採用をお考えの法人様へ 無料 転職サポートに申し込む

転職先の業界・職種が決まらない人はどうすればいいか?

経済的な理由や人間関係の悩みなどで転職を考えていても、次にやりたい業界・職種が決まらない人は多いのではないでしょうか。社会人経験を重ねた人でも、本当にやりたい・適性のある仕事を見つけるのは簡単なことではありませんよね。そんな時役に立つ、転職先の業界・種を決める方法を紹介します。

転職したい!でも次の業界・職種が決まらない!

迷う女性

miya227 – stock.adobe.com

 

転職を考えているものの、次にどんな仕事をしたいのか分からずに動き方を決められない…この記事を読んでいる人は、そんな悩みを持っているのではないでしょうか。

 

適性のある業界・職種を理解するのはそう簡単なことではありませんよね。社会人になったばかりの20代の人に限らず、30代、40代以上の人であっても、自分が本当は何に向いているのか分かない人は少なからず居るでしょう。

 

転職したい業界や職種が決まらない人の特徴や、自分の向き・不向きを分析する方法についてまとめました。

転職先の業界・職種が決まらない人のタイプ

趣味人

NDABCREATIVITY – stock.adobe.com

 

転職先の業界・業種が決まらない人の特徴を、タイプ別に見ていきましょう。もちろんこの限りではありませんが、転職先の業界・業種が決められずに悩んでいる人は、どこかしら当てはまる部分があるのではないでしょうか。

何でも人並み以上にできる人

どんなことでも器用にこなすゆえに、自分の長所や強みが分からずにある程度のレベルで満足し、飽きてしまいがちなタイプです。

 

ポータブルスキルを持つ人材は転職市場で有利ですが、転職年齢が上になるほどひとつのことを突き詰めた人材が優遇される傾向にあります。

 

オールマイティーも素晴らしいですが、何かひとつ特に得意な分野を見つけて磨きをかけたいところですね。

自分に自信がない人

やってみたいと思うことがあっても「私のスキルでは無理」「この年齢からでは始められない」などと考えて可能性に蓋をしてしまうタイプです。

 

このタイプは転職に慎重で、特に好きというわけでもない業界・職種に「経験があるから」という理由で長く居る傾向があります。その業界・職種が合っているならそれはそれで良いことですが、もし他にやってみたいことがあるなら考え方を変える必要があるでしょう。

仕事としてやりたいことが思い浮かばない人

「一度の人生、やりたいことをやるべきだ」というのは、仕事に限った話ではありませんよね。趣味に没頭しているなど、私生活を重視して「仕事は生活ができれば良い」と考える人も居ます。

 

もちろん悪いことではありませんが、必要に迫られて転職しようとなった場合、どの業界・職種に行くべきなのかわからなくなることが多いでしょう。

転職先の業界・職種が決められない時はこれをやってみよう!

リストアップ

Swapan – stock.adobe.com

 

転職の成功・失敗を左右するのは情報量の多さといっても過言ではありません。業界研究や企業研究も大切ですが、自分自身の情報もできるだけ多く集めましょう。

 

以下の方法で自己分析を行えば、進むべき道が見えてくるでしょう。

適職診断を試す

インターネット上には、簡単にできる適職診断がたくさんありますよね。無料でできることがほとんどなので、いろいろな適職診断を試してみましょう。

 

診断の質問に答えることも、良い自己分析になるはずです。ただし、診断の方法や結果はサイトによってばらつきがあるため、参考程度に捉えるのが適切です。

 

結果について考えすぎるとますます転職先の業界・業種が決められなくなるので、転職活動のウォーミングアップだと思って軽く受け止めましょう。

自分の強み・弱みを洗い出す

転職のための自己分析で重要なのは、自分の強み・弱みを洗い出すことです。この作業はひとりで悶々と考えていても進みません。

 

紙に書いて整理したり、身近な人に聞いてみるなどの方法が有効です。自分では弱みだと思っていたことが、他人から見たら強みだった!ということもあるのではないでしょうか。

楽しかったこと・達成感を感じたことを洗い出す

やってみたい業界・業種を探るには、これまでの経験で楽しかったこと・やりがいや達成感を感じたことを洗い出しましょう。「これは仕事にならないな」などと考えずに、とりあえず全部リストアップするのがポイントです。

 

例えば、絵を描くのが好きなら「画家になんてなれるわけない」で終わるのではなく、画材屋や画廊で働いたり、色彩感覚を活かしてアパレルショップで働くなどの選択肢を見つけることができますよね。

 

このように、とにかく好きなことをリストアップすることで業界・職種選びのヒントが見つかる可能性があるのです。

消去法で考える

仕事として「やりたいこと」が見つからない時は「やりたくないこと」を探す方法もあります。「やりたいこと」を探すのはハードルが高いかもしてませんが「やりたくないこと」を消去して「やってもいいこと」を探すのです。

 

「やってもいいこと」なら、長く続けられる可能性があります。生きるためには働かないわけにはいきませんよね。「この仕事が大好き」という程ではなくても、「嫌では無いからありがたく働こう」と割り切ることも必要でしょう。続けるうちに仕事に面白味を感じられるようになるかもしれません。

 

消去法で業界・職種を選ぶときは「なぜやりたくないのか」まで考えるのがコツです。そこまで考えずに「人と話すのが苦手だから」という理由を考えずに「接客は避けたい」と思って営業事務を選ぶとどうなるでしょうか。おそらく営業職の人と密なコミュニケーションを取らなければならないことに、苦痛を感じる羽目になります。

 

「やりたいこと」と同じくらい「やりたくないこと」を分析するのは重要なのですね。

転職先の業界・職種が決められない人は転職エージェントを利用しよう

転職先の業界・業種が決められない時は、転職エージェントを利用するのも良い方法です。数多くの転職者や、さまざまな企業を知っている転職のプロが経歴や希望をヒアリングして適切なアドバイスをしてくれることでしょう。

 

おもてなしHRでは、宿泊業界に特化した転職のサポートを提供しています。未経験から応募できる求人案件も多数ありますので、ホテル・旅館に興味のある方はぜひ登録してくださいね!

有名宿泊施設で働きませんか?

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る

関連記事