ホテル・温泉宿が宿泊券を発行するときに参考にしたいアイデアをご紹介!

新型コロナウイルスの影響によって、宿泊業界でも厳しい経営状態が続いているホテル・温泉宿がほとんどです。起死回生を図るために宿泊券の発行を検討されている宿泊施設は多いかもしれません。しかし、お客様に必要とされる宿泊券を作るには、アイデアが必要です。実際にホテル・温泉宿が発行している宿泊券の事例をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

宿泊券の役割とは?

Urupong – stock.adobe.com

 

宿泊券を買い求める方の多くはギフトとして活用しており、もともと贈り物としての人気が高いのです。

 

購入者にとって宿泊券は、大切な人に一生の心に残るような豊かな思い出を作ってもらうための、最適なギフトです。たとえば、両親への感謝の気持ちを表したり、成人・結婚・還暦・誕生日などのお祝い事には不可欠のプレゼントとなっているようです。

 

人気が高い理由には、宿泊券をもらった側が普段は宿泊しないようなホテル・温泉宿に泊まることができたり、旅行へ行く機会ができるという「きっかけ作り」でもあるのです。

 

ホテル・温泉宿の宿泊券には宿泊に限らず、エステや日帰り入浴などの体験コースなども選べることが魅力となっている施設も。旅行や体験などに特化した宿泊券だからこそ、ギフトを贈る側から「感謝」と「楽しんでもらいたい」という気持ちを伝えやすいのかもしれませんね。

 

ホテル・温泉宿が宿泊券を発行するメリットはある?

 

ホテル・温泉宿が宿泊券を発行するには、当然、時間やコストがかかります。しかし、宿泊券の発行は、新型コロナウイルスによる影響で失ったお客様の宿泊機会を取り戻すチャンスでもあります。

 

ゲストのなかにも、宿泊券はお得だという印象が強いはずです。お客様のニーズに合った宿泊券を作ることができれば、新規顧客の獲得にもつながるでしょう。

 

しかも、完全な事前決済ができるので、ノーショウなどでのキャンセル料の徴収に悩むことは減少するかもしれません。

 

ホテル・温泉宿が参考にしたい宿泊券のアイデア

Shunji Yoshimi – stock.adobe.com

 

宿泊券を発行するにも、お客様の心を掴むようなアイデアが欠かせません。参考のために、すでに宿泊券を有効活用しているホテル・温泉宿の事例をチェックしてみましょう。

 

有効期限を伸ばす

 

どのホテル・温泉宿も新型コロナウイルスの影響で、お客様からのキャンセルが相次いだことでしょう。お客様の安全を守りながら売上を確保しなければならない立場としては、非常に心苦しい状況が続いたかもしれません。

 

そのような状況のなかで、いち早く宿泊券に目を付け、感染症の影響が落ち着いたらゆっくりと滞在できるように、宿泊券の有効期限を引き伸ばした施設もありました。

 

一般的な期限は6ヵ月ですが、新しく販売した宿泊券では有効期限を2年に伸ばし、宿泊や日帰り入浴などでも使うことができるようにしたようです。

 

また、電子チケットを利用して、未来の好きなタイミングで利用できる宿泊券を発行した事例もあります。新型コロナウイルスによる影響がいつ収まるのかという状況が読めないなか、お客様は日にちを指定しなくて良いので、気軽に宿泊券を購入することができそうですね。

 

クーポンを付ける

 

宿泊だけでなく、お土産や飲食で利用できるようにクーポンを付けるホテル・温泉宿もあります。たとえば、10万円分の宿泊券を購入したお客様には、クーポンは1万円分を付けるなど、金額やサービス内容によっても、クーポンの内容も異なります。

 

前もって宿泊券を購入するメリットを付けることで、宿泊券に対するお客様の購買意欲はより一層高まるのかもしれません。

 

ホテル・温泉宿の特性を活かす

 

宿泊券を発行する際は、それぞれのホテル・温泉宿の特性を活かすことが求められます。

 

客室からの自然あふれる景色が魅力だという施設であれば、客室でゆったりできるプランを含めた宿泊券を検討したほうが良いでしょう。

 

ある事例では、旅行に来たとしても、景色を楽しみながら客室でゆっくりと過ごすお客様が多いことから、インドアでも楽しめるような読書や映画鑑賞などに特化したプランを宿泊券に込めた施設もあります。

 

ホテル・温泉宿の立地を活かしたプランを織り交ぜることが、お客様からの注目を集めるきっかけにもなるのです。

 

「お客様に何をしてもらいたいか」が人気の宿泊券につながる

takashikiji – stock.adobe.com

 

ホテル・温泉宿によって、お客様の過ごし方は異なりますよね。「どの施設でも実施している企画だから」といって、すべての宿泊施設で成功するとも限りません。ですので、なんの考えもなしに安易なプランを取り入れることは避けましょう。

 

アイデアのヒントは身近に隠れています。特に、立地を活かし、その場所でしかできない体験を伴った宿泊券は、SNSでも「購入しました」と表明しながら宿泊券の情報が拡散されるケースが多いようです。

 

宿泊券の発行を検討するときは、まず施設の立地や特徴・魅力、ニーズを洗い出し、自分たちが行うべきことは何かを考えることが必要かもしれませんね。

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る