ホテルの「ベルマン」と「ドアマン」の違いって?役割・仕事内容を紹介!

ホテルで耳にするベルマンとドアマンですが、日本ではあまり馴染みのない仕事であるため、同じような仕事をするというイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。しかし、両者にはそれぞれ違う役割があります。ホテルのベルマン・ドアマンの役割や仕事内容をご紹介しますので、仕事探しにお役立てください。

ベルマンとドアマンの違いがわからない!

iStock.com/PamelaJoeMcFarlane

 

チェックアウト前・チェックアウト直後にお客様を担当するドアマンとベルマンは、ホテルを印象付ける重要な役割を持っています。では、ドアマンとベルマンにはどのような違いがあるのでしょうか。

 

ベルマンとは?

ベルマンとは、お客様のチェックイン後・チェックアウト前に荷物を客室やロビーに運んだり、客室までの案内を行うスタッフのことです。

 

「ベル」の由来は、ロビーでお客様を呼び出す際に使用されていた案内板に、お客様の注意を引くための鈴がついていたことが始まりとされています。

 

ベルマンの他に、ベルボーイ・ベルガール・ベルホップ・ポーターと呼ばれることもあり、ヨーロッパ系のホテルではページと呼ぶこともあるようです。

 

ドアマンとは?

ドアマンとは、お客様がホテルへ到着した際にドアを開け、安全に館内へと案内をするスタッフです。車の手配や誘導を行うことに加え、警備員の役割を担うことも多いようです。

 

海外のホテルの場合、お客様の扱いに慣れており体格の良い方がドアマンとして選ばれることが多いことから、ベテランの男性がドアマンに多いという特徴もあります。

 

ベルマン・ドアマンの違い:役割

iStock.com/KLH49

 

ベルマンとドアマンには、それぞれホテルからどのような役割が与えられているのでしょうか。みていきましょう。

 

ベルマンはホテルロビーの現場責任者

ベルマンは、お客様とホテルを繋ぐ仕事を任されています。そのため、ドアマン・フロントとの連携を取ることが多く、ロビーの現場責任者のような役割を担っています。

 

またベルマンはお客様の大切な荷物を多く預かる仕事です。特にパッケージツアーなどの団体客が押し寄せるタイミングではベルマンがしっかりしていないとホテル全体の信用に関わるため、責任はより大きくなることでしょう。

 

ドアマンはホテルの第一印象

ドアマンは、接客する時間こそ長くないものの、お客様がホテルに到着して真っ先に関わりを持つ従業員であるため、ホテルの第一印象と言っても過言ではありません。

 

中には、ホテルを何度も利用してくださるお客様の顔・氏名・会社や役職・車種・車のナンバーを含め、何十人・何百人と記憶している名物ドアマンもいるようです。ドアマンの人柄に惹かれ、宿泊するお客様がいるということも頷けます。

 

ベルマン・ドアマンの違い:仕事内容

iStock.com/SolStock

 

ベルマンとドアマンは、ホテルから具体的にどのような仕事を任されているのでしょうか。ベルマン・ドアマン両者の仕事内容の違いをご紹介します。

 

ベルマンの仕事はホテル内で行われる

ベルマンの仕事は、ホテルの中で行われます。前述の通り、お客様の荷物を運ぶことをメインに、客室までの誘導・客室や館内の案内を行うのがベルマンの主な仕事です。

 

また、お客様の出発までの荷物の保管を行うのもベルマンの仕事であり、チェックアウト時には大量の荷物の積み下ろしが必要となるため、体力・スピード・正確さが求められます。

 

キャリアアップを行えばベルキャプテンという役職に置かれ、ホテルの玄関となるロビーでお客様の動きを読みオペレーションを組む第一線の現場責任者となるため、ベルマンをホテルマンの第一歩と位置づけるホテルも多いようです。

 

ベルマン・ベルスタッフの仕事内容を詳しく知りたいという方は、下記記事も参考にしてみてくださいね。

 

ベルスタッフの仕事内容とは?やりがい、必要な資格・スキル、キャリアステップについて

 

ドアマンの仕事はホテル外で行われる

ドアマンの仕事は、基本的にはホテルの外でのみ行われます。

 

お客様の到着に合わせ車のドア・正面玄関のドアを開け、ホテル館内へとご案内するのが主な仕事です。お客様のお迎えとお見送りのほか、玄関前や駐車場の交通整理、館内や館外のインフォメーションを行うのもドアマンの仕事とされています。

 

また、不審人物のシャットアウトを行う警備員としての役割も担っているため、男性の採用が多いようです。

 

国内でドアマンを専属で配置しているのは高級ホテルや外資系ホテルなどと、活躍の場は多くはありません。しかし、このようなホテルにはVIPが訪れることも多く、安全かつ安心して利用してもらうためにベルマン・フロントと上手く連携を取り仕事をこなすことが求められます。

 

ドアマンの仕事内容を詳しく知りたいという方は、下記記事も参考にしてみてください。

 

ドアマンの仕事内容とは?やりがい、必要な資格・スキル、キャリアステップについて

 

どのホテルでもベルマンとドアマンは分けられている?

ベルマンとドアマンの違いについてご紹介しましたが、実はベルマンとドアマンの機能をあわせて任せるホテルも多いため、明確に職種として分けているホテルは少ないようです。

 

よって、一口にベルマン・ドアマンとして求人募集がかけられていたとしても、ホテルによってはホテル外の周辺警備・送迎車のドライバー・客室案内までを任せられることもありますので、いずれか一方でキャリアを積み上げたいと考えている方は注意が必要です。

 

ただし、両者ともホテルの印象を大きく左右する役割を担っていることに変わりはありません。お客様へおもてなしを行う第一線として、ご来館いただいたお客様に適した感謝の言葉をかける、丁寧で正確な仕事を行うなどことが求められます。

 

ベルマン・ドアマンの求人が多いホテルは?

iStock.com/ablokhin

 

ベルマンやドアマンの求人は、国内の大手ホテル・高級ホテルや外資系のホテルが大半です。客室が多く、質の高いサービスを求めるお客様が訪れるようなホテルとイメージしていただければわかりやすいでしょう。

 

しかし絶対数が少ないため、ベルマン・ドアマンの求人募集が行われることはほとんどありません。そのため、国内でベルマン・ドアマンとして働きたいという方であれば、こまめに求人をチェックすることをおすすめします。

 

強い憧れを抱き、ベルマン・ドアマンとしていち早く働きたいという方は、海外に出て欧米のホテルに就職するのが近道でしょう。

 

ベルマン・ドアマンの求人探しは「おもてなしHR」!

iStock.com/LucaZola

 

ベルマン・ドアマンにあまり馴染みのない方も多いかもしれませんが、海外ではドアマンがお客様の車の乗降を助け、ベルマンがお客様の荷物を客室まで運ぶことが当たり前という感覚を持っている方もいます。

 

多くの知識と教養、高い接客スキルや広い視野が身に付くベルマン・ドアマンに憧れを持っているという方は、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

国内での求人を探す・待つ際には、当サイト「おもてなしHR」がおすすめです。求人数が少ないベルマン・ドアマンですが、おもてなしHRの就職・転職支援サービスに申し込み条件を伝えておけば、求人が出た際に専属アドバイザーがご連絡します。

 

登録・利用は無料ですので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

 

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る