あがり症の面接対策!緊張を抑える4つのポイントを紹介

就職活動において、どうしても避けることができないのが「面接」です。人とのコミュニケーションが苦にならない方にとっては、少々緊張するぐらいで済むかもしれません。しかし、あがり症の方にとって、面接はかなりハードルが高く感じられてしまうのではないでしょうか。あがり症の方が面接を突破するためには、可能な限り緊張を和らげる必要があります。あがり症の面接対策についてご紹介していきますので、ぜひご参考にしてみてください。

あがり症なので面接が不安……

 

あがり症の方が、面接に対し苦手意識を抱いてしまうのは無理もないことです。

・緊張で体の震えが止まらない

・汗が滝のように出る

・顔に熱が集まって具合が悪くなる

・自分が何を話しているのか分からない

・ダメだと思っているのに涙が出てくる

上記のような症状に苦しめられ、面接がうまくいかないと落ち込んでいる方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、面接の前に対策を立てておけば、当日の緊張をできる限り抑えることは可能です。あがり症の方に適した面接対策について、次の項目からご紹介していきましょう。

 

あがり症の面接対策1:情報の整理

書類

takasu-stock.adobe.com

 

面接を受ける際、情報の収集不足は不安要素になり得ます。

 

面接の直前になってから「そういえば〇〇についてちゃんと調べてない……」と気づいてしまえば、緊張と不安が一気に高まってしまうでしょう。

 

そうならないためには、企業の基本情報や志望動機など、面接に必要な情報を十分に収集して整理しておくことが大切です。

 

面接当日が迫ってからの付け焼刃ではなく、数日前から入念に準備し、頭に刷り込むのがポイントですよ。

 

あがり症の面接対策2:シミュレーション

 

あがり症の方が面接でスムーズに受け答えをするためには、面接のシミュレーションが不可欠です。

 

書き言葉を丸暗記するのではなく、話し言葉を実際に口に出すことで、喋りに慣れることができますよ。

 

相手がいるなら対面で練習するのがベストですが、いない場合は面接でよく聞かれる質問などを調べ、そつなく答えられるよう声を出しながら練習しましょう。

 

あがり症の面接対策3:メンタル面のケア

リラックス

kieferpix-stock.adobe.com

 

「自分はあがり症だから面接で失敗するかもしれない」という不安が、緊張をさらに加速させてしまいます。これを防ぐためにも、メンタル面のケアは欠かせません。

 

ポイントは、完璧を目指さないこと。面接で100%のパフォーマンスをすることは、早々できるものではありません。

 

あれも言わなきゃ、これも言わなきゃと自分を追い込むのではなく、最低限伝えるべきことを話せたらそれでいいと割り切ることも大切ですよ。

 

面接失敗談など、自分の不安をさらに煽るような情報があれば、徹底的にシャットアウトするよう心掛けてください。

 

あがり症の面接対策4:体調管理

 

あがり症を少しでも抑えるためには、よく食べてよく寝ることが効果的です。

 

体調不良や寝不足は、メンタルの不調を引き起こします。しかし、肉体がある程度健康であれば、メンタルが大きく乱れる心配もかなり軽減されるでしょう。

 

心と体は密接に繋がっているので、安定した気持ちで面接を受けるためにも、体調管理に気をつけてみてくださいね。

 

面接直前にあがり症を抑えるには?

ストレッチ

one-stock.adobe.com

 

入念な準備を重ねても、やはり面接の直前は緊張してしまうもの。当日にできる対策として、どのようなものが考えられるのでしょうか。

 

ポイントは「リラックス」です。詳しく見ていきましょう。

 

時間に余裕を持って行動する

 

焦りは緊張感を高めます。そのため、面接の当日は時間に余裕を持って行動し、「面接の時間に遅れたらどうしよう」という不安を感じることのないよう手を打ちましょう。

 

早めに面接会場に着けば、心を落ち着ける時間も確保できます。万全の状態で面接に臨むためにも、面接開始の10分前には会場入りできるよう行動してくださいね。

 

深呼吸は「呼気」を意識

 

緊張をほぐすには深呼吸が効果的という説もありますが、息を吸いすぎるとかえって呼吸が苦しくなり、体が強張ってしまうそうです。

 

そのため、深呼吸をする場合は、呼気に集中するのがベスト。息を深く吐き、吸う時は最低限に抑えるという呼吸をすることで、体の力が抜けていきますよ。

 

可能であれば軽いストレッチを

 

面接の待機場所が人目につかない場所であれば、ストレッチをするのもいいでしょう。

 

体を伸ばし切って停止する静的ストレッチよりも、伸ばしたい方向に軽く体を揺らすような動的ストレッチの方が、体の緊張をほぐすのに向いています。

 

肉体の強張りは精神の緊張を誘発するので、できるだけ和らげておくことが大切ですよ。

 

面接で「短所はあがり症」だと伝える際の注意点

 

面接官からの質問で、短所を聞かれる場合があります。もし短所があがり症であることを伝えるなら、表現の仕方に最大限気をつける必要があるでしょう。

 

例えば、以下のような言い方をしてしまうと、面接官からの評価が上がることはまずありません。

私の短所はあがり症なところです。緊張からうまく話せなくなり、コミュニケーションが取れなくなることもしばしばあります。

しかし、上記の情報にいくつかの言葉を付け加えることで、印象をアップさせることも可能です。

そのため、緊張する場に臨む際は、事前準備の徹底を心掛けるようにしています。

 

情報の精査や当日のシミュレーションを入念に行い、緊張しても確実に相手とのやり取りができるよう、何度も練習を行っています。

 

あがり症を完全に克服することはまだできていませんが、緊張を緩和できるよう対策することで、問題なくコミュニケーションを取ることができるようになりました。

あがり症だという情報だけでなく、どのような対策をしているのかをアピールすることで、短所に前向きな気持ちで向き合っていることを面接官に伝えられますよ。

 

あがり症でも面接を過度に恐れる必要はない

笑顔の女性

miya227-stock.adobe.com

 

あがり症の方にとって面接は難しく感じられてしまうことが多いですが、過度に恐れる必要はありません。

 

ただし、何の対策もしなければ、失敗する確率もそれだけ高くなってしまうことでしょう。

 

重要なのは入念な準備と、完璧を求めすぎずに面接に臨むという心構えです。あがり症をなるべくカバーするためにも、早めの対策を心掛けましょう。

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る