2020年・ボーナスの使い道ランキングを発表!失敗しないボーナスの使い道を考えよう

新型コロナウイルスの影響で景気が冷え込んだ2020年。夏と冬のボーナスはどのようなことに使われたのでしょうか。ボーナスの使い道をランキング形式で紹介します。失敗しないボーナスの使い道についても併せて解説していますので、マネープランを立てる参考にしてくださいね。

手堅く?パーッと?2020年のボーナスの使い道

使い道を考える

BSDC- stock.adobe.com

 

2020年は新型コロナウイルスの影響で夏・冬ともに社会全体でボーナスの支給額が芳しくありませんでした。大企業でもまったく支給されない、支給額が大幅ダウンしたというニュースが話題になりましたよね。

 

厳しい状況だった2020年のボーナスは、どのようなことに使われたのでしょうか。ボーナスの使い道をランキング形式で紹介します。記事の後半では、後悔しないボーナスの使い道についても見ていきましょう。2021年以降の使い道を考える参考にしてくださいね。

2020年・夏冬のボーナス使い道ランキング!

Pontaリサーチによると、2020年・夏のボーナスの使い道ランキングは以下の通りです。

 

  • ・1位 預金・貯金
  • ・2位 宿泊旅行
  • ・3位 普段の食費
  • ・4位 外食
  • ・5位 衣類

 

6位以下は財形貯蓄、ローンや借り入れの返済、日帰り旅行、お取り寄せなどの特別な食品、子供の教育費がランクインしています。また、ボーナスが支給されない・分からないと回答した人は全体の48.6%でした。

 

続いて冬のボーナスはどうだったのでしょうか。同じくPontaリサーチの結果を見ていきましょう。

 

  • ・1位 預金・貯金
  • ・2位 宿泊旅行
  • ・3位 外食
  • ・4位 普段の食費
  • ・5位 衣類

 

6以下は財形貯蓄、お取り寄せなどの特別な食品、ローンや借り入れの返済、株式、日帰り旅行と続いています。ボーナスの支給がない・分からないという回答は46.4%で、冬のボーナスとしては過去最大の割合だそうです。

 

夏・冬ともに7年連続で1位は預金・貯金です。また、普段の食費やローンなどの返済といった、生活のための使い道がランクインしている一方で、宿泊旅行や外食などが上位に食い込んでいます。

 

新型コロナウイルスの流行で経済的な余裕が減ったとはいえ、GoToキャンペーン・GoToイートが消費を促進させたのではないでしょうか。

 

また、自粛疲れのストレスを解消するため、少ないボーナスで日帰り旅行やお取り寄せグルメといった、ちょっとした贅沢を楽しむ人が多かったと伺えます。

 

参照:2020年夏のボーナスについて/Pontaリサーチ調べ

 

参照:2020年冬のボーナスについて/Pontaリサーチ調べ

失敗しないボーナスの使い道とは

2021年1月の時点では、新型コロナウイルスの収束の兆しは見えていません。この先何年かはボーナスの金額に、期待できない状況が続くのではないでしょうか。

 

これまでボーナスを計画的に使ってこなかった!という人は、今こそ見直すべき時です。後悔しないボーナスの使い道を見ていきましょう。

有効なボーナスの使い道

ボーナスは毎年必ず支給されるものではありません。「貰って当然」と考えるとつい無駄遣いをしてしまいがちです。貰えるかどうか定かではない貴重なお金であると認識し、大切に使いましょう。

 

もっとも後悔しない使い方は、7年連続ランキング1位に輝いた「預金・貯金」です。「貯金に回しすぎて後悔した!」という話は聞いたことがないですよね。

 

数年前から言われている「老後2000万円問題」に加え、今はコロナ禍です。将来の準備をよりしっかりと整えるためにも、少なくともボーナスの半分程度は使わずに残しておくのが賢明ではないでしょうか。

 

また、ローンや借り入れの繰り上げ返済に使うのも良いでしょう。繰り上げ返済した分だけ利子が減るので、その後の返済が楽になります。

 

ただし、せっかくボーナスが支給されたのに我慢してばかりでは働く喜びが感じられず、経済も回りません。ボーナスの3割程度であれば、好きなことに使っても良いでしょう。

 

欲しいものを買うにしろ、行きたい場所に行くにしろ、それでモチベーションが上がるなら無駄遣いではないはずです。

 

無計画な衝動買いは良くありませんが、お金を使って賢く楽しむ方法もあります。例えば、頑張って働いた自分へのご褒美を買う場合、プラチナや24金のジュエリーにすればいざという時に換金できます。

 

使い込んで小傷が付いたり、デザインが流行遅れになったりしても、地金の価値は変わらないのが良いところ。気分を上げつつ資産の分散にもなる、かしこい買い物ではないでしょうか。

 

また、旅行も旅ブログの運営でお金を生み出せる可能性があります。買って終わり・行って終わりにするのではなく、何かしら利益を得られる使い道を考えましょう。

 

何かしらのリターンがあるかどうかを考えたいところですね。

避けるべきボーナスの使い道

ボーナスを有効に使うためには、常日頃からお金に対する意識を高く持つことが必要不可欠です。

 

ありがちな失敗は、家計の赤字をボーナスで補おうとすることや、ボーナスを見込んで高い買い物をすることです。

 

ボーナスは、企業がリスクを管理するためのもの。普段の給料を低く抑え、利益が出た分だけ従業員に分配されるという仕組みです。経営が悪化すれば、ボーナスカットや支給そのものが無くなり、たちまち首が回らなくなるでしょう。

 

また、支給されたとしても赤字の補填やクレジットカードの支払いにほどんど消えてしまえば、ボーナスを貰った実感が湧きませんよね。すると、お金に対する感度が下がって「気が付くといつもお金がない人」になってしまいます。

 

ボーナスで家具や家電を購入することも考えものです。無駄遣いではありませんが、普段の生活に使うものは普段の給料から、計画的に捻出して購入しましょう。そうすれば、ボーナスが出ても出なくても便利な暮らしができますよね。預金・貯金に回せる額も増えます。

 

そしてもちろん、ギャンブルや衝動買いに全額つぎ込むなどはもってのほかです!苦労した貰ったボーナスがあぶくのように消える前に、どうか立ち止まってください。

ボーナスの使い道はよく考えて!

やりくり

NOBU- stock.adobe.com

 

前の項目でも伝えたとおり、ボーナスは貰えることが当たり前では無いのです。2020年は新型コロナウイルスの流行で、そのことが浮き彫りになりましたよね。

 

ボーナスを当て込んだ消費を続けていては、この先暮らしていけなくなるかもしれません。普段の給料できちんとやりくりをするのが困難であれば、転職を視野に入れてみましょう。

 

コロナ不況の中でも、時代のニーズをキャッチした将来性のある企業もあるはずです。ホテル・旅館への転職は、私たちおもてなしHRがサポートします!

 

なお、ボーナス・賞与の関連記事は、こちらのリンクにまとめてあります。ぜひご参照ください。

 

ボーナス・賞与に関する疑問を解消しよう!関連記事をまとめて紹介!

 

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る