旅館の仲居の年収とは? 年収をアップさせる方法とホテルマンとの給与比較を紹介

お客様の身の回りのお世話をするスタッフですが、その業務は幅広いので年収が気になっている方は多いかもしれませんね。ホテルマンの年収との比較や、年収をアップさせる方法を紹介いたしますので、ぜひ今後の参考にしてみてくださいね。

旅館の仲居の仕事内容

yamasan – stock.adobe.com

 

旅館の女将の仕事内容は、以下のようなものです。

 

・お迎えと客室までの案内
・食事の準備と布団敷き
・お見送り
・客室清掃

 

旅館の仲居は体力が必要になりますが、お客様の喜びを一番近いところで感じられるという魅力があります。

 

また、旅館の仲居として経験やスキルを身に付けると客室係のリーダーになれるだけでなく、より規模の大きなホテル・旅館に転職することもできます。

 

仲居で身に付けた接客マナーやスキルは、サービス業界における職種のすべてに活かせるので、さまざまなキャリアステップの方法が見つけられるでしょう。

 

旅館の仲居についてもっと詳しく知りたい方は、下記のリンクをチェックしてみてくださいね。

 

 

旅館の仲居の年収はいくら?

siro46 – stock.adobe.com

 

旅館の仲居の平均初任給は、約16~19万円となっています。旅館や地域によって差がありますが、年収としては300万円程度と言われているようです。

 

アルバイトの場合と年齢別に分けたうえで、旅館で働く仲居の年収を具体的に紹介いたしますので参考としてお役立てください。

 

アルバイト・派遣社員の場合

 

アルバイトや派遣社員の場合は、1000~1500円という高時給に設定されているところが多く、時給が低い旅館だとしても900円が最低ラインです。

 

深夜に働くと時給が割り増しされるので、1ヵ月で30万円以上稼ぐ人もいるのだとか。アルバイトや派遣社員は高時給で雇われることから、正社員よりも手取りが良くなる可能性があります。

 

ただし閑散期には繁忙期と異なり、働く時間が減り給与が低くなることもあるため、年収にバラつきがあり安定しない傾向があります。アルバイトや派遣社員には賞与がないので、待遇の面でも不利になるケースがあるでしょう。

 

20代正社員の場合

 

20代正社員の仲居は、月給にしておよそ20~25万円が多いようです。

 

もちろん、自身のスキルや旅館の規模、地域によっては給与がもっと上になることもあるので、自分の理想に合った求人をちゃんと選ぶことが大切でしょう。

 

30代正社員の場合

 

30代正社員の仲居の場合、月給は20~30万円になることがほとんどです。

 

30代は経験やスキルが備わってくる年代でもあるので、給与が段階に沿って上がっていくことが考えられます。

 

40代正社員の場合

 

40代正社員の仲居の月給は、25~35万円が相場でしょう。

 

ベテランの40代となると、なかには旅館全体を取りまとめる女将や、仲居を仕切る仲居頭として出世する人もいるそうです。役職がつく場合は、給与がもっとアップする可能性が高くなりますよ。

 

旅館の仲居の年収はホテルマンと比べて低い?高い?

christianchan – stock.adobe.com

 

旅館の仲居の年収は、ホテルマンの年収とあまり変わりません。

 

ホテルマンの年収も、旅館の仲居と同じように約300万円が平均的となっています。厚生労働省の調査によると、2020年の宿泊業・飲食サービス業のひと月あたりの賃金は、男性(50歳~54歳)で32万4200円、女性(40歳~44歳)で22万9100円だそうです。

 

また、ホテルマンは残業の有無や国内外の景気、そして職種ごとのキャリアステップによって年収が左右されますが、それは旅館の仲居も同じことでしょう。

 

ホテルマンの年収についてより詳しく知りたい方は、下記のリンクを参考にしてみてくださいね。

 

参考:令和2年賃金構造基本統計調査 / 厚生労働省

 

旅館の仲居として年収をアップさせる方法とは?

Paylessimages – stock.adobe.com

 

ハードワークとして知られる旅館の仲居は、仕事内容に見合った給与をきちんともらえているわけではない場合があります。

 

いくら魅力のある仕事でも給与が見合っていなければ、自分自身を苦しめることにもつながります。旅館の仲居として年収をアップさせる方法を紹介いたしますので、これを機に改めて仲居としての働き方を振り返ってみましょう。

 

心付けをもらう

 

旅館では古くから「心付け」という風習があり、宿泊客がお世話になる女将や仲居に対し、感謝の気持ちや誠意を表す手段としていくらかのお金を包みます。

 

宿泊客からの心付けは旅館の女将がまとめる場合と、仲居自身の個人的な報酬として認められる場合があります。

 

心付けの相場は約3000円程度となっており、宿泊料金の10~20%が包まれることがほとんどです。しかし、現代では心付けの文化を知らない人が多いので、あまり期待しないほうが良いかもしれません。

 

転職をする

 

旅館の仲居として年収をアップさせる方法で一番現実的なのは、キャリアアップのために転職をすることです。

 

実際にスキルアップや年収アップを目的に転職を繰り返す人はとても多く、他の旅館へ転職することで、待遇の条件を底上げしたり、スキルを磨いたりすることで年収を上げることにつながるのです。

 

スキルや経験に自信がついたら、ワンランク上の旅館などへの転職を検討すると良いでしょう。

 

旅館の仲居の年収アップは、転職で叶えられる!

west_photo – stock.adobe.com

 

旅館の仲居の年収はとびきり高いというわけではありません。しかし、転職をうまく行うことでスキルに磨きがかけられ、その分年収もアップしていきます。

 

旅館の仲居として年収をアップさせたい方は、ぜひ一度「おもてなしHR」にご相談ください。

 

自分のスキルや経験に見合った年収を手に入れるために、わたしたちと一緒により良い働き先を探していきましょう!

 

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る