採用ご担当者様へ 無料 転職サポートに申し込む

ホテルを辞めて転職と決めたらどんな仕事をする?ホテルの経験を活かせる転職先を解説

ホテル業界での仕事は、大きな喜びややりがいがある一方で、決して楽ではありません。離職者も多い業界で、まさに今、転職を考えている人も居ることでしょう。ホテル業界からの転職では、どんな仕事が適しているのかを解説します。

今のホテルを辞めて何の仕事に転職する?

仕事選び

takasu – stock.adobe.com

 

パリッとした制服に洗練された空間、物腰柔らかな接客。ホテルにはこのような華やかなイメージがありますよね。憧れを抱いてホテルに就職する人は大勢居ますが、辞める人も多いのがこの業界の特徴です。

 

離職率の高さはあらゆる業界の中でナンバーワンを何年間も独走し、人の入れ替わりが日常になっているホテルも少なくありません。ホテル業界の離職率が高い原因や、辞めた後はどんな仕事への転職が有利になるのかについて見ていきましょう。

ホテルを辞める・転職する理由とは

栄養ドリンクの空き瓶

kariphoto – stock.adobe.com

 

ホテル業界での離職率は30%にも上ると言われています。なぜこのほど大勢の人が辞めてしまうのでしょうか。原因を探っていきましょう。

体力が持たない

ホテルマンは体が資本です。荷物運びや客室清掃、調理など体を使う仕事が多い上に夜勤を含む不規則なシフトなので、長く続けるには相当な体力を付ける必要があります。

 

また、年間休日数が少なく連休も取りにくいため、溜まった疲れがなかなか解消されません。ホテルの仕事は好きでも、30代くらいで体力的な限界を感じて転職を考える人が多く居ます。

接客が辛い

究極のサービス業と呼ばれるホテルでは、他のサービス業よりもレベルの高い接客が求められます。

 

お客様の要望に「NO」と言わないのがホテルマンとされているため、お客様の理不尽な要望や、こちらに非が無いクレームにも丁寧に対応し続けなければなりません。

 

また、酔っぱらったお客様に失礼なことをされたり、言われたりするのも日常茶飯事でしょう。ハードな接客に嫌気が指して辞める人も大勢居ます。

給与が少ない

仕事量の多さ、求められる質の高さに比べて給与が安いという点も、離職率を上げる大きな原因のひとつです。

 

ホテルマンの平均年収は320万円ほどです。役職の無いホテルマンだけで見れば250万円ほどで、毎月の手取りは17万円前後が一般的なところでしょう。深夜割増や各種手当を含めてこの額なので、もっと少ない場合もあります。

 

ラグジュアリーホテルの管理職ともなれば話は別ですが、決して高給とは言えない仕事なのです。

人間関係の悩み

人間関係に悩んで転職する人が多いのも、ホテル業界の特徴です。ホテルの仕事は、さまざまなセクションのメンバーが連携しないと回りません。

 

しかしながら、常にお客様と接する緊張感や疲れ、仕事の多さなどで従業員はピリピリしがちでちょっとしたことで人間関係に亀裂が入りやすいのです。

 

毎日長時間、顔を合わせて働くメンバーとの関係がこじれていると、仕事が非常に辛いものになりますよね。心地よく働けない職場に、人は定着しません。

 

ホテル業での人間関係で悩んでいる人は、以下の記事も参考にしてください。

 

ホテルの人間関係で悩んだ時の対処方法

ホテル業界内での転職を考えてみる

事務仕事

UTS – stock.adobe.com

 

さまざまな理由で転職を考えている時、ホテルの仕事自体は好きだと思うのであれば、ホテル業界内での転職を検討してみましょう。

 

今、どんな所に困っているのかを洗い出し、培ったキャリアを活かして希望に合う働き方ができるホテルを探すのです。例えば、以下のような転職はいかがでしょうか。

もっと条件の良いホテルへ転職

ホテル業界は全般的に仕事がきついと思われがちですが、必ずしもそうとは言い切れません。従業員の働きやすさを真剣に考えているホテルも存在します。

 

また、最近は働き方改革が進められているので、これまでの重労働を見直すホテルも続々と登場しています。

 

今よりも給料が良くなる、夜勤は月に何日までと決められている、連休の制度や定休日を設けてているなど、働く負担が軽くなるホテルを探して転職しましょう。

ホテルの裏方の仕事を探す

接客に辛さを感じて辞めたいと考えている方は、ホテルの裏方という選択肢があります。

 

調理や事務、備品の管理や建物のメンテナンスなど接客以外の部分でホテルに携わる仕事は多数あるのです。

 

こうした仕事でも、接客の現場に居た経験は大いに活かすことができます。お客様目線で考えることが身についているため、細やかなことによく気が付く、縁の下の力持ちになれるはずです。

 

また、裏方の仕事はある程度、勤務時間が規則的なことが多いので、普通の時間に働きたいという希望も叶うのではないでしょうか。ホテルによってはわざわざ辞めなくとも、部署異動の希望を出せば聞き入れて貰える可能性があります。

キャリアアップ転職を目指す

現状、手取りの少なさに困っている人や勤務先ホテルでの出世に希望が持てない人は、キャリアアップ転職を目指して活動をすることがおすすめです。

 

ホテル関連の求人情報をこまめにチェックしていると、マネージャーなどの管理職の募集が結構よく出ています。

 

こうした責任のあるポジションの求人は、ホテル業務の経験何年以上といった、条件付きのものがほとんどです。自分のキャリアで勝負できる!と思ったらぜひ、挑戦してみてはいかがでしょうか。

ホテルを辞めて他業種へ転職先する

高級時計店

sutsaiy- stock.adobe.com

 

他業種への転職でも、ホテルで培った経験は大いに活かすことができます。ホテル経験者に向いている他の業界をいくつか紹介しますので、転職先を検討する際の参考にしてください。

飲食業

ホテルは辞めたいけれど、サービスや接客の仕事は好きという方は、飲食業への転職はいかがでしょうか。勤務先によっては夜間の労働はありますが、ホテルと違って一晩中働くわけではないので、負担は軽くなります。

 

また、ホテルで培った品格のある接客応対を活かして高級レストランで働くという選択肢もあります。

高級ブランドや高級カーディーラーの販売員

ホテルで働いた経験のある人なら、美しい立ち居振る舞いや一流のマナーが身についているはずです。高級レストランの仕事同様にこのスキルを活かし、世界的なブランドや高級車のディーラーでの販売員へ転職するのも良いですね。

 

ホテルの仕事で様々なお客様への対応に慣れているので、高級店にいらっしゃる富裕層へのお客様物怖じせずにできることでしょう。

コールセンター

ホテルの仕事でクレーム対応はお手のもの!という方は、コールセンターの仕事も向いています。コールセンター業務はクレーム対応がきつい、とよく耳にしますが、対面ではないのが良いところです。

 

電話越しの接客ならではの苦労はもちろんありますが、数々のクレームをこなしてきた元ホテルマンであれば問題なくこなせるはずです。

 

オペレーターからリーダーへ、リーダーからSVへと、ステップアップしやすいメリットもあります。ホテルで磨いた対話術を活かしてチャレンジしてみましょう。

旅行代理店

旅行代理店への転職も、ホテル業界経験者におすすめの転職先です。お客様に旅行商品を提供するにしても、新たな商品を作成するにしても、ホテル業界の内情を詳しく知っていることは大きな強みになるでしょう。ホテルマンは観光スポットにも精通していますよね。

 

ホテル、観光についての知識の厚みと接客スキルで大活躍できる業種かもしれません。

イベント会社

ホテル業界でバンケットやウェディングを担当していた人にはイベント会社での企画・運営の仕事も良いのではないでしょうか。

 

数多くのパーティーや宴会に携わって来た人なら、お客様が喜ぶ演出・快適な会場づくりや集客など、経験を活かせる場面が多々あります。

IT関係

IT関連企業は技術や経験がある人の転職先というイメージが強いかもしれません。しかし、意外なことに未経験でも応募は可能としている企業が多いのです。

 

今、ホテルのIT化がすごいスピードで進められています。ホテルの仕事の中で顧客管理システムや予約システムを使ったことがあるのではないかと思います。

 

そのようなシステムを開発する企業に転職し、現場の経験を活かしてシステム開発に携わってみてはいかがでしょうか。

ホテルを辞めて転職しても役立つスキルを磨こう

金の卵

beeboys- stock.adobe.com

 

ホテルの仕事を通して身に着けられるスキルは、どんな業種に転職しても役に立つことばかりです。その中でも「自分はこれが得意!」と思えるスキルがあれば、そこを活かして働ける仕事を探すことが、転職を成功させるコツです。

 

今現は転職を考えていない人も、常にスキルを磨く気持ちで働きましょう。

有名宿泊施設で働きませんか?

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る

関連記事