20代後半の転職は厳しいのか?20代後半の転職を成功させるポイントとは?

20代後半はさまざまなライフイベントを控えた時期ですよね。将来のことを真剣に考え、転職を検討している人も居るのではないでしょうか。20代後半の転職の厳しい部分や、転職を成功させるために重要なことを解説します。

20代後半に転職を考える人は多い

ステップアップ

takasu – stock.adobe.com

 

20代後半は、新卒で入社した後、数年間の社会人経験を積んで自分のやりたいことや適性が見えて来やすい年代です。

 

この時期に転職を検討する人は少なくありません。いざ転職に踏み切ろうとなったとき、厳しさはどの程度のものなのでしょうか。また、経験の有無はどれくらい影響するのでしょうか。

 

20代後半の転職で、重視したいポイントと併せてみていきましょう。

 

20代後半の転職は厳しいのか?

20代後半までは第二新卒と見なす企業が多く「ポテンシャル採用」が通用する世代です。未経験の業界に飛びもうと思ったらチャンスの時期。30代に突入すると即戦力になることが求められるため、早い段階で動いた方が成功しやすいでしょう。

 

その一方で、現在の仕事と同業気の転職ももちろん可能です。ある程度のスキルや経験が身についている上に若さや柔軟性、素直さがあるため、まだまだ伸びて長く働いてくれるだろうと評価されるのですね。

 

20代後半は転職市場で価値が高く、多くの20代後半の人が転職で成功を収めています。

 

厳しい面もある20代後半の転職

20代後半の転職希望者は、多くの企業が欲しがる人材ですが、他の世代に比べて厳しい面もあります。

 

未経験の場合は、まっさらな新卒や20代前半の人に比べるとやや不利になります。人物像や期待値が同じぐらいの評価であれば、より若い方が選ばれる傾向があるのです。

 

また、社会人経験をある程度積んでいることがじゃまになって、異業種のやり方になじめないなど、入社後に苦労する可能性も考えられます。

 

一方、経験者の20代後半はベテラン経験者には適いません。企業が求めているのが即戦力なのか、長く働ける人なのかにもりますが30代、40代などの年長者の方が歓迎されることがあります。

 

20代後半の転職希望者は、若さと経験を兼ね備えているのが強みです。しかし、裏を返せばどちらも中途半端といえる年代なのですね。自分が行きたい企業と、企業が求める人材がマッチしていれば厳しいとは限りませんが、一筋縄ではいかない可能性があることを念頭に置きましょう。

 

20代後半で転職が特に厳しいのはこんな人

ひよこ

5second- stock.adobe.com

 

20代後半の転職は、企業のニーズを捉えて応募先を選ぶことが近道です。しかし、以下にあてはまる人はニーズを捉えて選んでも、転職活動が厳しくなる可能性があります。

 

自分が該当するのであれば、長丁場を覚悟して臨んだ方が良いかもしれません。

 

女性

20代後半は、近い将来結婚や出産の可能性がある世代です。特に女性のキャリアには出産が大きく影響しますよね。

 

子供を授かるのはおめでたいことですが、採用する側は入社後すぐに産休や育休を与えなければならない可能性を、考慮しないわけにはいかないのです。

 

厳しさを感じたら、女性の転職に強い転職エージェントを頼ってみてはいかがでしょうか。女性が働きやすい職場づくりに力を入れている企業を、紹介して貰える可能性があります。

 

転職回数が多い人

20代で2回以上転職をしていると「転職経験が多い」と見なされます。転職回数が多ければ多いほど「うちで採用してもすぐに辞めてしまうだろう」と思われて、不利に働きやすいもの。

 

しかし、転職を重ねた理由を、採用担当者が納得するように説明できればマイナス評価を避けることができます。以下の記事を参考に、面接できちんと説明する準備を整えましょう。

 

転職回数が多い人が採用面接を成功させるには?転職理由の上手な説明方法を解説

 

20代後半の転職で注意するべきポイントとは

展望

jamesteohart- stock.adobe.com

 

20代後半ともなれば、自分のことだけ・今のことだけを考えていれば良いとはいかなくなることが多いのではないでしょうか。既に家庭を持っている人も居れば、結婚するために収入アップを目指して転職するという人も居るでしょう。

 

この年代での転職は30代以降の仕事を左右する重要なターニングポイントであり、もし失敗すれば大きな痛手を追うことになります。20代後半の転職で成功するために、注意したいポイントを見ていきましょう。

 

焦って転職を決めない

30代への突入を控え、周りが転職に向けて動き出すと焦って「自分も転職しなけば!」と思いがちです。20代後半はたしかに転職に良いタイミングですが、当然ながらしなければならないというわけではありません。

 

転職をするべき明確な理由もないのに、焦って転職しないよう、慎重に考えてくださいね。転職することを視野にいれつつ、今の職場でスキルを磨いて実績を作ってから良い条件での転職を目指すのも良いプランです。

 

「係長になったらキャリア採用で、よりレベルの高い企業の管理職を目指す」などゴールを決めて取り組んでみてらいかがでしょうか。

 

トータルで考えて「良い」と思える企業を選ぶ

業務内容は自分のやりたいことにぴったりだが収入が激減する、年収は高いが残業が多すぎるといった、メリット・デメリットに偏りのある企業があります。

 

メリットだけにスポットを当てて選び、入社後に後悔することが無いよう気を付けてください。求人情報に書いてる内容をうのみにせずに、口コミを調べたり、可能であれば実際に働いている人の意見を聞いてみるようにしましょう。

 

なるべく多くの情報を集め、トータルで判断して「良い」と思える企業を選んでくださいね。

 

労働条件・福利厚生は妥協禁物

労働条件・福利厚生は勤め先を選ぶ重要なポイントですよね。特に、家庭を持っている人・将来家庭を持つつもりがある人は妥協は禁物です。

 

自分ひとりであれば、条件が悪くても好きな仕事で生きていく!ということも大いに良いでしょう。しかし、誰かの人生に責任を持つなら、これから先何十年も家庭を守りながら働ける環境であるかどうかを考えて選ぶ必要があります。

 

福利厚生は制度が存在しているだけでなく、きちんと機能しているかどうかが肝心です。産休・育休等の取得実績に注目しましょう。

 

次のキャリアにつながるか

この企業に転職したい!と思って飛び出す前に、応募する企業での経験が次のキャリアに繋がるかどうかを想像してみましょう。

 

今は終身雇用の時代は終わって、転職することが当たり前になっています。いつかまた転職しようとなった時、より良い転職とするために、次のことを考えて応募先を選んでくださいね。

 

20代後半の転職活動は慎重に

考える

One- stock.adobe.com

 

社会人経験がまったく無かった新卒での就職は、多少の失敗は仕方がありません。しかし、20代後半ではそうはいかなくなってきます。

 

もちろんまだまだやり直しが効く年齢ではありますが、将来を見据えて行動してください。焦る気持ちに負けず、20代後半での転職を成功させましょう!

 

ホテルや旅館を転職先として考えているのであれば、おもてなしHRがおすすめです。宿泊業は経験者が歓迎される傾向にありますが、20代後半という若さなら未経験でも挑戦しやすい業界です。

 

専任スタッフが希望の条件や不安に感じていることをしっかりとヒアリングした上でサポートしますので、ぜひご活用ください。

 

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る