中卒者の就職が難しいと言われるのはなぜ?適切な就職活動の進め方を把握しよう!

日本における就職は学歴がすべてではありません。しかし、最終学歴が中卒の場合、就職が難しいと言われることが多く、この先の人生に不安を感じている人も居るはず。中卒者の就職が難しいと言われる理由や、実際の就職率を見てみましょう。中卒者に適した就職活動の進め方についても解説します。

目次

    最終学歴・中卒の就職は本当に難しい?

    学歴

    art – stock.adobe.com

     

    就職において、自分の学歴をネックに感じる人も居るでしょう。特に最終学歴が中卒の場合は一般的に「就職が難しい」と言われています。

     

    この記事では、中卒者の就職が難しいと言われている理由や実際の就職率、学歴に関わらず就職しやすい業界などについて解説します。

     

    中卒からのキャリアプランを考える際の参考にしてくださいね。

    最終学歴・中卒の就職が難しいと言われる理由3選

    中卒者の就職は、なぜ難しいと言われているのでしょうか。まずはその理由を見てみましょう。

    応募できる求人が少ない

    特に学歴を重視していない企業でも、求人を出す際の応募資格を「高卒以上」としていることが多く見受けられます。

     

    「未経験者歓迎!」「ゼロから仕事を教えます!」といったことが書いてあっても、学歴が足りずに応募できないケースは少なくありません。

    マイナスイメージを持たれがち

    最終学歴が中卒の人にはさまざまな事情があるもの。しかし、世の中には中卒者に対して「勉強が嫌いだったのか」「協調性がないのでは」といったマイナスイメージを持つ人も居ます。

     

    また、同程度の能力・人柄の応募者が何名か居る場合、あえて中卒者を選ぶのはまれなことではないでしょうか。

    中卒では取れない資格・免許もある

    資格・免許の中には、高卒以上の学歴がなければ受験できないもの存在します。高卒認定を受けるなどの方法もありますが、中学校を卒業してからすぐに受験し、合格することは不可能。

     

    そのような資格を必要とする職業に就くために、遠回りすることもあるでしょう。

    最終学歴・中卒の就職率は?

    中卒者の就職が難しいと言われることにはさまざまな理由があるのですね。しかし、実際の就職率は決して悪くありません。

     

    2022年3月の中学新卒者の就職内定率は87.5%です。高校新卒者の就職内定率は99.2%。高卒者に比べるとやや低い割合ですが、大多数が内定を得ているのです。

     

    このデータは新卒者のみを対象としたものですが、適切な就職活動をすれば、最終学歴が中卒でも十分に就職のチャンスはあると言えるでしょう。

     

    次の項目で、最終学歴が中卒の人に適した就職活動の進め方を解説します。

     

    参考:中学・高校新卒者の就職内定率について/厚生労働省資料

    最終学歴・中卒の人におすすめの就職活動!

    勉強

    동수 최 – stock.adobe.com

     

    最終学歴が中卒の場合、就職が不利になる場合もあります。しかし、社会に出て活躍することが不可能なわけではありません。

     

    就職活動の進め方を工夫すれば、納得のいく就職を実現できるでしょう。中卒の人におすすめの方法を紹介します。

    応募先をよく選ぶ

    学歴にハンデがある場合、まず重要なのは応募先の選び方です。一般的に中卒の人が就職しやすいのは、マンパワーが必要な業界とされています。

     

    例えば、運送業や土木作業員、工場作業員といった力仕事やITエンジニアやエステティシャンなどの技術職などが挙げられます。介護施設の職員や販売業、飲食店やホテルなどのサービス業も、学歴不問の求人は多いでしょう。

     

    これらの職業では体力や柔軟性の他、若さと伸びしろが武器になります。ただし、常に人手が足りず、ブラック労働ということも。内定の出やすさだけで選ばず、企業・業界研究を徹底しましょう。

     

    なお、以下の記事では宿泊業界におけるホワイト企業の選び方について解説しています。併せてご参照ください。

    資格の取得を目指す

    実社会では学問より、仕事に役立つスキルが重要という考え方もあります。

     

    スキルを証明するには、資格の取得が有効でしょう。前の項目でも解説した通り、中卒では取れない資格もありますが、取れる資格も数多く存在しています。

     

    例えば調理師免許は高校や調理学校に通わなくても、調理の現場で経験を積めば受験資格を得られます。ホテルのレストランに就職したり、アルバイトとして経験を積んだりしながら調理師免許を取得するという方法で、キャリアアップを狙えるのではないでしょうか。

     

    また、最終学歴が中卒であっても、何かしらの資格を持っていれば「勉強が嫌いなのでは?」というマイナスイメージを払拭(ふっしょく)できるでしょう。

     

    なお、以下の記事では宿泊業界で役立つ資格について解説しています。併せてご参照ください。

     

    進学しなかった事情を説明する

    やむを得ない事柄によって高校進学をあきらめた場合は、話せる範囲で面接官に事情を説明しても良いでしょう。

     

    努力不足や怠け心で学業を投げ出したわけではない、ということを分かってもらえれば、マイナスイメージで損するリスクを減らせるはず。

     

    また、これから社会で頑張る!という前向きな姿勢を見せることも重要です。

    進学や高卒認定を検討する

    働きながら学べる通信制や、定時制の高校もあります。また、「高卒者と同等の学力がある」ということを証明する高卒認定試験に合格すれば、栄養士などの資格にチャレンジできるので、学歴によるハンデが小さくなるでしょう。

     

    「どうしてもやりたい仕事があるけれど学歴がネック……。」という人は、進学・受験にチャレンジするのもひとつの手段。経済面や時間などの事情が許せば検討しましょう。

     

    また、「今は無理でも働いて、自分のお金で定時制高校を卒業する!」といった目標を持っている人は、面接官の目にも明るく映るはずです。

    就職・転職エージェントを活用する

    就職・転職エージェントはひとりひとりの事情に合わせて仕事探しをサポートしてくれます。「学歴が不安で就職活動に踏み出せない……。」という人はぜひ、転職エージェントに相談してみましょう。

     

    中卒でも就職しやすい、サービス業などに特化したエージェントを選ぶこともおすすめです。

    中卒者の就職はおもてなしHRにご相談ください!

    開く扉

    fotofabrika – stock.adobe.com

     

    最終学歴が中卒だからといって、就職やキャリアアップに希望が持てないとは限りません。今回紹介した就職活動の進め方を参考に、天職を見つけてくださいね。

     

    また、宿泊業は学歴不問の求人が多い業界です。仕事探しをする際は、ぜひおもてなしHRをご活用ください。

    積極採用中!ホテル・旅館の求人

    求人をもっとみる

    ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

    必須企業名

    ご担当者様名を入力してください

    必須ご担当者様名

    ご担当者様名を入力してください

    必須メールアドレス

    メールアドレスを入力してください

    必須電話番号

    電話番号を入力してください

    資料請求のお申し込みを受け付けました

    資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
    入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

    万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

    ページ上部へ戻る