転職時の引越しにかかる費用はいくら? コストカットするポイントも紹介

転職を検討している方のなかには、引越しが必要な方もいらっしゃるかもしれませんね。引越しの際に気になることの一つには、きっと費用面も含まれているでしょう。転職時の引越しにかかる費用や、引越しのコストを抑える方法も紹介いたしますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

転職に伴う引越しの費用はいくら?

Maksym Yemelyanov – stock.adobe.com

 

転職時の引越しに必要な初期費用は、引越し先の家賃の4~5カ月分に加え、単身者の場合で考えると最低でも5~10万円以上はかかると考えておいて良いでしょう。

 

引越し費用の内容は、敷金・礼金や不動産会社への仲介手数料、前家賃、そして引越し業者などへの代金です。

 

住まいのタイプや時期、荷物の量、新居への距離によって、引越し費用は大きくなるので、なるべく費用を安く抑えたい方は自分の中で「ここだけは譲れない」などの優先事項を決めておくと良いかもしれません。

 

転職時の引っ越し費用の主な種類

Patrick Daxenbichler – stock.adobe.com

 

転職に伴う引越しの費用には、どのような種類があるのでしょうか? 引越しにかかる費用を知り、コストを抑える方法のヒントを探っていきましょう。

 

賃貸物件

 

賃貸物件を借りるには、一般的に敷金や礼金、不動産会社への仲介手数料、前家賃などが必要です。

 

物件によっては敷金・礼金を不要にしているところや、仲介手数料がないところもあります。しかし、念のため新居にかかる家賃の半年分の費用は事前に用意しておいたほうが良いでしょう。

 

引越し業者

 

新居への引越しには、引越し業者への費用も含めて考えなければいけません。

 

引越し費用は移動距離や荷物量、そして依頼する業者によって大きく異なります。できるだけコストを抑えて引越しをするには複数の引越し業者から見積もりを取ると良いかもしれません。

 

新居に必要な物品

 

新居に移るとなれば、家具や家電などの購入費用も不可欠でしょう。

 

「新生活を機に家具・家電を買い替えたい」「これまで使っていたものが新居の間取りと合わない」など、引越し費用には新しく物品を買いそろえたい場合も考慮する必要があります。

 

将来的に見て省エネの家電を購入し、電気代などのランニングコストを抑えようと購入を考える方は多いそうです。

 

転職時の引越し費用を抑える方法

Syda Productions – stock.adobe.com

 

転職時の引越し費用は、大きなお金が動くため、なるべく安く抑えたいと思っている方は多いでしょう。

 

引越し費用を抑えて新天地に行く方法を紹介いたしますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

転職先の会社に社員寮があるか確認する

 

転職時の引越しを検討するときは、転職先が社宅や寮を持っているのかを確認しましょう。

 

もし社宅や寮があれば、地域相場よりも家賃が安い傾向があるので、転職にかかる引越し費用の自己負担額をかなり減らすことができますよ。

 

引越しのハイシーズンは避ける

 

業者の利用を考えている方は、引越しのハイシーズンを避けるようにしたほうが良いかもしれません。

 

引越し業者が忙しくなるのは、新生活が始まる時期である3~4月、そして人事異動が多い期間である9~10月と言われています。引越しの需要が高いとそれに比例して費用も高くなり、需要が低ければそれだけ安くなるのです。

 

土日や祝日、大安の日なども引越しの需要が高いので、コストを抑えたい方は需要のあるタイミングを避けて引越しを検討すると良いでしょう。

 

なるべく自力で引越しをする

 

いま住んでいる場所と比較的近いところに引越す場合は、業者に頼らず自力での引越しを検討してみても良いかもしれません。

 

自力で引越すときにかかる費用は、レンタカー代やガソリン代、梱包資材代です。場合によっては引越しを手伝ってくれた人へのお礼が必要になることもあるでしょう。

 

梱包資材については無料でスーパーやコンビニからもらえるので、引越し費用をもっと抑えることができますよ。

 

転職先の会社や自治体の補助制度の利用も検討しよう!

Monkey Business – stock.adobe.com

 

転職に伴って引越しが必要になる場合は、転職先の会社や自治体に補助制度がないか細かくチェックしてみましょう。

 

会社や自治体に条件に合った補助制度があれば、引越しにかかる自己負担を軽減できます。また、条件が良ければ引越しの自己負担額をほぼゼロにすることも可能です。

 

転職先の会社によっては「引越し費用補助」や「家賃負担制度」が支給されることもあるのです。

 

さらに、都心などから地方へ移住する場合は自治体の支援制度を利用できるので、自分の状況に合った制度を選び、活用することをおすすめします。

 

転職時の引越し費用をできるだけ安く抑えるには、あらかじめ徹底的にリサーチしておくことが大切ですよ。

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る