採用をお考えの法人様へ 無料 転職サポートに申し込む

ホテル経営についてコンサルタントやセミナーを利用するメリットとは?学べる経営戦略もご紹介!

ホテルの経営状態があまり芳しくないとき、まず何から手を付けれは良いのか分からないといったケースも多いかもしれませんね。そういった場合は、コンサルタントやセミナーに頼ることも視野に入れたほうが良いでしょう。ホテル経営を立て直すためにコンサルタントやセミナーを利用するメリットをはじめ、学べる経営戦略について解説します。

ホテルがコンサルタントやセミナーを利用するメリット

Monster Ztudio – stock.adobe.com

 

ホテルが経営難に陥ってしまうのは、事業計画の時点で失敗している可能性があります。遡れば予測していた売り上げが確保できていなかったり、過剰な初期投資が経営を圧迫していることはありませんか?

 

ホテルの売り上げが減少してしまうと、社員教育のレベルも低下するだけでなく、施設の老朽化に対応できず清潔感も失ってしまうことになります。こうした負のスパイラルが経営難を助長してしまうのです。自社だけの力で歯止めがかからないならば、外部のコンサルタントやセミナーに頼ることも必要でしょう。

 

コンサルタントやセミナーを利用すると、新たなノウハウが得られ、今後の経営戦略を練り上げるための良い判断材料ともなります。また、今までにはなかった視点で戦略を提案してくれたり、ヒントなどを与えてくれるので自社の強みや弱みを客観的に知ることができます。

 

コンサルタントやセミナーで期待できる成果

arthurhidden – stock.adobe.com

 

ホテルがコンサルタントやセミナーを利用することで得られる、具体的な成果とはなんでしょうか。詳しく見ていきましょう。

 

情報の整理

 

コンサルタントやセミナーを利用すると、情報の整理と可視化ができるようになります。意外と簡単そうに見えて、できていないポイントが、情報の整理やその意味づけなのです。

 

情報が整理できるだけでも、課題点は明確になります。それが浮き彫りになれば、社内での議論も活発になり、社員から客観的な意見も得られることが期待できるでしょう。

 

たとえば、改めて顧客分析を行うとホテル側が想定していたターゲットとは異なる層が利用しており、宣伝方法などの課題も発見したケースもあります。

 

課題は社内の中に隠れています。決して容易ではありませんが、明らかになった情報にしっかりと意味を付けることが必要でしょう。

 

「常識」の確認

 

気づかないうちに、自社の「常識」が当たり前となっている場合があります。その常識は客観的に見ると、常識ではないケースがほとんどです。

 

一つの事例では、ホテルに定休日をつくることで「お客様のためのホテル」という認識だけでなく、「ホテルを支える従業員とその家族のためのホテル」として生まれ変わった例もあります。従業員の働きやすいホテルは、スタッフのモチベーションも上げることができ、収益アップにもつながるのです。

 

自社が良かれと思ってお客様に提供していようとも、お客様に響かなければ意味がありません。セミナーに参加すれば、常識のズレに気づいたり、特にコンサルタントは常識の枠を外してくれます。

 

今までの「常識」を覆すことは非常に勇気のいることですが、余白が生まれるおかげで経営を立て直すチャンスをつかめるかもしれませんね。

 

社員の育成

 

社員がセミナーへ参加したり、もしくはコンサルタントのノウハウを覚えてくれると、この先経営難に陥ったとしても社員だけで経営を立て直せるようになる可能性があります。

 

経営難を社員と一緒に潜り抜けると、社員が実務を通じてスキルや経験を積めるので、ホテル内の人材を強化することが期待できるのです。

 

注意していただきたいのが、特にコンサルタントを活用するケースです。すべてコンサルタントに経営の立て直しを丸投げしてしまうと社員が育たなくなってしまいます。

 

コンサルタントやセミナーで学べる経営戦略とは?

Blue Planet Studio – stock.adobe.com

 

コンサルタントやセミナーで学べる経営戦略は多岐にわたります。

 

商品戦略や人材育成、開発・リニューアル、経営計画など、人材確保による立て直しやハード面の投資・金融支援なども学ぶことができます。

 

さらに、コンサルタントを活用すると、現地調査からの分析によって割り出された問題点に対して、改善・提案をしてくれます。下記のような改善を推し進め経営状態が大きく改善したケースもあります。

 

  • ・従業員への研修を徹底
  • ・オペレーションを見直して効率化
  • ・ホームページのリニューアル
  • ・ターゲット層やコンセプトの変更

 

しかし、戦略を学んだとしても、ホテルにどういった課題や問題があるかによって必要な戦略が変わりますので、あれもこれも取り入れるのではなく取捨選択が不可欠でしょう。

 

ホテルがコンサルタントやセミナーを利用する注意点

chendongshan – stock.adobe.com

 

ホテルの経営が落ち込んでいると短期的に経営を立て直そうとする気持ちが先立ち、コンサルタントやセミナーに「奇策」を求めてしまうかもしれません。

 

ですが、経営を立て直すためには短期的でなく、長期的な目線が必要です。「奇策」を取り入れたとしても、その効果は長くは続かないものです。良いコンサルタントやセミナーであるほど、顧客の立場にたち、問題を根本から解決しようとします。

 

セミナーに関して言えば、最近はオンラインが主流となっているようです。オンラインセミナーは「ウェビナー」とも呼ばれ、場所・時間を問わず参加できるメリットがある一方、緊張感がなくなってしまう傾向があるので集中力が必要です。さらに、通信環境によっては映像や音声が遅延・停止することもあるので注意してくださいね。

 

ホテルの経営に困ったらコンサルタントやセミナーに頼ろう!

beeboys – stock.adobe.com

 

ホテル向けのコンサルタントやセミナーには、担当者自身もホテルの経営・運営経験がある方や企業が大半です。いわば、ホテル経営・運営の専門家と言っても良いでしょう。

 

ですので、ホテルの経営状態や現場の状況をより理解してもらいやすく、こちらの状況も伝えやすいのです。

 

ホテルの経営は、自社だけで立て直すことは非常に困難です。的外れな戦略を繰り返すうちに、さらに客足が遠のくという事態も想像されます。そのような状況を防ぐためにも、まずは一度コンサルタントやセミナーを活用することをおすすめします。

有名宿泊施設で働きませんか?

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る

関連記事