人材紹介をご希望の企業様
お電話での相談はこちら
0120-990-535
受付時間 10:00〜20:00 (平日)
職種紹介

総合職・事務職の仕事内容とは?やりがい、必要な資格・スキル、キャリアステップについて

ホテルの総合職として採用されると、経理などの事務やマネジメント、宿泊プランの企画や営業など、ホテル運営においてさまざまな業務を担当することになります。ホテル経営の基本から学ぶことができる仕事ですが、未経験でも働くことができ、将来的にはホテル運営の中枢を担うことも視野に入れることができる職種です。

仕事内容

iStock.com/SARINYAPINNGAM

 

ホテルの総合職として採用されると、事務や企画、営業など、ホテルの運営や経営の中枢を支える仕事に携わることになります。総合職の主な仕事内容は次の4つに分けられます。

 

事務

ホテルでの事務は、庶務、労務、経営などホテル経営の根幹にかかる部分での業務を担当します。書類作成やデータ入力、備品管理、電話応対などの他、業務内容は多岐にわたります。労務管理の業務では、スタッフの給与計算や社会保険手続きなど、法律や会社規定に基づいた手続きを行い、スタッフが安心して働くことができる環境を整えます。 ホテル内スタッフが働きやすく、接客の現場がスムーズに回るように、下支えをする仕事と言えるでしょう。

 

企画・経営戦略

配属された部門で、業務内容に合う企画や経営戦略をたてることを任されるようになります。例えばブライダル部門に配属された場合、ホテルで開催するブライダルフェアやディナーショーなど、販促のためのイベントや宿泊プランの企画などを担当する場合もあります。企画や経営戦略を立てる際に根拠となるデータを集めるため、マーケティングリサーチも必要となるでしょう。お客様にどのようにホテルの魅力を発信していくのか戦略を立てて、実現へ向けて計画を推進していく実行力も求められる仕事です。

 

営業

ホテルでは、法人向けやカスタマー向けセールスなど、営業も重要な仕事の一つと考えられます。外部の方と接する機会も多く、ホテルの顔としてふさわしい立ち居振る舞いや、コミュニケーション能力も欠かせません。海外向けのセールスでは、ビジネスレベルでの語学力やその国の文化についての知識も必要とされます。

 

人事

ホテルの総合職で採用されると、人事を担当することもあります。人事の部門では、採用やリソースの配置、人材開発などの業務などが行われます。ホテルの各部門でどのような人材を必要としているのかを把握し、配属先の決定や研修、面談を実施します。長期的な目線でキャリアイメージが描けるような環境を整えることで、活力のある組織を作っていくことができるでしょう。

 

このように、ホテルの総合職として採用された場合はさまざまな業務を通して、ホテル運営や経営の根幹となる部分を支える仕事です。大規模なホテルでは総合職をさまざまな部署に配置し、数年ごとに業務をローテーションすることで、広い視野で現場を牽引できるような人材を育成するよう体制をとっている場合もあります。将来的にはホテル経営を担える人材として、新しい価値を生み出していく重要なポジションについていくことが求められます。

 

やりがい・面白さ

iStock.com/franckreporter

ホテル経営について学ぶ面白さ

仕事を通してさまざまな業務に携わることができるため、ホテルの運営全体の動きを把握することができます。希望次第ではフロントやレストランなどのサービスの現場や、営業、企画、人事など、ホテルでのすべての部門で経験を積める機会も与えてもらえるでしょう。さまざまな部門での経験を活かし、売り上げを伸ばすためのイベント企画やコスト削減の工夫、効率化のためのオペレーションの改善などチャレンジを繰り返しながら、ホテルマンとしてのスキルも身に付けていけます。総合職を対象に行われる研修などを通して、ホテル経営について学び、実践することができます。

 

ホテルのブランドを守っていく誇り

総合職として採用された場合、経験を積んだのち、ホテル経営の中枢で重要な役割を担うことを期待されます。そのため、総合職として働く場合は、ホテルのブランドを自分の手で守っていくというプライドを持って仕事に挑むことが大切になります。ホテルの評価があがったことが経営的な数字で反映されたときは、ホテルを中心で支えているという強い誇りを感じることができるでしょう。ホテルの格式にふさわしいクオリティのサービスがお客様に提供できるよう、内部からサポートしていくことができます。

 

難しさ・大変さ

iStock.com/TakakoWatanabe

幅広い対応力が求められる

総合職は、企画や営業、マネジメントなど多面的な仕事を担うために、幅広い対応力が求められます。時には知識や経験の少ない現場に配置されたり、希望しない部署に配属されることもあるかもしれません。どのような経験も無駄ではなく、今後のキャリアの糧になると信じ、しっかり向き合うことが大切です。経験のない分野でも積極的にチャレンジしていく姿勢も求められます。

 

ホテル経営の基盤に携わる責任

ホテルに総合職として採用された場合、経理や営業、人事などホテル経営の基盤に携わる責任の重い仕事を担う可能性もあります。トップの意思決定に影響する資料や企画などにかかわることもあり、プレッシャーを感じる場面もあるかもしれません。お客様と直接やりとりをするサービススタッフを内側から支えているという気持ちを持てば、前向きに取り組むことができるでしょう。

 

必要な資格・スキル

iStock.com/Hispanolistic

総合職として働くために、必須の資格はありません。ただし、最終学歴によっては応募できる総合職の内容が限られる場合もあります。総合職として必要なスキルは次のようなものです。

 

・ホテル経営に携わることへの意欲

・チャレンジ精神

・課題に気付く視点

 

総合職では、ホテル経営の土台を支える一員としての意欲や、新しいことにも積極的にチャレンジする柔軟な姿勢も求められます。現場や管理体制の課題に気づく鋭い視点も必要でしょう。

 

身につくこと・キャリアステップ

iStock.com/Tzido

 

総合職は、ホテルの運営や経営に携わる重要な仕事です。総合職を通して、次のようなスキルが身に付きます。

 

・ホテル経営の知識や能力

・マネジメント能力

・多面的なビジネス感覚

 

多面的な業務を通して、ホテル経営の知識や経営スキル、さまざまなビジネスのノウハウが身に付きます。人事やオペレーションを管理していく業務では、マネジメント能力が養われるでしょう。総合職としてさまざまな業務を経験した後は、よりグレードの高いホテルへの転職や、新しいホテルの立ち上げに関わることも考えられます。総合職で身に付けた経営的な能力や事務スキルは、宿泊業以外でもさまざまな分野で活かすことができるでしょう。

 

 

ページ上部へ戻る