転職エージェントを利用しても内定辞退は可能?伝え方やタイミングのポイントをご紹介!

希望条件に合わない企業から内定が出た場合、入社しようか迷うことはあるものです。内定が出たからと言って、必ずしも入社しなければならないということはありません。さまざまな事情で、内定辞退を決めることもあるでしょう。転職エージェントを利用した転職活動でも、内定辞退は起こり得ます。内定辞退の意志を固めたら、転職エージェントに対して速やかな連絡が必須です。転職エージェントを介した転職ならではの配慮すべきポイント、伝え方についてまとめましたので参考になさってください。

転職エージェント経由でも内定辞退は可能

iStock.com/metamorworks

 

内定辞退は、企業が内定を出したあとに、応募者側から内定を辞退することをさすものです。内定が出た時点で雇用契約がスタートするものと考えられることもあり、できれば避けたいものですが、条件に折り合いがつかなかったり、他社からも内定が出ていたり、やむを得ない理由で内定辞退をしなければならないこともあるでしょう。

 

転職エージェントから紹介された企業に応募し、晴れて内定はもらったものの……。ということも当然あり得ます。転職エージェントから紹介を受けた企業でも、内定辞退をしても良いものかと悩むこともあるでしょう。

 

自分1人で進める転職ではないからこそ配慮すべき点はありますが、転職エージェントを利用しても内定辞退は可能です。転職エージェントを利用している場合、求職者が入社するまでサポートが続きます。転職に必要な諸手続きの代行に、内定辞退の伝達も含まれているので、内定辞退の意志を企業に伝えるのは気が重いという場合でも、気持ちが楽かもしれません。

 

転職エージェントに内定辞退を伝える際のマナー

iStock.com/Masafumi_Nakanishi

 

転職エージェントを利用した転職活動で内定辞退することになった場合、企業への連絡は転職エージェントを経由しておこなわれます。ここが、個人で進める転職活動とは大きく異なる点でしょう。内定辞退を決めたらまずは、転職エージェントへの連絡が必要です。伝える際のマナーについてみていきましょう。

 

内定辞退を伝える方法

 

内定辞退の意志が固まったら、まずは転職エージェントへの連絡が必要です。内定辞退は、担当のキャリアアドバイザーが、求職者に代わって企業に連絡する決まりになってます。いち早く伝えなければと、応募企業に対して直接連絡しないようにしましょう。

 

確かに、内定辞退の連絡はできるだけ早くすべきです。内定辞退の意志が固まったら、まずは担当のキャリアアドバイザーに速やかに連絡しましょう。連絡方法は、メールか電話での連絡が一般的です。メールの場合、記録が残るというメリットはありますが、タイムラグが生じる危険性や一方的な印象を与えかねません。そのため、一度は電話で連絡した方が確実でしょう。

 

内定辞退を伝えるタイミング

 

内定辞退の連絡は、スピードが重要です。内定辞退したいと思ったら、すぐに連絡すべきです。内定を出した時点で企業は、新入社員を受け入れる準備をしていますし、転職エージェントも入社に向けた手続きを進めています。何より、求職者に対して期待感を持って内定を出した企業には、残念な思いをさせてしまいます。

 

内定辞退そのものは仕方のないことですが、企業と転職エージェントに対して迷惑がかかること、企業と転職エージェント双方の関係性に影響を及ぼすことも考えなければなりません。間違っても、入社直前に内定辞退するということがあってはなりません。なかなか言い出せないまま、当日に辞退するなどは言語道断です。

 

内定辞退を伝え方

 

内定辞退を伝えるというのは、確かに心苦しさがあるものです。キャリアアドバイザーに対して、申し訳なさを感じる場合もあるでしょう。内定辞退の連絡をする際には、伝え方にも配慮が必要です。

 

なぜ内定辞退したいのか、理由は明確に伝えるようにしましょう。雇用条件が合わなかった、第一志望ではなかったなど、内定辞退に至った理由を伝えることで、次に求人を紹介する際の参考にしてもらえます。

 

内定辞退後も転職エージェントは利用できる

iStock.com/Drazen-Lovric

 

一度でも内定辞退をしてしまったら、転職エージェントの利用が継続できなくなるのではと心配することもあるかもしれません。

 

転職エージェントは、求職者にとって納得感のある転職が成功することを目的にサポートしています。内定辞退したからといって、転職エージェントが利用できなくなることはありません。転職の意志を持ち、一生懸命に取り組む求職者であれば、転職エージェントのサポートは続きます。

 

しかし、内定辞退が好ましいものではないのは事実。だからこそ、配慮が必要なのです。内定辞退後も良好な関係を維持するためにも、好印象を与える伝え方を意識しましょう。

 

内定辞退の意思は転職エージェントに早めに伝えよう

iStock.com/bee32

 

内定辞退は、決して喜ばれるものではありませんが、やむを得ない事情は誰にでもあるものです。転職エージェントは、求職者が希望通りの転職先で、意欲的に働けることを願っています。不安や疑念を抱えながら入社することを、良しとすることはありません。

 

しかし、企業にも転職エージェントにも迷惑をかけてしまうことは事実です。企業は採用活動を再スタートしなければなりませんし、転職エージェントも改めて求職者を探さなければなりません。内定辞退することで、多少なりとも迷惑をかけてしまうことは念頭に置いておくべきです。

 

内定辞退の意思が固まったら早めに連絡し、マナーを守った伝え方をすることで、また新たな転職活動のステップが踏めるでしょう。

 

おもてなしHRは、宿泊業界に特化した転職エージェントです。ホテル・旅館への転職を検討している方は、お気軽にお問合せください。豊富な知識を持ったキャリアアドバイザーが、納得いく転職が成功するまで、親身にサポートさせていだきます。

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る