非常勤や契約社員の履歴書・職歴欄の書き方は?フリーランスや個人事業主はどう書けば良い?

転職経験が少なければ、履歴書・職歴欄の記入に戸惑う方は多いはず。非常勤や契約社員など、就業者数の少ない雇用形態で働いていた経歴がある方であればなおのことでしょう。非常勤・契約社員・フリーランスの経歴は、どのように記入すべきなのでしょうか。履歴書・職歴欄の書き方の基本ルールとあわせてご紹介します。

履歴書・職歴欄に書く「職歴」とは?

職歴は、職務経歴の略称です。つまり、履歴書の職歴欄は、これまで働いてきた職場やその職場での業務内容について記入する欄と言えるでしょう。

 

履歴書における職歴は、一般的に「社会人になってからの仕事」を記入するものと考えられています。よって、学生時代のアルバイト経験を記入する必要はありません。

 

しかし裏を返せば、社会人になってからのアルバイト経験は記入しても良いということ。これはどの雇用形態にも共通して言えることであり、非常勤・契約社員・フリーランスなどの職歴も記入した方が良いとされています。

 

履歴書・職歴欄の書き方の基本

iStock.com/izusek

 

非常勤・契約社員・フリーランスなどの職歴を履歴書に書く場合は、基本ルールに沿って、正しく記入しなければなりません。まずは、履歴書・職歴欄の書き方の基本ルールを押さえておきましょう。

 

企業名・部署・職種は正式名称で記入

勤め先は、正式名称で記入するのが基本のルールです。(株)などの略称で記入しないよう、注意しましょう。また、部署や職種も企業名と同様に、正式名称で記入する必要があります。

 

正社員以外は雇用形態がわかるように記入

履歴書・職歴欄には、いつから勤め始めたのかを記入する必要がありますが、「企業名+入社」という表記は「正社員登用」と捉えられることが一般的。つまり、非正規雇用者が雇用形態を記入しなければ、意図的ではないにしろ経歴詐称となってしまうのです。

 

よって、正社員以外の雇用形態で働いていた方は、忘れずに雇用形態を記入しましょう。

 

「入社」「在籍中」「退職」を記入

採用担当者が履歴書の職歴欄から得たい情報は、その職場にどれぐらいの在籍しているのかということと、いつから働き出すことができるのか、という2点です。

 

「入社年月」「退職年月」を記入するのはもちろんですが、在籍しているのか、既に退職したのかもしっかりと明記するようにしましょう。

 

業務内容は簡潔に記入するのがおすすめ

職歴欄に余裕があれば、勤め先で行っていた業務内容を簡潔に記入するのがおすすめです。記入があることで、採用担当者は応募者のスキル・経験がイメージしやすくなります。きっと、選考がスムーズに進むはずですよ。

 

次項からは、非常勤・契約社員・フリーランスの職歴を持つ方の、履歴書・職歴欄の書き方をご紹介します。アルバイト歴や派遣社員期間の記入については、下記記事をチェックしてみてください。

 

履歴書・職歴欄のアルバイト経歴の書き方を紹介!掛け持ちバイト・フリーター・パートの書き方のポイントも

 

派遣期間は履歴書・職歴欄にどう書く?短期派遣・直接雇用の書き方や書ききれない時の対処法も

 

履歴書・職歴欄の書き方:非常勤

市役所職員や学校・医療・介護・保育の現場では、「非常勤」という働き方も珍しくありませんよね。

 

非常勤の扱いは業界によってバラツキがあるようですが、常勤よりも勤務時間が短いことが大半です。よって、履歴書・職歴欄にもその旨を記入しておくのが賢明でしょう。下記は、非常勤保育士の職歴の記入例です。

履歴書・職歴欄の書き方(非常勤)

©nextbeat

 

なお、「勤務先名+非常勤〇〇として入職」という形で記入しても問題はありません。

 

履歴書・職歴欄の書き方:契約社員

契約社員の場合も、下記のように雇用形態を括弧書きで記入しておきましょう。

履歴書・職歴欄の書き方(契約社員)

©nextbeat

 

契約社員の職歴で気を付けたいのは、「退職」の表記です。

 

契約期間満了後の退職であれば、「一身上の都合により退職」などではなく、上記のように「契約期間満了につき退職」と記入する方が好印象に映ります。契約期間を働きぬいたのであれば、ぜひ記入しましょう。

 

履歴書・職歴欄の書き方:フリーランス・個人事業主

フリーランスはそもそも会社に属していないため、「入社」や「退職」という言葉を使用するのは不自然ですよね。フリーランスであることを履歴書・職歴欄に記入する際は、開業届の提出の有無により違いが生まれます。それぞれの書き方をみていきましょう。

 

開業届を出している場合(個人事業主)

履歴書・職歴欄の書き方(個人事業主)

©nextbeat

 

開業届を出している場合は、「個人事業主」であることを名乗ることができます。開業届提出時にも記入した「業種」とあわせて、記入しておきましょう。

 

開業年月の1行下に「事業内容」や「屋号」を記入すれば、より採用担当者はイメージしやすくなるはずです。企業で言うところの「退職」は「廃業」と記入するのが正しいルールですので、記入時は注意してくださいね。

 

開業届を出していない場合(フリーランス)

開業届を出していない場合は、「開業」という言葉は使用できません。よって、下記のように「活動」や「開始」という言葉を用いるようにしましょう。

履歴書・職歴欄の書き方(フリーランス)

©nextbeat

 

「個人事業主=開業届を出している」という印象を受ける方も少なくなりませんので、開業届を出していなければフリーランスと記入しておくのが無難です。企業で言うところの「退職」は、「活動停止」と記入しましょう。

 

非常勤や契約社員は履歴書・職歴欄に正しく記入!

iStock.com/recep-bg

 

非常勤・契約社員・フリーランスなどの非正規の働き方をしていた方であれば、どうしても履歴書の職歴欄の記入に戸惑ってしまうもの。しかし、雇用形態を記入しなければ、意図的ではなくとも経歴詐称になってしまいます。

 

経歴詐称とならないためにも、また正社員ではなくても常識があることを示すためにも、正しい表現を用いた履歴書を作成してくださいね。

 

履歴書「学歴・職歴欄」の書き方《職歴編》|アルバイト歴は書く?職歴なしは?転職・パート応募のポイントも

 

履歴書の書き方徹底ガイド!テンプレートと見本付きで封筒・学歴・職歴・志望動機・写真のポイントを一挙

 

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る