採用をお考えの法人様へ 無料 転職サポートに申し込む

20代の転職の悩みとは?20代の転職に対する悩みの解決策を紹介!

20代のうちの3人に1人が転職しているというデータがあるように、20代の転職者は意外にも多いものです。人間関係の悪さや、新しいことに興味を持ったということなどをきっかけに転職を検討しだす20代ですが、慣れない転職活動に悩みを抱える方も少なくありません。20代の転職者はどのような悩みを抱えているのか、その悩みはどのようにしたら解消できるのかとあわせ、宿泊業に転職したい20代の悩みをご紹介します。

20代の転職の悩みは経験が浅さが起因に

iStock.com/sampsyseeds

 

20代であれば、まだ1度も転職したことが無いという方もいることでしょう。多い方であっても、1~2回程度なのではないでしょうか。

 

20代が転職をする際に生まれる悩みは、若さ・経験の浅さによって引き起こされていることが大半です。では具体的に、どのような悩みを抱えながら転職活動を行っていたのでしょうか。

 

20代の転職者の悩みと、その解決策をご紹介しますので、ご自身が転職をする際にはぜひ役立ててくださいね。

 

20代の転職の悩みとは?

iStock.com/monzenmachi

 

20代の転職の悩みは若さが起因しているとご紹介しましたが、具体的にはどのようなことに悩む20代が多いのでしょうか。20代の転職者が悩むことが多い事柄をご紹介します。

 

やりたいことが定まらない

特に20代前半の転職者に多いのが、やりたいことが定まらないという悩みです。

 

20代前半で転職を検討しだした方のきっかけには、職場環境や人間関係の悪さ、仕事への飽きなどが上位に挙がってきます。

 

漠然と「なんだか居づらいから辞めようかな」、「新鮮味が無くなってきたな」というような心持ちで退職を決意した方であれば、やりたいことも明確でないままに転職活動を開始し、やりたいことがなかなか見つけられない・定まらないと悩む方も少なくないようです。

 

仕事の経験値が低い

20代前半から半ばの転職者の悩みに多いのが、自身の経験値の低さに対する悩みです。

 

転職をしたい業界・職種は決まっているものの、この程度のスキルで企業にアピールができるのか、また大したスキルが身に付かなかったため選考書類の表現に迷う、などという悩みを抱えながら転職活動を進める方もいるようです。

 

書類・面接などの選考が不安

どの年齢の20代であっても共通して抱く悩みの代表格は、書類選考・面接などへの不安です。

 

転職経験が無い20代であれば、転職活動の仕組みを理解する所から始まります。回数を重ねればなんてことのない履歴書や職務経歴書の作成であっても、初めてとなれば戸惑いも多いことでしょう。

 

また、20代後半では自身の転職回数の多さが気にかかるという方もいるようです。加えて、未経験業界・異業種などへの転職を検討している方であれば、年齢自体にも悩みを抱えるという方もいました。

 

20代の転職の悩みの解決策:慎重に職業選択をする

iStock.com/YinYang

 

20代の転職者の代表的な悩みを3つご紹介しましたが、それぞれの悩みは対策を打つことができます。20代の転職の悩みの解決策を、1つずつご紹介していきますね。

 

まず1つ目の「やりたいことが定まらない」という悩みは、「自己分析を徹底すること」で解消することができます。

 

20代は、社会全体で見れば経験はまだまだ浅いものです。そのため、自身を俯瞰して見ることが苦手・できないという方も多いことでしょう。人によっては、業務に追われるあまり、自身を顧みる時間を設けることができなかったという方もいるかもしれません。

 

しかし、自己分析をないがしろにしたまま転職活動を行えば、前職と同じ業界をなんとなく選択してしまったり、なんとなく興味がありそうな業界・職種を選択するという事態に繋がりかねません。これでは、数年後同じように転職を繰り返すことになる可能性が高いです。

 

人生はたった1度きりですから、自身に合った職場に長く勤めたいと願う方も多いはずですよね。その願いを叶えるためには、自分自身を理解する必要があります。

 

ですので、自分が本当にやりたいこと、第三者から見た時に認められていること、今後のキャリアビジョン・ライフプランなどを明確にする自己分析は、しっかりと時間をかけて行うようにしましょう。

 

20代の転職の悩みの解決策:スキル不足を補う

iStock.com/Choreograph

 

20代の悩みの2つ目、「仕事の経験値が低い」という悩みを解消するために必要なのは、在職中であるかどうかで取る策が分かれます。

 

在職中で、経験が浅いということを感じている方であれば、自身の成果・スキルを自信を持ってアピールできるようになるまで、現職で経験を積むのが良いでしょう。

 

応募者の自信の無さは、文章・表情・話し方などでを通じ、企業に伝わってしまいます。自信が無いまま転職活動を行っても、思ったような結果は得られない可能性が高いので、まずは現職場で自信をつけたうえで、転職活動に臨むことをおすすめします。

 

具体策としては、新しいスキルの習得・スキルの向上を図りたい旨を上司に相談してみることです。評価をしてくれている上司であれば、学習時間・リーダーなどのポジション・新しい取り組みを用意するなど、何かしら力になってくれることでしょう。

 

また、現職で頑張るうちに、転職の必要性を感じなくなるということもあるかもしれません。

 

一方、既に退職をし、転職活動を進めているという求職者であれば、表現や伝え方を工夫することで悩みを解消することができる可能性が高まります。

 

そもそも、企業が20代に期待していることは、ポテンシャルや仕事への向き合い方が真摯であるかどうかということが中心です。年齢が若ければなおのことでしょう。

 

もちろん成果や結果も大切ではありますが、20代であれば成果を得るまでの過程で工夫した点や、周囲への巻き込んだ経験などの思考力・行動力を重視する採用担当も多いはずですので、上手くいかないと感じる方は表現方法を変えてみてはいかがでしょうか。

 

20代の転職の悩みの解決策:選考対策をする

iStock.com/scyther5

 

20代の転職者が抱える3つ目の悩みである、「書類・面接などの選考への不安」を解消するためには、「自己分析」とあわせ「第三者から評価を受けること」が大切です。

 

前述の通り、20代は若さゆえに仕事に対する考え方がブレやすい年代です。そのため、まずは自己分析を徹底的に行い、自身の軸を1本にするようにしましょう。

 

その後に行っていただきたいのが、第三者からの評価を受けることです。

 

転職経験が浅ければ、履歴書・職務経歴書などの選考書類の作成方法や、適切な面接の進め方がわからないということもあるでしょう。手探りの状態で進める転職活動ほど、効率の悪いものはありません。

 

加えて、良し悪しは決して自分1人で判断しきれるものではありません。客観的に判断してもらう必要があります。ですので、可能であれば家族・友人などに頼み、フィードバックを受けるようにしてください。きっと、選考の通過率が向上することでしょう。

 

また、家族・友人などに頼りづらいという場合には、転職エージェントに頼るのがおすすめです。選考書類の添削や、面接練習に付き合ってくれるという転職アドバイザーも多くいるようですので、客観的な評価を知るために、ぜひ気軽に転職支援サービスを利用してみてくださいね。

 

宿泊業界に転職をしたい20代の悩みとは?

iStock.com/macniak

 

異業種・異業界からホテル・旅館などの宿泊業界に転職したいと考える20代の悩みは、「未経験での転職は可能かどうか」ということでしょう。

 

結論から言えば、宿泊業界を目指すのは未経験からでも全く問題ありません。募集求人で、未経験者歓迎を謳っているホテル・旅館は数多く存在します。

 

前職がサービス業であったり、人とコミュニケーションを取ることが好きという方は、なお歓迎されることでしょう。

 

宿泊業界では、一流の接客スキルが身に付くことや、訪日観光客へ接する中で語学力の強化にも期待が持てます。今後もさらにインバウンド需要が高まることが予想されているので、気になる方はぜひ応募してみてくださいね。

 

20代の転職に悩みを抱える必要は無い!

iStock.com/TAGSTOCK1

 

20代の転職の悩みの多くは、経験値不足によるものです。しかし、年齢が若いぶん、転職活動時にも高いポテンシャルを持ち続けられるはずですので、過剰に悩む必要は無いでしょう。自己分析をしっかりと行い自分の理解が深まれば、転職はきっと成功します。

 

売り手市場である今は、転職者にとって有利な状況です。加えて、多くの企業が若い優秀な人材を求めています。他年代と比較しても、未経験でさえ転職成功率が高い年代ですから、やりたいことが定まったという方は転職を前向きに検討してみてくださいね。

 

ホテル・旅館などの宿泊業であれば、当サイト「おもてなしHR」のアドバイザーが転職活動のサポートをすることも可能です。利用料は一切かかりませんので、「宿泊業界のことが知りたい」、「宿泊業界に飛び込みたい!」という方は気軽にご相談くださいね。

 

有名宿泊施設で働きませんか?

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る

関連記事