採用をお考えの法人様へ 無料 転職サポートに申し込む

ホテル業界のボーナス事情は?ボーナスの有無や支給額について解説します

求職活動を進めるにあたり、月収額や年収なども収入については、だれも気にしていることです。労働条件を知るにあたり、一番先に確認する事項かも知れません。給与の一部でもあるボーナスは、支給の有無や支給額が企業毎で大きな違いがあります。大手企業のなかには非常に高額な額が提示されることもあります。ホテル業界では、どうなっているのでしょうか。

ホテル業界のボーナス事情

iStock/gerenme

 

ボーナスがもらえるかもらえないのか、支給額はいくらなのか、そういったボーナスに関わる事情を気にしている人は多いのではないでしょうか。

 

求職活動を進めるにあたり、ボーナスの有無は応募するかどうかの判断基準になることもあるかもしれません。

 

ホテル業界のボーナス事情はどうなっているのでしょうか。ボーナスの支給については、他の業界とは変わりありません。

 

正社員の募集があるホテルの求人票を見てみると、賞与年2回、賞与ありと記載されているのを目にします。中には、前年実績として、給与3か月分以上の額が支給された実績があるとアピールしているホテルもあります。

 

具体的な金額が記載されていることはありませんが、基本給や年収の記載内容からある程度の想定額は算出できるかもしれません。

 

ホテルのボーナスのしくみ

iStock/fizkes1

 

ボーナスも給料の一部です。

 

ボーナス額がしっかり出る企業の場合は月々の給料が若干低く、ボーナスの割合が全体の収入に比べて低いところでは、月々の給料が高い傾向にあります。

 

薄給と言われるホテル業界は、特にこの傾向が強いようです。

 

ボーナスの支払い時期や支払い回数に特段の規定はありません。

 

法律上必ず支払わなければならないものではなく、支払うと決めた場合のみ労働条件に加えられます。企業が、ボーナスを支払うという決まりを作った場合にだけ、支払い義務が生じるのです。

 

そのため、ボーナスが支給されない企業や年複数回支給される企業など、ボーナスに関する規定はさまざまです。一般的には、夏と冬といった時期に、年1~2回支給されているようです。

 

ボーナスの額は企業の裁量で決定されます。企業業績や今後の事業展開の見通し、各労働者の人事評価などを考慮して支給額を決定する方法があります。

他に、個人の労働に対する人事評価を考慮して支給額が決定されることもあるでしょう。

 

求人票に、前年比やこれまでの実績が記載されていることがありますが、約束されたものではないことは理解しておく必要があります。

 

求人票の通りの金額を見込んでいたら、実際にはそんなにもらえなかったということもありますので、注意しましょう。

 

ボーナスが高いホテル

iStock/takasuu4

 

ボーナスの支給があるかどうかだけでなく、いくらもらえるのかも大事な話です。

支給額は業績によって変動するものでもありますが、多くもらえる方が良いに越したことはありません。

 

ホテル業界の中には、比較的ボーナスの額が高いホテルがあります。

 

外資系ホテル

 

外資系のホテルは、豪華で宿泊料金が相場より高いことが多く、ボーナスの支給額も高い傾向にあります。

また、年功序列が重視される日本企業とは違い、実力や実績次第でステップアップが可能な社風も外資系ならではです。

 

経験やスキルがあれば、勤続年数に関わらず短期間の間に給与が上がり、それに伴ってボーナスの支給額も増額される可能性があります。

 

鉄道グループ系ホテル

 

鉄道グループ系のホテルは、豊富な資産を活かしたリゾート開発やラグジュアリーホテルの建設を進めています。客単価も高いことから、売上も高く、給与も高水準であることが比較的多いと言われています。

 

ホテル以外の様々な事業も展開しているため、安定した利益の確保も可能です。

 

鉄道系グループの場合、昔ながらの体制が残されていたり、従業員数が多いことなどから、短期間で給与を上げるとこは難しそうです。

ボーナスの支給額については、比較的高い傾向にはありますが、目標額に到達するまでの期間は長い目で考えると良さそうです。

 

社会情勢の影響を受けるホテル業界のボーナス

iStock/monsitj

 

ホテル業界は、社会情勢や景気の変動に大きく左右される業界です。

 

最近の話で言えば、新型コロナウィルスの感染拡大に伴って、宿泊客が大幅な減少し、倒産に追い込まれるホテルもありました。

 

新型コロナウィルスの影響で外出規制があった2020年4月には、稼働率が前年比で80%も減少したというホテルもあります。客室単価も下げざるを得ない状況であり、安定した収入の確保は困難な状況にあります。

 

逆に、大規模イベントや国際会議などによる安定的で大きな収入が見込める場合でも、影響力はは絶大です。

 

ボーナスの額や支給の有無は、業績によって変化します。現に、新コロナウィルスの影響から、ボーナス額が減少したり、支給が無くなったホテルも多くあるようです。

 

ホテル業のボーナス額は低い傾向にある

iStock/SDI-Productions

 

ホテル業界は薄給と言われることが多くあります。

 

ボーナスの支給の有無については他業種と変わりありませんが、基本給がベースになることも多いため、ボーナスの支給額は低い傾向にあります。

 

ボーナスの金額についてが公にされていない場合も多くあります。有無ばかりに捉われず、支給額の実績や見通しについても求職時に調べておくと良いでしょう。

 

また、個人のスキルや実績が評価されることもあるため、日々のスキルアップや資格取得に向けた努力を大切にして、効果的にアピールすることも重要かもしれません。

有名宿泊施設で働きませんか?

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る

関連記事