ターンダウンサービスとは?具体例やお客様に“贅沢”を提供するポイントを紹介

ターンダウンサービスとは、ハイクラスなホテルで提供される客室清掃サービスのひとつです。しかし、どのようなサービスが行われるかがわからない方も多いはず。ターンダウンサービスが提供されている理由や、お客様に提供する”贅沢”について具体的に探っていきましょう!

ターンダウンサービスとは?

nielskliim – stock.adobe.com

 

ターンダウンサービスとは、お客様の外出中に就寝の準備を行う客室清掃サービスのひとつです。

 

ターンダウンは英語で「turndown」と書かれ、音量を下げる、明るさ・出力などを弱めるなどの意味を持ちます。サービスと組み合わせて使われる際に、就寝準備の意味になるのも頷けますね。

 

ターンダウンサービスの基本は、カーテンを閉める、アメニティを補充する、ベッド周りを整頓するなど。大抵の場合、18:00~21:00の間にターンダウンが行われます。

 

しかし、すべてのホテルにターンダウンサービスがある訳ではありません。シティホテル以上の比較的高級なホテルや、会員ランクの高いお客様に限定するケースがほとんどです。

 

ただし、希望するお客様に向けて行うホテルもあり、利用者にサービスを受ける自由がゆだねられているケースも。ターンダウンサービスを楽しみに、ホテルに宿泊するお客様もいるようですよ。

 

ターンダウンサービスが提供されるのはなぜ?

insta_photos – stock.adobe.com

 

日本人にはあまり馴染みのないターンダウンサービスですが、なぜホテルでこのようなサービスが提供されるようになったのでしょうか。ターンダウンの生まれた背景や、国内におけるサービスの位置付けについて解説します。

 

ターンダウンは西洋の文化

西洋では、靴を履いたまま室内に入るのが一般的とされています。靴を履いてベッドに上がることも、不自然なことではありません。そんな西洋の文化的背景から生まれたのが、ベッドスローです。

 

ベッドスローとは、ベッドに日中掛かっている帯のような布のこと。ベッドスプレッドとも呼ばれ、靴のままベッドの上に横になってもシーツが汚れないようにする役割を持っています。客室をただ彩るインテリアではないのですね。

 

就寝の際は、ベッドスローを外してクローゼットなどにしまうことが習慣化されています。その西洋の就寝前の習慣が、ホテルのターンダウンサービスとしてお客様に提供されており、サービス力が高ければ高いほどホテルの評価も向上していく傾向があります。

 

国内のホテルにおけるターンダウンサービス

日本では、靴を脱いでベッドの上に横になることが常識です。よって、日本ではそれほど聞き馴染みがない方が多く、ワンランク上のサービスとして受け取られています。

 

ターンダウンサービスは外資系ホテルのみならず、日本生まれのホテルでも行われることがあります。各ホテルならでは「おもてなし」をプラスしてサービスが提供されることも珍しくありません。

 

このように、ターンダウンサービスはそれぞれのホテルの個性を表現する機会としても重宝されています。お客様の心を掴みやすいサービスであることは間違いないでしょう。

 

気になる!ターンダウンサービスの具体的な事例

boyloso – stock.adobe.com

 

ターンダウンサービスを実施しているホテルでは、どのようなプラスアルファの「おもてなし」を行っているのでしょうか。具体的な事例をご紹介します。

 

シーツの角を折る

シーツの角を折り、お客様がいつでも気軽にベッドに入れるように整えるホテルがほとんどです。床下にはマットとスリッパを置き、ベッドへの出入りにも気遣っています。

 

アメニティやミニバーを補充する

ターンダウンサービスの際、ベッド回りを整えるだけでなく簡単な部屋の清掃も行います。

 

ゴミ箱やタオル交換、アメニティの補充などは当たり前として、お客様がよりリラックスできるようにミニバーの補充やお酒のおつまみ、水割りセットなどを用意するホテルもあるようです。

 

ホテルのミニバーはおもてなしのひとつ!ミニバー以外で喜ばれるホテルのおもてなしサービスとは?

 

チョコレートを用意する

ベッドサイドにチョコレートを用意するホテルもあります。中には、自ホテルの名前入りのチョコレートを提供している高級ホテルもあるようです。

 

ヨーロッパでは、就寝前に食べるチョコレートは気持ちを落ち着ける効果があるとされており、特にミント味のチョコレートはその効果が高いとされています。

 

またベッドサイドにチョコレートだけでなく、ミネラルウォーターとグラスが一緒に用意されることが多いようです。

 

客室の照度を落とす

ターンダウンでは、就寝前に穏やかに過ごせるよう客室を落ち着いた雰囲気にすることも求められます。日中よりも照度を落とすことで、お客様がすぐに眠れるような気分にさせる工夫も大事ですね。

 

マットレスとピローの固さが選べる

あるホテルでは、お客様の好みに応じた寝心地の良いマットレスやピローを選べるようにしているそうです。

 

ホテルのマットレスやピローが体に合わなければ、お客様は快適な夜を過ごせませんよね。実際に快眠できなかった経験のあるお客様も少なくないのです。

 

そういった不便を無くすため、マットレスやピローを10種類以上から選んで注文すれば、好みのものを客室まで持ってきてくれるサービスを提供するホテルもあるのだそう。このメニューは、ターンダウン時にベッドサイドに置きます。

 

お客様により贅沢なひと時を感じてもらえる「おもてなし」と言えるでしょう。

 

アロマグッズを揃える

整えたベッドの上に、何種類もの香りや効能から選べるバスソルトやサシェ、キャンドルなどの用意するのもサービスの内です。

 

中には、落ち着いたアロマミストの香りを漂わせるホテルもあるのだそう。ただし、香りには人それぞれの好みがあるので、香りを選べるようにしたほうがお客様も嬉しいかもしれませんね。

 

メッセージカードを添える

ベッドの上に「Bon Voyage」など、お客様にとっての素敵なステイを祈るメッセージカードや、翌日の天気が書かれたカードがそっと置くホテルもあります。

 

有名な詩人や作家の言葉を引用したメッセージカードも、お客様には人気のようです。

 

ターンダウンサービスで気を付けるべきポイントとは?

iStock.com/Christian-Horz

 

お客様が快適に過ごせるように実施されるターンダウンサービスですが、中には必要ないという方もいます。過剰なサービスが苦手という声も挙げるお客様もいるのです。

 

ターンダウンサービスを行う際には、チェックインの段階で「サービスが必要かどうか」を事前にお客様に確認することが必要になるでしょう。

 

また、お客様に都合の良いタイミングでサービスを行わなければならないので、お客様の留守の時間を誤らないよう注意してくださいね。

 

ターンダウンサービスに関連するホテル用語

ターンダウンサービスの他にも、ホテルの客室清掃でしか耳なじみのない専門用語はあります。ベッドメイクで耳にすることの多いスプレッドとデュベ、客室清掃全般で使われるインスペクションの意味もあわせて押さえておきましょう。

 

スプレッド・デュベ

スプレッドやデュベは、ベッドメイクの方法・スタイルのことです。一般的には、スプレッドタイプ、デュベスタイルなどと使われます。

 

スプレッドタイプは、マットレスと掛け布団の間にシーツを敷くというスタイル。マットレスの間にシーツを挟み込む、従来型のベッドメイクです。

 

一方、デュベスタイルは近年見かけることが多くなったベッドメイクで、掛け布団を布団カバーで包むベッドメイクの方法です。日本人に馴染みがあるのは、デュベスタイルのベッドメイクでしょう。下記記事では、ホテルのベッドメイクについてより詳しくご紹介しています。

 

お客様がホテルのベッドに抱く疑問とは?マットレスのタイプやシーツの正しい使い方などについて解説!

 

インスペクション

インスペクションは「調査・検査」という意味を持ち、ホテルで使用される場合は客室清掃後の点検作業のことを指します。

 

客室清掃は、お客様の満足度を大きく左右する重要な仕事。髪の毛が1本落ちていただけでクレームに繋がる恐れもあるので、ミスは最小限に抑えたいものですよね。そのミスを軽減するのがインスペクションなのです。

 

インスペクションはホテルごとに作られたマニュアルに沿い、客室清掃員以外の従業員によって行われるのが一般的です。インスペクション専属のスタッフを置くのが難しいホテルは、リーダーポジションの従業員に任せてみるのも良いかもしれません。

 

ホテルのインスペクションはどんな仕事?インスペクションのマニュアル内容と必要な心構えを解説

 

お客様の印象に強く残るには隙のないサービスを心がけよう

tonefotografia – stock.adobe.com

 

ターンダウンサービスにはホテル独自の「おもてなし」が現れます。非常に丁寧な仕事が求められ、それがお客様の心に強く残るものならば、さまざまな方の心を震わせることができるはずです。

 

比較的高級なホテルで行われるサービスではありますが、高級志向ではないホテル・旅館でも取り入れられるサービス内容はきっとあります。心のこもったサービスには常連客の獲得など、ホテル・旅館のファンを作ることにもつながりますので、できる所から取り入れてみてくださいね。

 

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る