社風が合わないストレスを解消!社風が合わない原因と社風の見極め方とは

入社しないと見えてきづらい社風ですが、働く側にとって社風が合う、合わないは働きやすさに大きく影響します。「社風が合わない」と感じるストレスから、会社を辞めるべきか悩んでいる方もいらっしゃるかもしれません。そこで、社風が合わないことでストレスになる原因や社風の見極め方を解説いたします。

社風が合わないストレスで転職してもいい?

社風とは、企業それぞれが持つ雰囲気や信念、価値観のことを指します。

 

経営理念や会社が培ってきた企業文化と混同されやすいですが、社風はその企業で働く社員の考え方や会社の規模が影響する、いわば「人柄」のようなもの。

 

社風が合うか合わないかは、個人差が大きく感覚的なものに近いため、人によって社風が良いかどうかの基準も変わってきます。

 

例えば「上下関係を重視している社風が窮屈」と感じる人もいれば、「メリハリがしっかりしていて働きやすい」と捉える人もいます。

 

このように、社風が合っているかどうかは人それぞれであるため、自分が望む働き方ができなかったり、自分の性格に合っていなかったりすることで「社風が合わなくてストレス」だと感じてしまうのでしょう。

 

ですから、入社後にギャップを感じて、社風を理由に転職や退職を検討する方は少なくありません。

 

そこで、社風が合わないと感じるストレスの原因や対処法を知って、自分自身が「社風が合わない」と感じたら、どうするべきかを考えていきましょう。

社風が合わない!ストレス例と原因とは

社内のストレス

JackF – stock.adobe.com

 

働く人によって捉え方が違ってくる社風ですが、社風が自分に合わないと感じたことでストレスになる原因には、一体どんなものがあるのでしょうか。

 

ストレスの原因別にご紹介していきますので、ご自身の状況と似た部分がないか照らし合わせてみてください。

 

また、自分が求める社風が良い会社とは?どんな会社が自分に向いているのか?など、自己分析しながらチェックしていきましょう。

社風が合わない理由①:人間関係や職場の雰囲気

仕事を続ける上で、職場における人間関係を重要視している方は多いはずです。

 

人間関係の良し悪しは、職場全体の雰囲気を大きく左右するものでもあり、社風の核となる部分ともいえるでしょう。

 

例えば、体育会系の社風であれば、上司と部下、先輩と後輩の上下関係を重視する傾向が強いため、上からの指示を厳守する風土が見られたり、プライベートまで干渉されたりなど、体育会系の雰囲気に慣れていない人にとっては大きなストレスを感じてしまいます。

社風が合わない理由②:評価や価値観の違い

社歴が長い企業では、古い慣習が残っている場合があります。代表的な例としては、女性より男性が優位な立場である雰囲気などです。

 

さらに、個々に対する評価制度が曖昧、新しいチャレンジが許されない風習も、働く側のストレスに。仕事で平等な評価を得たい人にとっては、曖昧な評価基準によって理不尽に感じたり、偏った価値観を感じたりすることで、納得いかない思いを抱えることとなります。

 

また、やる気のない人が多い職場の場合、責任感が強い人にとっては不満が募る環境だといえるでしょう。

社風が合わない理由③:仕事に対する進め方

何か1つの決め事をするたびに、会議や稟議が必要で決定までが長い社風も、スピード感を求める人にとっては「社風が合わない」と感じる原因に。

 

打ち合わせや会議ばかりで進めておきたい仕事が滞ってしまっては、ストレスも溜まってしまいますよね。

 

ホテルや旅館業といった接客業では、お客様からのクレームや要望に迅速な対応が求められるため、意思決定が遅い環境に苛立ちを覚えやすいといえます。

社風が合わないことで感じるストレスへの対処法

社内ミーティング

deagreez – stock.adobe.com

 

社風が合わずにストレスとなる原因は、働く側の捉え方によってさまざまですが、「社風が合わない」と感じてしまったらどうすればいいのでしょうか。

 

これから紹介する2つのポイントを元に、振り返ってみましょう。

 

  • ・耐えられない理由をもう一度考えてみる
  • ・環境を変えることで状況が改善しないか考えてみる

 

まずは、自分にとって「社風が合わない」とは何か、合わないことで感じるストレスが何かを掘り下げてみることです。

 

その上で、耐えられない原因が本当に改善されないものなのか、考えてみる必要があります。

 

人間関係や仕事の進め方など企業が持つ社風はそれぞれであり、どのような企業に勤めたとしても少なからず社風の合う、合わないは出てくるでしょう。

 

例えば、今いる部署の人間関係がストレスである場合、仮に部署異動をお願いしても問題が解決しないとあきらめていませんか?

 

異動することで改善に向かわないか考えてみるなど、将来的に状況が改善されないのか冷静に判断することが必要です。

 

耐えられない原因が多く環境の変化も見込めない場合は、転職も視野に入れてみてもいいでしょう。

 

転職後、社風が合わないことで再び悩まないためにも、今抱えている問題ともう一度向き合ってみることが大切ですよ。

会社の社風を見極める方法とは

パソコン

Brian-Jackson – stock.adobe.com

 

社風が合わないことでストレスを感じている方の中には、転職をしようか悩んでいる方もいらっしゃるでしょう。

 

そこで、入社後のギャップを減らすためにも、今後転職を考えている方も知っておきたい会社の社風を見極めるポイントをご紹介いたします。

 

  • ・会社のHPやSNSから価値観や雰囲気を探る
  • ・働いている人から人間関係や雰囲気の情報を得る
  • ・ホテルや旅館へ実際に足を運んでみる
  • ・転職エージェントに確認する

 

まずは、会社のHPや口コミサイトなどから情報収集をしてみましょう。その際、口コミの評価等は、あくまでも個人の意見と参考程度に捉えておくことが大切ですよ。

 

また、会社内で行っているイベントの様子や取り組みが載っていれば、会社の雰囲気を知ることができます。

 

実際に働いている人に会社の雰囲気や人間関係を確認できることが一番ですが、必ずしもそうできるわけではありませんよね。

 

宿泊業界で勤めたいと考えている場合は、実際にホテルや旅館へ足を運んでみるなど、自分自身でリサーチすることが可能です。

 

ですが、足を運べない場合などは転職エージェントを活用して、企業の社風や特徴を確認する方法もおすすめです。

 

人材サービス会社には、企業の待遇や特徴を把握する転職アドバイザーがいる場合が多いので、自分が働きたい企業の風習や雰囲気を伝えて紹介してもらうことができます。

 

自分に合った方法で、企業のリサーチを事前にしっかりと行いながら、「社風が合わない」ストレスから抜け出しましょう!

社風が合わない理由を整理して転職するかどうか考えてみよう

話し合う

golubovy – stock.adobe.com

 

人によって感じ方や捉え方が違う社風ですが、どうして社風が合わないと感じるのかを整理することが重要です。

 

自分が抱えるストレスの原因を整理して、改善される見込みがない場合は、転職を検討してみてもいいでしょう。

 

おもてなしHRでは、専任の転職アドバイザーが、ホテル・旅館業界で働きたいみなさんのお仕事探しを、無料でサポートします。

 

ホテル・旅館などの宿泊業界に転職や就職をお考えの方は、お仕事経験の有無・希望職種を問わず、あなたにピッタリの職場・仕事を紹介いたしますのでぜひ、相談してみてくださいね。

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る