ホテルのカーペットを清潔に!清掃時のコツや注意点をご紹介

ホテル清掃の中でも、汚れやすいものとして挙げられるカーペット。しかし、面積が広い分お客様の視界に入りやすく、清潔に保つことが求められます。そこで今回は、ホテルで働く従業員の方のために、カーペット清掃のコツや注意点についてご紹介!カーペットをきれいにする重要性についてもご説明しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ホテルのカーペットは汚れやすい!

ホテルカーペット

iStock.com/alvarez

 

ホテルのカーペットは、土足で踏み入れた際の泥や土、食べこぼし、髪の毛やほこりなどによってすぐ汚れやすいものです。

 

一般的なカーペットはウールなどの糸でできていることが多く、そうした汚れを放っておくと汚れが繊維の奥まで入り込み、大きなシミになってしまいます。

 

カーペットの汚れをこまめに除去しないと劣化が早まり、カーペットを取り替える手間やコストがかかってしまうため、ホテルのカーペットには念入りな掃除が求められるのです。

 

ホテルのカーペットを掃除する方法

カーペット清掃

iStock.com/Rancic-Aleksandar

 

では、ホテル内ではどのようにカーペットを掃除しているのでしょうか。カーペットの掃除方法についてご紹介します。

 

掃除機

カーペットの日常的な清掃は、掃除機を使用するのが主流です。丁寧に掃除機をかけることで、カーペットの表面についたゴミや汚れを取り除きます。

 

中にはカーペットの繊維にゴミが絡まっていることもあるので、掃除機で取れない場合はブラシなどを使用して汚れをかき出してきれいにします。

 

高圧スチーム

目に見えない汚れを落としたい場合には、高温の蒸気で汚れを浮かせる高圧スチームクリーナーを使用します。

 

高圧スチームクリーナーの蒸気は非常に高温なため湿気が残らないのが特徴で、汚れの除去だけでなく、カビや細菌、寄生虫の予防、殺菌などにも効果的です。

 

セミドライクリーニング

セミドライクリーニングはカーペットの毛の中部から上をきれいにする際に有効な方法で、大量の水分によって縮みやすかったり吸収率が高かったりする素材のカーペットに使用します。

 

最小限の水分を用いて洗浄するのが特徴で、カーペット用の洗浄を汚れの部分に撒いたあと、パッドを置き汚れを吸着させます。

 

ウェット洗浄

床磨きなどに使用するポリッシャーは、カーペットにも使用可能です。たくさんの水を使用して洗浄するため、ウェット洗浄とよばれることもあります。

 

この方法で洗浄する場合は、カーペットの素材が水に濡れても縮むことのないものであり、頑固な汚れやシミなど特に汚れが多いときに使用します。

 

ただし、この洗浄方法は汚れをしっかり落とせる反面、カーペットが乾燥するまでに数時間かかってしまうので注意が必要です。

 

ホテルのカーペット清掃で注意すること

カーペット洗浄

iStock.com/sefa-ozel

 

不特定多数の人が利用するホテルでは、誰がいつカーペットを汚したのかわかりません。そのため、ホテルで働くスタッフは常に気を配っておくことが大切です。

 

ここでは、ホテルのカーペット清掃を行う際に気をつけたいポイントをご紹介します。

 

消臭

カーペットは、人の汗によって臭いがこもってしまったり、カーペットに残った食べこぼしやほこりなどが蓄積されて悪臭が発生してしまったりと、ニオイの原因になることもあります。

 

そのため、見た目だけではなく消臭対策も重要です。天日干しなど、雑菌が繁殖しやすい多湿な環境から離して乾しておくと良いでしょう。

 

除菌

カーペットを清潔に保つためには、除菌も必須です。特に、新型コロナウイルスの影響を受け、以前に比べ除菌の重要性が高まっています。

 

お客様からの信頼度を下げないためにも、徹底した除菌を行う必要があります。中でも、特に除菌に効果をもたらすとされるアルコールスプレーは、カーペットにも効果的です。

 

カーペットに掃除機をかけてしっかりと汚れを落とした後、気になる部分にアルコールスプレーを吹きかけたり、アルコールを染み込ませた布を当てたりして汚れを取り除きます。

 

コロナ禍においては、徹底した掃除はもちろんのこと、どこをどのように除菌・清掃したかをお客様に伝えることも大切です。

 

これまで以上に感染症対策の意識を高め、お客様に安心して利用していただけるホテルを目指しましょう。

 

ホテルのカーペットを清潔に保つ重要性

客室清掃

iStock.com/AndreyPopov

 

ホテルの美観は、お客様がホテルを評価する項目の一つに入ります。そのため、ホテル館内が美しく清潔な状態にあれば、ホテルへの印象は大きく変わるはずです。

 

特にカーペットはお客様の目につきやすく、客室までの道のりで汚れている箇所を数か所見つけてしまうと不信感を抱かれてしまうかもしれません。

 

ホテルの美観を保つことには、お客様を満足させるとともに、リピーターの獲得にも繋がるため、ホテルのイメージを上げておくことは重要です。

 

また、カーペットの清掃は、お客様の健康や従業員の安全を守るためにも欠かせません。カーペットの清掃を怠ってしまうと、ハウスダストやアレルギーの原因になります。

 

お客様はもちろんのこと、従業員にとっても不快な環境になってしまわないよう、ホテルのカーペットを清潔に保ち、快適な空間を作り上げることが大切なのです。

 

ホテルのカーペットはホテルの印象を左右する

ホテル部屋

iStock.com/MattSchia_

 

ホテルのカーペットは汚れがつきやすく、表面的な汚れから目に見えないものまでさまざまです。そうした汚れを放置しておくと不快な印象を与えるだけでなく、人体の健康にも悪影響を及ぼしかねません。

 

一方で、ホテル内のカーペットには重要な役割もあります。カーペットがきれいに保たれていれば、「清掃が行き届いている」という印象を与え、お客様からの評価アップにもつながるのです。

 

カーペットの清掃も大事なおもてなしの一つと考え、ご紹介した清掃方法を参考に清潔感のあるカーペットでお客様をお迎えしてくださいね。

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る