ホテルチェーンへの転職で知っておくべき基礎知識:特徴や魅力は?

2020年の東京オリンピック開催を背景にして、ホテル業界が活発化しています。ホテルには大きく分けて「独立系」と「ホテルチェーン」があり、それぞれに特徴や魅力があります。当記事では、ホテルチェーンの種類や特徴、働くうえでの魅力、メリットなどについてご紹介。全国に展開するホテルチェーンだからこそ、あなたの強みを生かせる働き方、転職先がきっと見つかるはずですよ。

ホテルチェーンの種類と特徴

林立するホテル

iStock/MasaoTaira

 

ホテルチェーンとひと口にいっても、いろいろな種類があります。それぞれの特徴と合わせて説明しましょう。

 

日系ホテル

1970年代のいわゆるバブルの頃、「御三家」と呼ばれる日系ホテルが登場しました。歴史のあるこれら日系ホテルは多くの著名人も利用するなど、古くから日本人に愛されてきました。

 

日系ホテルの特徴は、日本ならではのきめ細やかなサービス、おもてなし精神にあります。直営方式で運営を行うホテルが多いため、その分細かいところにまで目を配ることができるのです。日本人スタッフが多く勤務しているため、日本人にとっては利用しやすく、落ち着いて働きやすい環境とも言えるでしょう。

 

また、ホテル内に日本庭園を持つなど“和”を感じさせる設備が整っているホテルも多く、日本人にとっては安らぎを、逆に外国人にとっては新鮮さを提供する空間となっています。

 

外資系ホテル

1990年代以降、外資系ホテルが多数日本に進出し「新・御三家」と呼ばれるホテルも登場しました。日系ホテルとは違い、ホテルの所有者と経営者、運営者が分かれているケースが多いのが特徴です。

 

日本に進出している外資系ホテルはハイグレードホテルが多く、高級感や高いホスピタリティを体感できます。また日系ホテルと比較すると外国人スタッフが多く勤務しているため、グローバルな雰囲気を味わうこともできるでしょう。

 

ビジネスホテル

ビジネスシーンはもちろん、観光目的でもよく利用されるビジネスホテル。訪日外国人観光客の急増により、都心部だけでなく地方都市でも建設ラッシュが続いています。

 

みずほ総合研究所によるリポート「ホテル市場の変調の兆しをどうみるか」によると、2012年から2017年にかけて最も客室数が増加したホテルがビジネスホテルでした。

 

出典:みずほリポート「ホテル市場の変調の兆しをどうみるか」

 

近年では健康志向の食事や快眠のための設備など、独自のサービスに力を入れるホテルが増えてきており、サービスレベルが向上しているのも特徴です。

 

ホテルチェーンで働く魅力、メリットは

笑顔で談笑するビジネスマン

iStock/metamorworks

 

ここでは、ホテルチェーンで働く魅力やメリットを紹介します。

 

転勤・異動によるキャリアアップのチャンスあり

規模によっては、国内外にいくつも店舗を持っているホテルチェーンもあります。すると、転勤や異動の可能性がありますね。

 

転勤や異動のタイミングで昇進などキャリアアップを狙うこともできますし、いろいろな場所で複数の業務を経験することは自身のスキルアップにもつながります。

 

海外勤務のチャンスあり

外資系ホテルは海外にもホテルを持っているため、海外勤務のチャンスもあります。たとえば海外のホテルで欠員が出た場合、日本国内のスタッフ内で募集をかけるといったケースもあるでしょう。そうしたチャンスをつかむためにも、語学力などを日頃から磨いておきたいですね。

 

ホテルチェーンは建設ラッシュ!転職が成功しやすい

ビジネスホテルを筆頭に、ホテル業界は建設ラッシュを迎えています。新しいホテルが開業すれば、そこで働く人が必要ですよね。宿泊業界は離職率が高く、万年人材不足と言われています。求職者の売り手市場の傾向が強い今、転職が成功しやすいチャンスタイムと言えるかもしれません。

 

外資系ホテルは能力が待遇に反映しやすい

外資系ホテルは成果主義を取り入れているところが多く、能力が高ければ年齢にかかわらず、キャリアアップや年収アップが狙える環境にあります。バリバリ働いて稼ぎたい、スキルを身につけたいと考える人にはぴったりの職場です。

 

ホテルチェーンで働くデメリットはある?

歩き去る男性の背中

iStock/_allensima

 

ここまでメリットを挙げてきましたが、ホテルチェーンで働くにあたってデメリットもあります。

 

転勤の可能性がある

メリットの項目では、キャリアアップを狙うチャンスとして挙げた転職ですが「ずっと同じ場所で働きたい」と希望する人にとって、転勤の可能性はマイナスポイントになるでしょう。

 

同じ職場で腰を落ち着けて働きたい場合は、ホテルチェーンよりも独立系ホテルがおすすめです。

 

年収ダウンや解雇の可能性がある

成果次第で年収アップを狙える外資系ホテルですが、ホテルのレベルに満たないと判断された場合は逆に給与カット、最悪の場合解雇もあり得る厳しい世界です。

 

一方日系ホテルの場合、年功序列など昔ながらの日本的なシステムで運営されていることが多いです。自身のパフォーマンス、強みがより発揮できるのはどちらか、考えてキャリアパスを選びましょう。

 

可能性の広がるホテルチェーンで、新しい職場を探してみませんか

笑顔で出迎えるホテルマンの女性二人

iStock/nattrass

 

あなたの強みを生かせるホテル、働き方はどんなものだと思いますか?転職を志す人なら、きっと一度は考えたことがあるでしょう。ホテルチェーンにはいろいろな種類があり、それぞれ特徴や働き方が異なります。だからきっと、あなたにぴったりのホテルも見つかるはずです。

 

ホテルの新規開業が相次いでいる今なら、転職の成功率も高まります。転職を迷っているなら、一歩踏み出してみてはいかがでしょうか。

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る