「在職中の履歴書」の書き方!職歴欄・本人希望欄のマナーを押さえイメージアップを狙おう

在職中の求職者は、離職中の求職者よりも履歴書の作成に時間をかけられないもの。かといって、応募書類で手を抜くわけにはいきませんよね。そんな在職中の求職者に向け、履歴書作成時にミスが起こりやすい「職歴欄」と「本人希望欄」のポイントを、わかりやすくまとめました。ぜひスムーズな転職活動にお役立てください。

在職中は履歴書の職歴欄・本人希望欄に要注意!

在職中の転職活動は、普段の業務と掛け持ちになるため、何かと抜け・漏れが発生しやすいもの。中でも特に注意したいのは、在職中の求職者ならではのポイントがある「職歴欄」と「本人希望欄」の書き方です。

 

履歴書の基本ルールが守られていなければ、採用担当者からの印象は悪くなってしまいます。しかし反対に、記入があるだけで印象がアップする場合もあるのです。

 

では、どのようなことに気を付ければ、印象が良くなる履歴書になるのでしょうか。在職中の求職者に押さえていただきたい、履歴書作成のポイントをご紹介します。参考にしながら、ぜひ胸を張れるような履歴書の作成にあたってくださいね。

 

在職中の履歴書「職歴欄」の書き方のポイント

iStock.com/kf4851

 

在職中の求職者が「職歴欄」で気を付けなければならないのは、「現在に至る」と「以上」を忘れずに記入することです。

 

「現在に至る」の記入場所は、最終職歴の1つ下の行。「以上」はさらにその1行下に、右寄せで記入します。なお、最終学歴の下に「以上」を記入する必要はありません。

 

履歴書の学歴・職歴欄に「以上」を記入するのは、採用担当者に情報の終わりを伝えるためですが、特に注意すべきなのは「現在に至る」の書き忘れです。

 

書き忘れてしまえば、既に退職済み・即入社可能な応募者として選考が進む恐れがあります。認識の齟齬があれば、自身・企業の双方の時間が無駄になってしまいますので、書き忘れには充分注意しましょう。

 

記入位置などの書き方に不安を覚える方は、下記記事もぜひチェックしてみてくださいね。

 

履歴書の学歴・職歴欄の「以上」を書く場所は?「現在に至る」の書き方、入らない時の対処法も紹介

 

在職中の履歴書「本人希望欄」の書き方の基本

iStock.com/itakayuki

 

続いて、在職中の求職者が履歴書の中で気を付けたい項目の2つ目である「本人希望欄」について、詳しくご紹介します。

 

希望は必要最低限に留める

履歴書の本人希望欄は、一般的に「どうしても譲ることのできない希望」として扱われます。つまり、「こうだったらいいな」という程度の希望を、書き連ねる場所ではないのです。

 

「貴社規定に従います」などのように、希望をないものとして履歴書を提出する求職者は多いもの。応募者の中で悪目立ちをしないためにも、本人希望欄には最低限の希望のみを記入するようにしましょう。

 

記入を避けるべき項目に注意

在職中の求職者であれば、現職の待遇と比較しながら転職活動を行う方が多いはずです。給与・賞与・残業・福利厚生など、次の転職先が提示する条件を細かく確認していることでしょう。

 

しかし中には、内容について募集要項で細かく触れていない企業も。これに対し、気になるから・書かれていないからという理由で、自分の希望条件を並べてしまうのは少々早計です。

 

疑問を解消したいという気持ち程度であっても、採用担当者からすれば「権利や要望ばかりを主張する応募者」に映る恐れがあるのも否めません。履歴書では言及せず、どうしても気になるのであれば面接の場で質問するようにしましょう。

 

希望と希望する理由は簡潔に

通院や小さな子どもがいてお迎えの必要があるなど、勤務先には絶対に伝えておかなければならないことがある求職者もいるはずです。

 

希望を記入すること自体は全く問題ありません。しかし、文章の長さには気を付けるのが得策です。

 

長い文章を丁寧に読むほど、採用担当者に時間はありません。「まとめる能力がない」「言い訳がましい」など、いらぬイメージダウンを招いてしまうリスクも高まりますので、希望・理由は簡潔に記入するのがおすすめです。

 

在職中の履歴書・本人希望欄に書きたい項目1:入社可能日

iStock.com/Promo_Link

 

履歴書・本人希望欄の基本を踏まえたうえで、在職中の求職者が記入しておきたい3つのポイントをご紹介します。

 

1つ目は、「入社可能日」です。

 

すでに退職の意向を伝えており、現職場の退職の目途が立っている方であれば、履歴書・本人希望欄に入社可能日を記入しておくのがおすすめです。

 

在職中の応募者に対し、採用担当者が気になっているのは「応募者本人の能力」と「本当に退職・入社する意思はあるのか」という2点。入社可能時期を記入しておけば、採用担当者に無駄な心配をかけることはなくなるでしょう。

 

下記の例も、ぜひ参考にしてみてください。

  • ・入社可能日:令和XX年4月1日から就業可能
  • ・令和XX年4月1日より入社が可能です。

 

在職中の履歴書・本人希望欄に書きたい項目2:退職予定日

記入をおすすめしたい2つ目の項目は、「退職予定日」です。「入社可能日」とセットで記入しておけば、より一層退職の真実味は増しますよね。

 

中途採用では、「すぐに入社できる即戦力」を求める企業も多いもの。条件さえあえば確実に入社ができる応募者として、選考がスムーズに進むことにも期待が持てますので、記入できる方はぜひ記入しておきましょう。

 

「本人希望欄に記入するには違和感がある……」と感じる方は、職歴欄に記入をするのが良いかもしれません。「現在に至る」の横に、括弧書きで予定日を記入しておけば違和感なく、退職する事実を伝えることができます。下記の記入例も参考にしてみてくださいね。

  • 現在に至る(令和XX年〇月△日 退職予定)

 

在職中の履歴書・本人希望欄に書きたい項目3:希望連絡時間帯

在職中の求職者であれば、現職でバレないように転職活動を進めたいと思うのは自然なこと。

 

「選考の合否の連絡はすぐに受けたい、でも電話の着信音・振動にも敏感な職場だからバレてしまいそう……」と、悩んでしまうこともあるでしょう。

 

そんな方におすすめなのは、本人希望欄への「希望連絡時間帯」の記入です。事前に知らせておけば、採用担当者は時間を配慮したうえで、連絡をくれるはずです。

 

「在職中でも、選考結果の連絡ぐらい受けなさい!」というほど、応募企業も鬼ではありません。かえって「今の職場への配慮も忘れない人なんだ」と、印象が上がることも充分考えられますので、気になる方はぜひ記入をしておきましょう。

 

在職中は履歴書の職歴欄・本人希望欄でイメージアップ!

iStock.com/kazuma-seki

 

在職中の転職は、今の職場で遜色なく働くことと並行して転職活動を進めなければなりません。

 

「どちらも完璧にしなければ!」と気負いすぎてしまえば、かえって視野が狭くなり、思わぬミスを引き起こしてしまうこともあるはずです。履歴書・本人希望欄に「入社可能時期」や「希望連絡時間帯」などを記入しないのが、その良い例でしょう。

 

適度に肩の力を抜きつつ、要所要所で確認をしながら転職活動を進めてくださいね。

 

履歴書・本人希望欄の書き方まとめ!パート・バイト・在職中などパターン別でポイントを解説

 

履歴書「学歴・職歴欄」の書き方《職歴編》|アルバイト歴は書く?職歴なしは?転職・パート応募のポイントも

 

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る