日本百名山の間にある温泉地。増富温泉の魅力とホテル・旅館での働き方を紹介。

増富温泉は山梨県の北杜市にある温泉地。秩父多摩甲斐国公立公園内に存在しており、日本百名山の瑞牆山と金峰三も公園内に含まれています。本谷川・釜瀬川による浸食で削られた渓谷にあるため、四季折々の自然をゆっくりと堪能できる場所だといえるでしょう。 また、増富温泉のある北杜市は、年間400万人以上の人々が訪れる街。では、増富温泉の歴史や概要、観光の魅力とホテル・旅館での働き方について焦点をあてていきましょう。

増富温泉とは

温泉施設

naoko- stock.adobe.com

 

増富温泉は、北杜市の国立公園内にある温泉街の総称。山間部に存在するだけでなく、日本有数の景観を誇る山や川といった多くの観光資源を持つ場所でもあります。加えて、武田信玄や文学者である高浜虚子などにもゆかりがある温泉地です。

 

増富温泉の概要やアクセス、歴史などについて詳しく見ていきましょう。

 

増富温泉の概要とアクセス

増富温泉は、山梨県北杜市にある温泉郷。施設数は多くないものの、ラジウムの含有量が非常に多いことから、近代になると多くの人々がその効能を求めて訪れるようになりました。また、現在はいやしの里と銘打った営業を行っており、日帰り入浴も含め幅広い人々を受け入れている状態です。紅葉や渓谷など景観に優れていることから、散策を気軽に楽しめる温泉地といえるでしょう。

 

増富温泉へのアクセスは、近くのICからであれば30分程度。

 

増富温泉の歴史と現状

増富温泉は、歴史に焦点をあててみると、約400年前に金鉱山の開発に勤しんでいた武田信玄が発見し、温泉地として利用されるようになったという記録があります。その後、武田信玄の隠し湯と呼ばれ、多くの人々が増富温泉を利用するになりました。

 

また、増富温泉は近代になってラジウムの含有量が世界的にトップクラスだという研究結果が広まり、今では年間で15万人以上の人が訪れる場所となっています。建物はレトロな空気を感じるものから、比較的新しいものまで分かれるため、温泉施設を眺めるだけでも歴史を感じられるでしょう。

 

増富温泉の泉質と温泉街・観光資源について

yum- stock.adobe.com

 

ここでは、増富温泉の泉質や周辺の観光地についてみていきます。

 

増富温泉の湯量と泉質について

温泉施設に利用している源泉数は10。湯量は、施設によって非常にバラつきがあります。源泉の温度は17℃~35℃ほどのものが多いため、施設によっては長く浸かることを推奨している状態です。主な泉質は放射能(ラジウム)泉で、痛風、慢性皮膚病や筋肉のこわばりなどに効果的です。

 

参照:増冨の湯

 

増富温泉の温泉街や周辺観光地について

増富温泉の温泉街は、川沿いにある複数の温泉施設によって形成されています。周辺の観光スポットを見てみると、樹齢600年の杉、湖、紅葉のきれいな渓谷、自然公園などがあるため、温泉以外の観光も楽しめるでしょう。

 

北杜市内の観光地を見てみると、予約で埋まる有名なお菓子会社の工場、体規模なプール施設、リゾートアウトレット、フラワーセンターなど家族全員で楽しめる場所も多くあります。

 

増富温泉にあるホテルや旅館での働き方と暮らし

buritora- stock.adobe.com

 

増富温泉のホテルや旅館での働き方や暮らしについて焦点をあてていきましょう。

 

増冨温泉の旅館やホテルで働く

増富温泉には、旅館・ホテルどちらの施設もあります。求人の内容を見てみると、フロントスタッフ、レストランのホール、施設管理スタッフ、旅館業務全般などの募集が多い状況です。

 

フロントスタッフは、チェックインやチェックアウト、予約の管理などを行う業務です。旅館業務全般などと比較した場合、携わる業務の範囲は狭くなりやすいものの、キャリアプランを構築しやすい業種でもあります。そのため、未経験者であっても挑戦しやすい業務内容のものが多いといえるでしょう。

 

施設管理スタッフは、ホテルや旅館の仕事の中でも技術的な要素の強い職種です。例えば、ボイラーや温泉を管理するための機器などを取り扱います。未経験者でも挑戦できるものの、接客業務よりも相性がでやすい業務内容です。

 

増富温泉の暮らし

増富温泉は山梨県の北杜市にあります。北杜市の人口は約47000人、山梨県では最北端の自治体です。農業とサービス業が基幹産業となっており、そばやダイコン、リンゴなどが市の特産品となっています。

 

北杜市の暮らしやすさを見てみると、夏は比較的涼しく、気温によってはエアコンが必要ない場合も少なくありません。住む場所によっては、コンビニやスーパーなどの位置が偏っているため、車がなければ移動が厳しいところも。

 

街づくりに対して、北杜市は「北杜市らしさを守り、育て、未来につなげる、美しい環境のまち」を将来像として掲げています。

 

移住の施策について見てみると、お試し移住は無料で最大7泊8日、新築住宅の建設者に対しては最大で150万円の補助などの支援を行っている状態です。子育ての施策に関しては、中学生までを対象とした医療費の無料化、第2子以降の保育料の無料化など自治体としても移住者を強くサポートしているといえるでしょう。

 

世界トップクラスのラジウム含有量の増富温泉

ohayou- stock.adobe.com

 

増富温泉は、北杜市の山間部にある温泉地。景観に優れ、四季折々の自然の変化を堪能できる場所です。

 

また、北杜市は夏でも比較的涼しい街です。住みやすい気候と自治体からのサポートによって移住者でも住みにくいと感じることはないといえます。求人に関しては、未経験から挑戦できるものも多いため、増富温泉で理想のキャリアプランを構築することも可能でしょう。

 

 

山梨県の旅館・ホテルのお仕事探しはこちらから

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る