地方移住を計画しよう!移住のステップ・必要な費用・情報の集め方を徹底解説

都会で働くことに息苦しさを感じている方や、自然豊かな環境でのびのびと子育てをしたいと考えている方であれば、地方移住に興味を持つのは自然なこと。そんな移住を成功させるためには、計画を練ることが非常に重要です。情報収集・下準備・資金計画などの移住ステップとと、移住計画のポイントをご紹介しますので、しっかりと計画を立て、理想の移住生活をスタートさせましょう。

移住計画には8つのステップがある

iStock.com/oatawa

 

移住計画は、段階的にステップを踏むのがおすすめです。移住を考え出してから、移住生活をスタートさせるまでのステップは8つに分けることができます。8つのステップをみてみましょう。

  • ・STEP1:理想の移住生活・移住の条件を考えよう
  • ・STEP2:移住先の情報収集を行おう
  • ・STEP3:現地に足を運ぼう
  • ・STEP4:仕事を探そう
  • ・STEP5:移住先の住居を決めよう
  • ・STEP6:移住にかかる費用を計算しよう
  • ・STEP7:移住後の準備を進めよう
  • ・STEP8:移住生活スタート!

道のりが長いと感じた方もいるかもしれませんが、大まかにまとめればやることは3つだけ。情報収集・下準備・資金計画さえしっかりと考えられれば、れっきとした移住計画です。

 

STEP3~STEP6の下準備・資金計画を同時並行で進めることで、よりスムーズな移住ができるはずですよ。

 

移住計画の8つのステップを詳しく解説!

iStock.com/Melpomenem

 

移住計画の8つのステップについて、それぞれ詳しくみていきましょう。

 

STEP1:理想の移住生活・移住の条件を考えよう

まずは、移住の目的を明確にしましょう。自分のペースで仕事がしたい、地域住民と関わり合いながら生活がしたい、起業がしたいなど、さまざまな目的が思い浮かぶはずです。

 

目的をはっきりさせた後は、どんな環境であればその目的が達成できるのかを考えます。気候・住まい・仕事・プライベートの時間などのイメージを膨らませながら、理想の移住先の条件を並べてみてください。

 

STEP2:移住先の情報収集を行おう

条件が決まったら、理想の生活ができる移住先を探しましょう。

 

移住先を見つけるには、移住専門の雑誌を読む、インターネットで各自治体の移住・定住サイトを見る、移住マッチングサイトで情報を集める、移住フェアに参加するなどの方法がおすすめです。

 

移住先の目途が立ったら、移住先の自治体が行っている移住セミナーや移住相談会などに参加して、よりリアルな情報を集めましょう。その他の情報の集め方や、情報収集のポイントをご紹介している下記記事も、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

移住に関する情報はどうやって調べれば良い?5つの情報収集の方法と調べ方のポイントを解説

 

STEP3:現地に足を運ぼう

移住先を1つ、あるいは2つ~3つほどに絞ることができたら、実際に現地に足を運んでみましょう。「インターネットや自治体職員から集めた情報だけで充分では?」と思う方もいるかもしれませんが、足を使って得る情報には敵いません。

 

地域の匂いや雰囲気、地域に住む人々と空気感が合う・合わないということも移住先を決める重要なポイントですので、移住ツアーに参加したり、プライベートで足を運んだりして、下見をしておくのがおすすめです。

 

パッケージ型の移住ツアーや、オーダーメイド型の移住ツアーについてご紹介している下記記事も、ぜひ参考にしてみてください。

 

移住ツアーってどんなイベント?代表的な移住ツアーや婚活などのユニークなツアー事例を紹介

 

STEP4:仕事を探そう

移住の候補地に足を運ぶことと並行して行いたいのは、求人を探すことです。やりたい仕事ができるのか、どのぐらいの給料になるのかは、あらかじめ調べておくのが賢明でしょう。このタイミングで、転職活動を行う移住検討者も少なくありません。

 

ゼロから始める移住生活に憧れを持つ方もいるようですが、引っ越し費用や移住先での生活費・税金・ローンなどを考慮しなければ、生活をするだけで一苦労。理想の移住生活を送るためにも、必ず仕事の見当はつけておきましょう。

 

お試し住宅やUIJターンの制度を利用し、集中的に転職活動を行うのもひとつの手です。

 

STEP5:移住先の住居を決めよう

移住先の住居は、賃貸・空き家・中古住宅・新築一戸建てなど人によってさまざまですが、どんな住居を選ぶにしろ、住まいがないことには生活は始まりません。

 

最も現実的なのは、賃貸住宅からのスタートでしょう。ただ、移住先によっては、郊外にしか空きがなく、どこへ行くにも車が必要な立地だったり、そもそも求めている間取りの賃貸住宅がなかったり、ということも大いに考えられます。

 

移住前から住居を探し、必要に応じて住宅取得を検討しましょう。

 

STEP6:移住にかかる費用を計算しよう

移住する際に必ず発生する費用は、引っ越し代です。単身であれば、大抵は数万円程度の出費で済みますが、家族での移住となればそうもいきません。

 

また、移住してから仕事探し・転職活動をするのなら、最低3カ月分の生活費は確保しておきたいところ。移住前・移住後の生活でどれだけの費用がかかるのかは、あらかじめ計算しておきましょう。住宅取得・新車購入など、大きな出費を控えているのであれば、なおのことです。

 

準備しておく費用の目安は、下記記事で詳しくご紹介しています。

 

移住にかかる費用はどのくらい?地方移住の一人暮らしの生活費の目安や事前に用意すべき費用を紹介

 

STEP7:移住後の準備を進めよう

移住先選び・仕事探し・住居の決定が落ち着いたら、現住所からできる手続き・準備を進めていきましょう。

 

退職のスケジュールを決める、引っ越し業者を決める、移住の支援金・補助金の受け取りに必要な書類を揃える、などがその例です。移住後、数カ月先の生活までイメージしておけば、新生活の不安は最小限に抑えられるはずですよ。

 

STEP8:移住生活スタート!

引っ越しを終えれば、いよいよ移住生活がスタートします。荷ほどきを行い、理想とするおうち作りを始めましょう。

 

ただし、役所での手続きや近隣の住民への挨拶は、忘れないうちに済ませておいてくださいね。

 

移住計画のポイント

iStock.com/Georgijevic

 

移住計画の8つのステップをご紹介しましたが、計画を立てる時は、どのようなことを意識して進めるのが良いのでしょうか。移住計画を立てるうえで重要となる、3つのポイントをご紹介します。

 

移住の条件はしっかり家族と話し合おう

家族で移住を検討している場合は、家族間で意見のすり合わせをしておくことが最も重要です。家族が多ければ多いほど、条件の設定は難しくなるでしょう。しかし、誰かに我慢が偏るようであれば、せっかくの移住生活が台無しになってしまいます。

 

夫婦2人であれば、夫婦間でしっかりと話し合いを行いましょう。子どもがいる、あるいは将来的に出産を考えている家庭であれば、子育て・教育環境も踏まえて移住先を選ぶのがおすすめです。

 

仕事を決めてから移住しよう

移住後に待っているのは日常生活です。たとえ、夢のような生活を思い描いていたとしても、生きていくためにはお金が必要。よって、「STEP4:仕事を探そう」でもご紹介したように、移住前から仕事の見当をつけておくのが重要です。

 

フリーランスや自営業で生計を立てる予定の方は、どの地域を選んでもさほど違いはないでしょう。しかし、会社勤めを考えているのであれば、移住先にやりたい仕事があるかは必ず確認しておくべきです。

 

やりたい仕事・できそうな仕事がなければ、どうするのか。または、どうしたいのか。都会から離れれば少なからず仕事の幅は狭まりますので、特に地方移住を検討している方はしっかりと考えておきましょう。最善策は、転職先を決めてからの移住です。

 

スケジュールは逆算するのがおすすめ

「お金が貯まったら……」「仕事が落ち着いたら……」と、移住を先延ばしにしてしまう方少なくないよう。たしかに、移住にはある程度の費用と覚悟が必要です。考えもなしに行動するよりは、よっぽどかしこい選択と言えるでしょう。

 

しかし、ゴールが決まっていなければ、移住の踏ん切りはつきづらいもの。いつか移住したいと考えているだけでは、なかなか行動を起こすことはできないものなのです。

 

そんな方におすすめなのは、移住スケジュールを逆算することです。「〇月から新生活をスタートする!」と決めれば、行動に移しやすくなります。不満を溜めながら生活を続けるのは、得策とは言えません。環境を変えるためにも、思い切って期限を切ってしまいましょう。

 

理想の移住生活を送るには計画が重要!

iStock.com/kokouu

 

移住計画は、移住の条件を決めるところから始まり、情報を集め、仕事・移住資金・住居を決めるなど、複数のステップを踏まなければなりません。途中で投げ出したくなることもあるでしょう。

 

しかし、しっかり計画を立てておけば、移住後の生活をスムーズはスタートできるはず。理想の移住生活を実現するためにも、事前に計画を練り、行動に移してくださいね。

 

移住先での仕事探しであれば、当サイト「おもてなしHR」がお役に立ちます。おもてなしHRは、ホテル・旅館をはじめとした宿泊業界の求人情報サイト。転職活動をサポートする転職アドバイザーも数多く在籍しています。気になる方は、お気軽にご相談くださいね。

 

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る