グランピング経営をする前に知っておきたい心得とは?

近年注目を集めるようになったグランピングですが、この事業を成功させるにはいくつかのポイントがあります。グランピング施設の経営を始める前にどのような心得が必要なのか解説いたしますので、ぜひプランニングにお役立てください。

グランピング施設の経営が宿泊業界を救う?

HBS – stock.adobe.com

 

新型コロナウイルス感染症の流行により、宿泊業界は大きな打撃を受けました。

 

そのような事実を踏まえて、最近ではコロナ禍でダメージを受けた宿泊施設がグランピング事業の経営を始めるケースも徐々に増えているようです。

 

コロナ禍では密を避けるために宿泊施設の予約をキャンセルする利用者が多く、集客もかなり厳しい状態でした。

 

その点、グランピングは三密を避けながらレジャーを気軽に楽しめるので、利用者がどんどん増加しているのだとか。

 

まだ感染症の収束が見込めないなか、お客様を癒すにはグランピングなどの特別感や開放感のある空間が必要なのかもしれませんね。

 

グランピング経営を成功させるポイント

amnaj – stock.adobe.com

 

グランピング経営を成功させる際は、雰囲気の良い施設を用意するだけではまだ足りません。

 

グランピング事業における成功の秘訣を紹介いたしますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

コンセプトを明確にする

 

グランピングの開業を決めたら、まずはコンセプトを明確にしましょう。

 

たとえば「どのような人に利用してほしいのか」「どのようなポイントを施設の売りにしたいのか」を中心に考えると良いかもしれません。

 

他のグランピング施設とどう差別化するのかが大切です。

 

施設を開業する立地をよく考える

 

グランピングの経営を始めるためには、立地選びも重要なポイントの一つです。

 

海や山に建てられるグランピング施設は多いようですが、立地選びはお客様が「その土地にわざわざ行く理由」を作れる土地が第一条件です。

 

都市部からの移動距離が長くなればなるほど、その土地を選ぶ理由を明確にしなければいけません。

 

また、立地選びには「開発許可申請の有無」や「上水や下水の引き込み工事が必要かどうか」などの条件にも注意しましょう。

 

どんなにロケーションが良くても旅館業の許可が得られなかったり、施設自体が建てられなかったりする土地もあるので、忘れずに関連法規をチェックしてくださいね。

 

サービスの質を重視する

 

グランピングを開業する際は、あまり初期投資しすぎないことをおすすめします。

 

初期投資も重要ですが、サービスの質や豊富さでお客様の満足度を上げることを優先して考えてください。施設への初期投資はもちろん大切ですが、サービスが整っていなければリピート率は上がりません。

 

決定したコンセプトをもとに、グランピング施設の利用者を楽しませられるような工夫が必要なのです。

 

お客様をリフレッシュさせる場所を提供できるように、はじめはサービスの質や豊富さを充実させられるようにしましょう。

 

一年中楽しめるような工夫をしておく

 

グランピングは通年楽しめるアウトドアレジャーです。グランピング事業の経営を春夏メインで考えてしまうと、ゆくゆくは経営に行き詰まる確率がかなり高まります。

 

利用者の目には、冷暖房完備が完備されていることもグランピングの魅力として映ります。秋冬の防寒対策を整えたり、寒い季節ならではの魅力あるコンテンツを提供したりなどの工夫を考えるようにしてください。

 

グランピング経営のプランには、一年中通して営業することを前提に企画することが大切でしょう。

 

「グランピング」と「オートキャンプ」のターゲット層は違う

maru54 – stock.adobe.com

 

グランピングを経営する場合、「グランピング」と「オートキャンプ」のターゲット層は異なるということを念頭に置いてください。

 

オートキャンプの利用者はあえてアウトドア特有の「不便さ」を味わいたいと考えています。しかし、グランピングの利用者は以下のようなアウトドア初心者であることがほとんどなのです。

 

・キャンプ道具を揃えずにアウトドアを楽しみたい
・キャンプのテント設営や調理などが不安
・快適な設備でアウトドアを楽しみたい
・ある程度のサービスは受けたい
・グループで楽しみたい

 

「グランピング」と「オートキャンプ」の違いには、料金にも表れています。キャンプ場は5000円前後のサイト利用料、グランピング施設は1名1泊あたり20000~30000円に設定されているようです。

 

キャンプ道具が揃っていてアウトドアの不便さを楽しみたい人は「オートキャンプ」を選び、キャンプ道具を揃えずに気軽にレジャーを楽しみたい人は「グランピング」を好みます。

 

そうした認識を考慮し、慎重にグランピング経営のターゲット層を決めるようにしてくださいね。

 

グランピング経営の成功は「自社サイト」からの集客!

mrmohock – stock.adobe.com

 

グランピング経営の成功に必要なポイントを紹介してきましたが、自社サイトから集客のメインルートを作ることも重要です。

 

経営に成功している施設の大半は、ポータルサイトに頼り切らず、自社サイトからの集客をメインに事業を展開させています。

 

グランピング施設を開業する前に自社サイトからの集客ルートの仕組みを考えておくことも欠かせないでしょう。

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る