旅館支配人の仕事内容とは?やりがい、必要な資格・スキル、キャリアステップについて

旅館の支配人は、業務や人事のマネジメントをして売り上げを伸ばしていく、宿全体を統括するポジションです。業績を上げる戦略や人材の育成など旅館の運営において重要な 存在で、旅館ならではの経営視点も求められる難易度の高い職種ですが、経験を通して判断力や経営力を身に付けていくこともできる仕事です。

仕事内容

iStock.com/utah778

 

旅館の支配人は、現場の最高責任者としてさまざまな業務をこなします。旅館の支配人の仕事は、主に次の三つに分けられます。

 

オペレーションの統括

日々の運営をしていくため、フロント、客室、宴会などあらゆる部門のオペレーションを統括し、運営を管理することは支配人の重要な仕事です。お客様のお迎えから見送りまで、最高のおもてなしをしてお客様に楽しんでいただくことができるように、人事管理やシフト調整などの労務管理、施設管理の面からもサポートしていくことが大切です。

 

スタッフの管理

旅館スタッフの人材育成やマネジメントも支配人の仕事です。特にマネージャー、チーフなど管理職のスタッフと密なコミュニケーションをとり、必要な場合は部下の指導をして事態を改善していきます。ときに現場スタッフのお手本として、自ら率先してお客様を接客することもあります。また、適性などを見極めて最適な配役や人材採用を行うことも重要です。

 

経営戦略の考案

経営視点をもって、業績を上げるための戦略を立てることも支配人の仕事です。営業企画やコストの見直し、人材の配置や効率を上げる仕組み作りなど、旅館の売り上げをあげるためにさまざまな創意工夫が必要です。それまでのやり方を一新する大胆な改革を提案する場合や、その旅館ならではの長所をアピールして伸ばしていくなど、状況に合わせた戦略を立てることが重要です。旅館の経営を左右する責任の大きな仕事のため、的確な判断力やリスクマネジメント、知識や経験も求められる仕事です。

 

このように旅館の支配人は、業務の統括やスタッフの教育などを行って旅館を運営していく責任の大きな職種です。旅館の売り上げやスタッフのモチベーション、お客様の満足にも大きく関わる重要な役割を担います。

 

やりがい・面白さ

iStock.com/stockstudioX

組織を改革して業績を上げることでのやりがい

自分の考えた戦略を実行し、客室稼働率や客単価が以前より上がるなど、業績を伸ばすことができるのは支配人ならではの面白さです。結果が目に見える数値で出るため分かりやすく、自分の采配が的確だったのかどうか分析して経験として活かすことができます。貴重な経験を積み重ねて、旅館のトップとして成長することもできる裁量の大きな職種です。

 

旅館の顔としてセールスする面白さ

支配人は著名人やVIPなどのお客様が旅館に訪れたときには、直接対応する場合もあります。お知り合いになったお客様からは、お土産の品物の相談を受けたりおすすめの観光地を聞かれたりなど、旅館の支配人という仕事の枠を超えて頼っていただくこともあります。さまざまなお客様とのコミュニケーションを通して、人脈を広げていくことができるのは、支配人ならではの仕事の面白さとも言えます。

 

難しさ・大変さ

iStock.com/stockstudioX

旅館を背負う責任の大きさ

支配人は、旅館の経営を背負う非常に責任の重い仕事です。お客様の満足度を上げることはもちろん、集客して収益をあげていく使命を負っています。現場のトップの立場として、悩む場面もあるかもしれません。宿泊業のチェーン会社などでは、経験豊富なエリアマネージャーが教育係として支配人をバックアップし、協力して旅館を運営していく体制を取っている場合もあるようです。

 

スタッフ一人ひとりとの意思疎通

業務改善のための改革として、既存のやり方やシステムを変える場合、新しい方針をスタッフ一人ひとりに理解してもらい定着させることが重要です。スタッフの心の機微も理解して受け止め、チームとしての最大化を図ることが、旅館を運営していく上で重要なポイントとなるでしょう。

 

必要な資格・スキル

iStock.com/taa22

 

旅館の支配人として働くために特別な資格は必要ありません。ただし、旅館を運営していく責任者として、次のようなスキルや経験が求められます。

 

・旅館での勤務経験

・管理職の経験

・コミュニケーション能力

・問題を見つけて改善していく力

・語学力

・料理や地域の歴史などの知識

 

旅館をスムーズに運営するために、旅館業や管理職の経験があると有利でしょう。また、スタッフや関係者と的確なやり取りをするためのコミュニケーション能力も欠かせません。現場の責任者として、運営の問題点に気づく鋭い視点や、創意工夫して改善していく思考力も求められます。戦略を立てる上で、その土地の歴史や文化財、料理などについての知識があると役立つでしょう。

 

身につくこと・キャリアステップ

iStock.com/stockstudioX

 

支配人は、旅館を運営する責任者です。支配人としての仕事では次のようなスキルが身に付きます。

 

・高度なマネジメント能力

・経営力

・的確な決断力

・幅広い対応力

 

旅館全体の問題解決やトラブルの改善などにあたることで、幅広い対応力や決断力が身に付きます。旅館の支配人として経験を積んだ後は、エリアマネージャーやスーパーバイザーの他に、営業企画といった本部勤務も新たなチャレンジとして考えられるでしょう。また旅館業のコンサルタントなど、経営力や問題解決の能力を活かしてさまざまな分野で活躍することもできます。

 

 

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る