変化するアルバイト採用の課題!柔軟な採用計画で変化に対応しよう

飲食店や小売販売の現場を支えている存在ともいえるアルバイト。人手不足はサービスの質にも影響するものです。アルバイト採用活動では、応募者が集まらないということに苦戦する企業もあるようです。応募者数を集めるカギとなる採用計画。そして、コロナ禍で変化しているアルバイト採用市場について考えてみましょう。

アルバイト採用の課題

iStock/anyaberkut

 

飲食店や小売販売、アパレル販売などでは、特定の時間帯や曜日に人手不足が起こることがあります。そういった限定的な人手不足を救っているのが、アルバイトの存在です。

 

学生や主婦にとっては、空いた時間に働きたいとう希望が叶えられる働き方でもあります。大型イベント開催日だけのアルバイトや、混雑する夜の時間帯に働くアルバイト。正規雇用とは異なり、変則的な働き方になることが多くあります。募集に関しても同様で、新店舗がオープンするから、繁忙期の短期間だけ、突然の退職者が出た、といった理由に合わせて採用活動が始まります。

 

アルバイト求人の中には「急募」といった文言で、すぐにでも働ける人を募集するものも多く目にします。猫の手も借りたいというような状態でしょう。アルバイト採用は、募集に対して人が集まらなければ始まりません。必要な人数が集まらない、募集すらない、という課題はアルバイト採用における課題の代表格でしょう。

 

アルバイトを募集するために、求人サイトや求人誌に広告を出してみたけど、毎月の掲載費がかさむばかりで効果がないとうこともあり得ます。事実、何カ月も同じ内容の求人広告が出続けている……ということは珍しくありません。人手不足を感じたタイミングで募集を出しても、求人の条件にマッチする人材が都合よく集まるかどうかとなると、難しい部分もあるのでしょう。

 

アルバイト採用の課題解決に向けた採用計画

iStock/amphotora

 

アルバイトの採用活動は、短期的なスケジュールの中で進められることが一般的です。急な欠員の補填のために、募集を開始するということもあるものです。

 

正規雇用の採用に比べて1人当たりの採用コストも低く、人材育成にかかる時間も短いのがアルバイトです。業務内容も限定的になるものですし、人材に求める条件も比較的緩やかです。そうはいっても、どんな人が来ても採用するというわけにはいきませんね。

 

選考期間も短く、面接は1度だけということも珍しくはありません。人柄を吟味したり、スキルや実績を比較するなどの余裕がない分、綿密な採用計画のもと採用活動を進める必要があります。適正な採用人数、募集時期や期間、利用する媒体など、募集を進めるにあたり考慮すべき内容は複数あります

 

応募者数を確保するという点で言えば、待遇面の見直しも有効です。求職者にとっては、融通か効くかどうか、時給は高いかというのは重要なポイントです。複数の求人と比較していることを考えると、市場調査も重要です。

 

実際に募集を出す前には、現在の人員配置が適切であるかどうかを見直すことも必要です。さらに、ターゲットに合わせた求人広告媒体を使い分けることも考えましょう。学生からの応募が期待出来そうな業務の求人であれば、インターネットやSNSの活用が有効です。

 

また、近年注目されているリファラル採用を、アルバイトの採用にも取り入れるというのも良いでしょう。従業員から、知人や友人の紹介を受けるというもので、採用コストの削減や定着率アップに効果があると言われています。従来の採用方法に、より戦略的な手段を取り入れることで、課題解決の糸口が見つかるかもしれません。

 

コロナ禍で変化するでアルバイト採用の課題

iStock/PeopleImages

 

新型コロナウィルス感染拡大を受け、私達の生活は大きく変化しました。新しい生活様式が生まれ、働き方も多様化しています。そういった環境の変化は、採用活動にも影響を及ぼしています。新たに浮き彫りになる、アルバイト採用の課題についてご紹介します。

 

面接方法

 

一定の距離を保つことで飛沫を防ぐことが求められる、対面での会話もはばかられるような状況で、これまでの面接方法に不安を覚える人もいるでしょう。リモートワークが推奨される中、オンラインシステムを利用したWEB面接にするという企業も増えています。

 

移動が不要であることに加え、複数人が集うという状況も回避できるため、感染予防としての効果はありますし、移動時間や交通費の削減にも繋がります。場所が限定されないのですから、地方と本社を結んでの面接も可能です。

 

採用費の削減

 

目まぐるしく変化する社会情勢と経済状況。残念ながら、倒産や事業縮小を選択した企業は多くあります。明日どうなるか分からないという現状ですから、コスト削減は急務といえるでしょう。当然、採用にかかるコストもその対象です。

 

求人広告掲載にかかる費用はもちろん、人件費削減ともなれば余裕のある人員確保も困難になるはずです。少ない費用、少ない人材。数々の制限の中でいかに効率よく採用活動を進めるかというのも、コロナ禍の採用活動には重要なテーマといえるでしょう。

 

柔軟な採用計画でアルバイト採用の課題に立ち向かおう!

iStock/west

 

複雑な社会情勢の中、企業活動そのものが流動的になっています。採用活動も例外ではありません。倒産や業績悪化による失業者は増加しており、買い手市場とも言えるアルバイト採用市場。それでも楽観視はできません。

 

飲食店の求人数は減少傾向にある中、デリバリー業界のアルバイト求人は急増しています。新しい生活様式の中、求められる業態や働き方にも変化が起こっているのです。市場は今後も変化し続けることが予想されます。目の前にある課題への対応とともに、柔軟な姿勢でこの状況を乗り越えることも考えなければなりませんね。

 

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

ページ上部へ戻る