20代の転職回数は選考にどう影響する?

20代で転職を検討している方のなかには、自らの転職回数に不安を抱いている方がいらっしゃるかもしれません。転職回数は仕事探しにどのように影響するのでしょうか? 20代の転職回数によって採用担当者が持つ印象を踏まえて、転職活動を成功させるポイントを掴んでいきましょう。

20代の転職回数は選考に影響する!

mapo – stock.adobe.com

 

転職回数の多さは、採用担当者が求職者に不信感を持つきっかけとなり、選考に不利に働くことがあります。これは20代に限定したことではありません。

 

ただし、20代のなかでも転職回数の多さが目立つと、企業側にはマイナスの印象が植え付けられてしまいます。

 

転職回数が多ければ多いほど、「採用しても早期退職しやすい人」「仕事のスキルが身についていない人」「周りと協調できない人」といったイメージが強くなるようです。

 

しかし職種や業種によっては、転職回数が選考に全く影響しないケースもあります。人手不足の企業や専門的な知識とスキルが必要な職種は、転職回数が多くても採用されやすいのだとか。

 

とはいえ、転職活動を成功させるには事前の情報収集や準備が必要ですので、きちんと対策を練って臨みましょう。

 

20代の転職回数で採用担当者がもつ印象

こうまる – stock.adobe.com

 

20代の転職回数によって採用担当者が抱くイメージは異なるようです。

 

転職回数を「1回目」「2回目」「3回目以上」と分けて、それぞれが採用担当者に与える印象をチェックしていきましょう。

 

1回目

 

20代での転職1回目は、採用担当者から見ると「普通」の範囲内として見られます。転職をしていない人とあまり変わらない印象だそうです。

 

転職回数のことは気にせず、しっかりと準備をして転職活動をスタートさせましょう。

 

2回目

 

企業にとっては、20代で転職回数が2回目だとしてもほとんど悪い印象はなく、転職1回目と同じように「普通」と捉えられることが多いでしょう。

 

一つの企業で3年以上働いていれば、「早期退職しやすい人」というようなマイナス評価を受けることはないはずです。

 

しかし、大卒で24歳以下の求職者が転職を2回以上経験していると「多い」というイメージを持たれやすいので、転職活動がスムーズに進みにくいといったリスクはあるかもしれません。

 

3回目以上

 

20代で3回以上の転職を行っている場合、まちがいなく採用担当者は「多い」と判断します。

 

3回以上となると1~2年ほどで転職をしている計算になるので、短期間で転職を繰り返している人だという印象を与えてしまうのです。

 

さらに気を付けていただきたいのは、20代で転職を4回以上経験している方です。4回以上は書類選考の段階で警戒される恐れがあります。

 

転職回数が3回の方と比べても、慎重に転職活動を行うことが求められるでしょう。

 

転職回数が多くても採用される人の特徴とは?

yurolaitsalbert – stock.adobe.com

 

転職回数が多かろうと、企業から内定をもらう方はいらっしゃいます。ただし、単に転職活動を行っても失敗する確率は高いままです。

 

20代で転職回数が多くても採用される人の特徴をお伝えしますので、それらをヒントに転職活動を滞りなく進めていきましょう。

 

転職の目的意識がハッキリしている

 

転職回数の多さでお悩みの方は、まず転職の目的意識を掘り下げてみましょう。

 

転職回数が多いと判断されると「中途半端な人」という印象が強くなってしまいます。しかし、転職回数が多くても採用される方は、転職に具体的な目的意識を持っている人がほとんどです。

 

自分が目指すべきものを明確にし、転職先に求める条件を洗い出してみてください。それらの条件に1~2つまで優先順位をつけておくと、「転職先が自分に合わなかった」というミスマッチを防ぐことができますよ。

 

経験やスキルが転職先で活かせる

 

「転職回数の多さ」を武器にして転職活動を行う方法もあります。

 

転職回数がネックになる場合、「これまで培ってきた経験から学んだことを仕事にどう活かすか」をきちんと説明できれば採用される確率は一気に高まります。

 

経験をアピールする際は、企業が転職希望者に求めているものを的確に知ることがとても重要です。

 

「自社にとって必要な人材だ」と思ってもらうためには、自分が転職先に貢献できることを分かりやすく伝えなければなりません。

 

自分のアピールポイントをきちんと言葉にし、整理しておくと良いでしょう。

 

キャリアプランを説明できる

 

転職回数が多い方は、すべての転職はよく考えたもので計画性があるものだという「一貫性」を伝えましょう。

 

将来の長期的なキャリアプランを説明できるようにしておき、転職はそれを実現するためのルートだったことを示す必要があるのです。

 

キャリアビジョンを採用担当者と共有できれば、転職回数の多さが「前向きなアクション」として判断されます。マイナスの印象がプラス評価に変わるので、選考前にキャリアプランをよく考えておくことをおすすめします。

 

20代で転職回数が多い方は「丁寧な事前準備」が大事!

Antonioguillem – stock.adobe.com

 

20代で転職回数の多さに不安を抱えている方は、より丁寧な転職準備を行いましょう。

 

転職の目的だけでなく応募先企業に活かせる経験やスキルを洗い出すほか、将来のキャリアプランを明確にしておくことが大切です。

 

転職準備をしっかりと行っておけば、転職回数の多さを味方につけることができますよ。

 

「自分だけで転職活動を乗り切れるか不安……」という方は、転職エージェントを活用してみましょう。

 

転職エージェントは仕事探しだけでなく、転職に成功しやすい履歴書などの書き方だけでなく、面接対策をしてくれます。転職回数の多さを活かした仕事を紹介してくれる可能性もありますので、一度頼ってみてはいかがでしょう?

 

ホテル・旅館への転職をご検討中の方は、宿泊業界に特化した転職支援サービス「おもてなしHR」にご相談くださいね。お問い合わせをお待ちしております。

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる
採用でお困りの企業様へ
宿泊業専門の求人サイトに求人を載せませんか?
おもてなしHRの特徴
1
意欲の高い求職者
アプローチ可能!
2
ご要望に応じて
最適プランをご提案
3
何名使用しても
追加料金はかかりません
資料ダウンロードはこちら

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る