採用をお考えの法人様へ 無料 転職サポートに申し込む

募集要項の書き方とは?採用活動の第一歩は求職者に刺さる募集要項の書き方が重要!

求人票に記載されている募集要項は、企業と求職者の相性をしるための大切なポイントです。充実した採用活動にするためには、書き方に工夫が必要な場合があります。 求職者の目に留まり、働きたいと思ってもらえるような募集要項を用意して、優秀な人材の確保につなげましょう。

求人票の募集要項とは?

iStock/PK-Photos

 

求人票に記載されている募集要項の中には、企業がどのような人材を求めているのか、どんな条件で働くことができるのか、求職者にとって非常に重要な情報が記載されています。

 

求職者はその内容によって企業に関心を持ち、応募の意思を決定します。募集要項は、企業と求職者の税所の接点になるものです。

 

働きたいと思ってもらえるかどうかは、募集要項の記載内容で大きく変わります。働き方が分かることで、求職者は就職後の生活を想像することができます。

 

単なる条件の提示ではなく、企業の魅力や求職者への期待も伝わる内容を意識すると良いかもしれません。

 

求人票の募集要項の主な内容と書き方

iStock/fizkes1

 

企業が採用活動を行う場合、求人募集を出すときのルールがあります。職業安定法5条によって定められており、募集要項に記載する内容は細かく分類され、記載してはいけない表現も決められています。

 

求人票の募集要項とは?

 

求人票に記載されている募集要項は、媒体よって多少変化することもありますが、基本的な内容は同じです。

 

  • ・職種
  • ・業務内容
  • ・応募資格
  • ・給与・賞与
  • ・諸手当
  • ・福利厚生
  • ・勤務地
  • ・勤務時間

 

企業がどんな人材を求めているのか、どんな働き方をして欲しいのかを記載する場所で、より良い人材を獲得するためには非常に重要です。求職者は、募集要項の内容と求職者自身の希望を比較します。双方の希望がマッチすることが、採用活動・求職活動の第一歩です。

 

募集要項の書き方で採用活動に違いがでる

 

募集要項は求職者が必ず見る場所です。ここの内容が分かりづらければ、応募したいと思う気持ちはそがれてしまうでしょう。文面から魅力を感じることがなければ企業に興味を持つこともできませんし、働いてみたいという意欲も湧きません。

 

同一の内容であっても、書き方の良し悪しで求職者に与える印象は変化します。求職者にとって良い環境であるのにも関わらず、募集要項の記載内容が悪いことで正しく伝わらないということもあり得ます。企業にとっても求職者にとっても、非常にもったいないことです。

 

良い印象を与えるために、過度な表現をする必要はありませんは、正確に丁寧に求職者にとって有益であることを意識しましょう。

宿泊業に特化した人材紹介サービス|おもてなしHR

良い募集要項の書き方・悪い募集要項の書き方

iStock/alexsl

 

募集要項の良い書き方と悪い書き方、これは正しく伝わる書き方かそうでないかという意味です。

 

  • ・「未経験OK!」→「ホテル業界未経験OK!接客の経験や語学のスキルが活かせます」

 

より多くの募集を狙い「未経験OK」と記載されていることがありますが、新卒者でない限り、全く何も経験のない、正真正銘の未経験者を募集している企業は少ないでしょう。

 

何が未経験で良いのか、最低限どのようなスキルを持っていると良いのか、正しく記載しましょう。

 

具体的な表現にすることで、企業と求職者の接点が見つけやすくなります。

 

求人が集まる募集要項の書き方

iStock/eopleImages

 

募集要項の書き方の基本は、正しく分かりやすく書くことです。より有意義な採用活動につなげるためには、どういった点に注意すると良いのでしょうか。

 

募集要項の穴埋めでは伝わらない

 

募集要項に記載が必要な項目は多岐に渡ります。記載する内容も細かなものが多く、箇条書きの羅列で穴埋めのようになっている求人票をみることがあります。

複数の求人サイトや求人紙に募集要項を掲載する場合は、共通して使用することを意識するあまり、大まかな内容だけが記載され、項目が網羅されただけの状態になっているものもあります。

 

また、過去に掲載した内容をそのまま使用してしまうこともあるようですが、多様化する働き方や生活様式にマッチしない求人となってしまい、求職者の興味を引く可能性は低くなってしまいます。

 

また、求人サイトや求人紙に募集要項を掲載する場合、共通の内容を掲載することを意識して、単なる条件の羅列になってしまうことがあります。中には、詳細はお問い合わせください。というような、求職者任せのものもあるようです。これでは、優秀な人材を逃しかねません。

 

募集要項は、採用活動のファーストステップであることを意識しておきましょう。

 

仕事内容や福利厚生の書き方を工夫する

 

仕事内容や福利厚生は、就職後の働き方や生活が想像できる箇所になりますので、多くの求職者が注目しています。

 

特に仕事内容は、正確に記載するべきです。実際に働いてみたら記載されていた内容と違ったということや、面接に言ったら違う仕事の話をされたなどという話もあるようです。企業のイメージを損ないかねませんので、正しく分かりやすい記載を心がける必要があります。

 

福利厚生も同様です。福利厚生の充実は、求職者にとって魅力的なものです。手当や休暇のような、求職者にとってメリットのある情報は働く意欲につながります。企業によっては、特徴のある福利厚生が用意されていることもあります。福利厚生の内容は、企業に興味をもつきっかけにもなりますので、アピールになるものは必ず記載しましょう。

 

求職者の目に留まる募集要項の書き方で優秀なホテルマンを採用しよう!

iStock/cyther5

 

求職者は、勤務地や賃金、職場環境や働き方に明確なイメージを持っていることが多くあります。自分の希望にマッチした求人でなければ、応募の意思は固まりません。

 

企業がどんな人材を求めているのかを正しく記載することで、欲しい人材を確実に採用につなげることができます。採用活動には、コストも手間もかかります。

 

求職者に響く募集要項で、より有意義で効率的な採用活動を実現させましょう。

 

おもてなしHRは、宿泊業に特化した採用支援サービスです。業界に詳しい専任の担当者が、希望や条件にマッチした求職者を紹介することができるため、より確実な採用活動を実現することが可能です。募集要項の書き方についても細かくサポートさせていただきます。是非お気軽にご相談ください

 

ページ上部へ戻る

関連記事