採用をお考えの法人様へ
無料 転職サポートに申し込む

寮生活はストレスばかり?メリットとデメリットをご紹介。女性に優しい寮はシングルマザーにも人気がある!

社会人としての新生活がスタートするときには、住む場所をどうするかを考える必要があります。一人暮らしをする必要がある場合は、社宅に住むか家賃補助を受けて賃貸物件に住むか、社員寮に住むかなど、様々な選択肢があります。

社会人の寮生活

iStock/SolStock

 

新入社員の場合は特に、家賃を安く抑えたいという思いを持つ人も少なくありません。初めて地元を離れるような新社会人の場合は、新しい土地での生活に不安をもつこともあり、安心して住むことが出来る場所として、寮を選択する人もいるようです。

 

社員寮での生活

 

社員寮に住むのは、新社会人や新人であるようなイメージが強いかもしれません。

 

社員寮は、企業が福利厚生の一環として社員向けに提供している住居施設で、一般的には新入社員や独身社員、単身赴任者などを対象としています。

 

企業の中には、入居年数に制限を設けている場合もありますが、社会人生活に慣れたタイミングや結婚などのライフスタイルの変化に合わせて、社員寮から離れることが多いようです。

 

寮生活のメリット

iStock/NoSystem-images

 

ここでは寮生活のメリットについてご紹介します。費用負担に関するメリットが一番大きいかもしれません。

 

住居費が安い

 

社員寮の家賃は、賃料の一部または全額を企業が負担します。

 

一般的な賃貸物件に入居する場合に発生する、敷金や礼金・仲介手数料・保証会社の保証料などといった初期費用も必要ありません。

 

近隣の家賃相場よりも安く、住居費を抑えられるのが最大のメリットです。その分、将来のための貯蓄も可能になり、給与があまり高くない新入社員の人には魅力的と言えるでしょう。

 

光熱費が安い

 

単身者向けの社員寮の多くは、朝夕の食事の提供も行っているのが一般的です。

 

食費が抑えられるだけでなく、栄養バランスの取れた食生活ができることもメリットです。

 

食費、光熱費が寮費にふうまれている場合や全て一律で請求されることもあり、賃貸物件での生活よりも安く済ませることができます。

 

最近では、通信環境が整えれられている社員寮も増加傾向にあり、煩わしい契約が不要なことも、社員寮のメリットとも言えるかもしれません。

 

家財道具が不要

 

地方から都心へ就職する場合、自分で住まい探しをするのは大きな負担になります。

 

新しい住居に住む場合には、家具や家電、家財道具一式を揃えることが必要です。

 

社員寮の場合は、基本的に備え付けのものが使えるので、新しく購入する物が少なく済み、引っ越しにに必要な荷物を減らすことができます。

 

同僚との仲が深まる

 

ひとりで生活をするということは、楽しみもありながら不安も感じるものでしょう。特に、新社会人の場合や、親元を離れる場合などは強く感じるのではないでしょうか。

 

寮生活の場合は、住んでいるのは同じ企業の同僚や先輩です。新入社員の入居時などは歓迎会なども開催されることもあるようですし、自然と交流が生まれる環境です。

 

中には部署が違う人や上司など、会社の中では会話をする機会の無い人とも、社員寮の中では交流することもあるでしょう。

不安や悩みを相談できる存在が近くにいるのは、非常に心強いことです。

 

寮生活のデメリット

iStock/skynesher

 

メリットもあればデメリットもあります。金銭的な負担が少ない分、我慢が必要になる部分はありそうです。

 

設備が古い

 

当然のことですが、経年によっては設備の古さを感じることはあるようです。特に水回りなどは、老朽化による不便さもあるかもしれません。

 

せっかくの新しい生活だから新しいものに囲まれたい、と思っている人にとってはデメリットと感じる部分かもしれません。

 

職場との境目があいまいになる

 

仕事に慣れてくると緊張も溶け、オンとオフを分けることができるようになります。

 

社員寮の中に上司がいる場合など、職場の立場を忘れることが難しく、常に緊張状態になってしまうこともあります。

 

また、社員寮は会社が所有するものなので、あちこちに会社のロゴや会社名の入った物を目にすることもあります。

 

職場を離れた後も職場と同じ光景が見えると、境目がないように感じてしまうかもしれませんね。

 

ひとりになることが難しい

 

社員寮には、個人の専用スペースと共用スペースの両方があります。

共用スペースは食堂や大浴場のような場所で、利用時間が決められていることが一般的です。

 

ひとりで過ごしたいと思っていても、部屋を出れば誰かがいるといったことは当然ありますし、寮での生活は完全にひとりになることが難しい環境です。

 

ルールや規則がある

 

寮にはそれぞれ、規則があります。規則に煩わしさを感じて、寮生活を躊躇する人も少なくないでしょう。

 

代表的なのは、門限かもしれません。社会人になってまで門限が決められているなんて、思うこともあるかもしれませんね。

 

他には共用スペースの掃除担当などもあるようです。こういったルールを面倒に感じる人もいるでしょう。

 

寮生活のマナー

iStock/Zinkevych

 

寮生活で守らなければならないのは、決まった規則だけではありません。規則にするまでもない、社会人として守らなければならない基本的なマナーも無視してはいけません。

 

守るは規則だけなはない

 

寮生活の中で守らなければならないのは、規則だけであはありません。挨拶や共有スペースの整理整頓、特に注意が必要なのは騒音への配慮です。

 

それらのマナーが守られないことがストレスになることも多くあります。

同僚であっても他人ですし、マナーに対する意識も人それぞれです。同僚であっても他人であること、他人であっても同僚であること、そのバランスを考えた生活が求められるのが寮生活です。

 

マナーを守らないことが原因で、不必要にマイナスイメージを持たれてしまうと、働くうえでのコミュニケーションにも影響を与えかねません。

 

社会人としての基本マナー、生活マナー守ることは、寮生活に限らず当然とも言えることです。

 

女性の働き方を考慮した寮もある

iStock/kohei_hara

 

社員寮の中には、女性の働き方を応援していたり、女性が安心して暮らせる工夫がされた寮もあります。

 

女性の寮生活

 

寮の中には、女性限定して安全・安心が確保された寮もあります。

旅館や看護師など、比率的に女性の方が多い業種ではそういった寮も用意されています。

 

基本的には、単身者のみの利用とされてる社員寮でも、シングルマザーの利用は可能であったり、託児所が完備されている寮もあります。

 

社員寮と職場との距離の近さや、いざとなったら頼れる存在が近くにいることも、寮生活のメリットになるかもしれません。

 

金銭的な負担も少ないことから、子育てと仕事を両立させるために、寮生活を選択する人もいるようです。

 

社会人の寮生活はストレスばかりではない

iStock/TAGSTOCK1

 

社員寮と聞くと、規則があることを気にしてデメリットばかりを考えてしまう人もいるかもしれません。

 

ストレスを感じるのは、寮生活に限ったものではありません。アパートやマンションなどの集合住宅の場合も、マナーが守られないなどの理由でトラブルが起こることもあります。

 

社員寮にも規則はありますが、学生とは違ってそこまでの厳しさは無い印象です。

 

金銭的な負担や、栄養バランスの取れた食事など、社会人生活に慣れるまでは、メリットの方が多いかもしれません。

 

地方の旅館などでは、寮での住み込みが基本になってる場所もあります。気になることは事前に問い合わせてみると良いでしょう。

 

有名宿泊施設で働きませんか?

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る

関連記事