこと」や「人から一目置かれること」が働く理由に直結しているのかもしれません。

 

ただし高い地位や権力を手に入れたとしても、ずっとその地位や権力を維持できるのかを考える必要があるでしょう。どのくらいの期間があれば自分の目指す位置を実現できるのかについて向き合っておくことをおすすめします。

 

自分の「働く理由」を知るためには?

Farknot Architect – stock.adobe.com

 

まだ自分の働く理由を把握できていない人は、どのようにしてその理由を深掘りすれば良いのでしょうか?

 

就職・転職活動でも「なぜ人は働くのか」という理由を問われる場合がありますので、きちんと考えておきましょう。

 

自分の人生において何を重視したいのかを考える

 

自分の働く理由について知りたい方は、まず自分の人生において何を重視するのかを考えましょう。

 

家族やお金など、身近なものでも構いませんので思いつく限り紙に書き出してみると良いかもしれません。自分の考えが反映された理由であるほど、自分が働く理由に直結しやすくなりますよ。

 

何に「幸せ」や「やりがい」を感じるのかを考える

 

自分の人生で重視したいことが見つかったら、次は何に「幸せ」や「やりがい」を感じるのかを考えましょう。

 

「幸せ」と「やりがい」が、自分の人生で重視したいことと一致していたり、少しでも重なっていたりすると自分自身の働く理由が具体化されやすくなるのです。

 

また、「幸せ」や「やりがい」を感じられない仕事は、心の負担になるだけでなく働くことに対して虚無感を持ってしまうことにもつながります。

 

自分自身の「幸せ」や「やりがい」は以外と身近なところに転がっているかもしれませんよ。

 

他の人の意見を聞いてみる

 

家族や友人、同僚など、自分自身が信用している人の意見も聞いてみてください。

 

他の人の意見を聞くと共感できる内容を発見できたり、自分だけでは分からなかった観点を知ることができます。

 

働くことに対する他の人の意見はとても貴重です。そこから自分自身の働く理由についての糸口が得られる可能性が高いでしょう。

 

「働かない」は幸せ?

sawitreelyaon – stock.adobe.com

 

「なぜ人は働くのか」の理由を掘り下げてきましたが、反対に「働かない」を考えれば、働く理由についてよりクリアな回答が得られるかもしれません。

 

まず、あえて「働かない」という選択をしたとしても、必ず人生の「幸せ」や「やりがい」が得られるとは限らないでしょう。

 

「働かない」はお金を稼げなくなるリスクがあります。

 

もちろんお金やモノを持たないことが自分らしいと感じる方もいらっしゃいますが、暮らしていくうえで何か欲しいものがある場合は働くことでお金を作らなければなりません。

 

「一生働かずに自由に暮らしていくのは幸せなのか」という視点で思考を繰り返すと、自ずと見えてくるものがあるはずです。働いてお金を稼ぐことは、自由を手に入れることでもあることも忘れないようにしょう。

 

また、お金やスキル、人脈、やりがいは、働くからこそ得られるものです。

 

働く理由が見えず苦しい思いをしている方もいらっしゃるかもしれませんが、「働くことで得られるもの」や「働かないことで得られるもの」を考え、働く理由を改めて見つめなおしてみましょう。

 

働く理由を見出せないのなら転職も視野に入れよう!

miya227 – stock.adobe.com

 

働く理由に迷いがあるのは、現職が自分自身に合っていないからかもしれません。もし当てはまる方がいらっしゃる場合は、転職も視野に入れてみてください。

 

今の環境から新しい環境に移ることで、自分にとって大切なものを見つけやすくなるでしょう。

 

ホテル・旅館への転職は、転職支援サービス「おもてなしHR」にご相談ください。ホテル・旅館の仕事は、特に「人の役に立ちたい」「自分を成長させたい」とお考えの方にはピッタリです。

 

宿泊業界に特化した専任のアドバイザーがあなたの転職活動を丁寧にサポートいたしますので、まずはお気軽にお問い合わせくださいね。

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る