転職で引っ越しが必要なのにお金がない! 対処法はある?

お金がなくて引っ越しができず転職を諦めそうになっている方、ちょっと待ってください! 転職時にお金がなくても転職できる方法は、意外とたくさんあります。金欠で転職に伴う引っ越しに悩んでいる場合の対処法を紹介いたしますので、前向きに転職を検討してみましょう。

引っ越しのお金がないなら転職は諦めたほうがいい?

1STunningART – stock.adobe.com

 

転職時に引っ越しのお金がない場合、転職を簡単に諦めないでください。

 

せっかくやりたい仕事や挑戦したいことが見つかったのに、「お金がないから」と諦めてしまうのは将来的にも後悔が残るでしょう。

 

最近では十分な資金が手元になくても、転職と引っ越しを同時に実現できるようになっています。

 

たとえば、「敷金・礼金ゼロ」を条件に物件を探せば、引っ越しにかかる初期費用を大幅に抑えることができるのです。さらに、引っ越し費用を補助してくれる制度もあるので、企業情報などは細かくチェックすることをおすすめします。

 

転職時の引っ越しに必要な資金はいくら?

Africa Studio – stock.adobe.com

 

転職に伴う引っ越し費用は、引っ越し先の家賃の4~5カ月分が必要です。

 

加えて、単身者が都内に引っ越す場合で考えても最低5~10万円以上はかかるので、合計20~50万円は引っ越し費用として準備しておいたほうが良いでしょう。

 

引っ越し費用には敷金・礼金のほか、不動産会社への仲介手数料や前家賃、引っ越し業者などへの代金があります。

 

さらに、すでに実家を離れてアパートやマンションを借りて生活している場合は、プラス退去費用がかかることもあるので気を付けましょう。

 

しかし転職時の引っ越しでお金がない場合は、工夫をすれば50万円以下で引っ越しを実現できる可能性はあるので、まだ転職は諦めないでくださいね。

 

関連記事:転職時の引越しにかかる費用はいくら? コストカットするポイントも紹介

 

転職時の引っ越しでお金がないときの対処法

Nana_studio – stock.adobe.com

 

転職時の引っ越しでお金がないとき、どのような工夫をすれば引っ越しコストを抑えられるのでしょうか? 対処法を詳しく紹介いたします。

 

節約を始める

 

もし、まだ転職を意識している段階であれば、退職前から資金を集めることを第一に考えましょう。

 

固定費や人付き合いで必要になる交際費・飲食代など、日々の無駄遣いをなくすことはもちろんですが、退職するタイミングを見計らうことも大切です。

 

それほど転職を急いでいない場合は、ボーナスの支給を待って退職をすることをおすすめします。

 

転職先に補助制度があるか確認する

 

企業によっては、家賃負担や引っ越し費用を負担してくれるところもあるので、求人を選ぶ時点で補助制度があるかどうかを条件に入れても良いかもしれません。

 

すでに転職先が決まっている場合は、内定が出たらすぐに転職先に家賃や引っ越し費用のサポートがあるかどうか確認してみてくださいね。

 

シェアハウスに住む

 

転職時に引っ越しのお金がない場合は、シェアハウスに住むことも検討してみましょう。

 

シェアハウスは敷金・礼金・仲介手数料がゼロになるところが多く、引っ越し費用がかなり安く抑えられます。

 

さらに、家具や家電が付いている物件がほとんどなので、身一つで引っ越しできる可能性が高いでしょう。シェアハウスに入居している間に引っ越し費用を貯め、また新しい物件を探す方法もありますよ。

 

初期費用を分割できるか確認する

 

最近では引っ越しにかかる初期費用をカードで分割できるケースが徐々に増えてきているそうです。

 

これまでは敷金・礼金や引っ越し業者への支払いは現金での一括払いが基本でしたが、不動産会社に「分割での支払いができるか」を相談すれば可能になることもあります。

 

ただし、不動産会社によって分割払いが可能かどうかは異なるので、賃貸契約を交わす前に確認しておいたほうが良いかもしれません。

 

複数の引っ越し業者から見積もりを取る

 

引っ越しを行うときには、必ず複数の引っ越し業者から見積もりを取るようにしてください。

 

引っ越しにかかる費用は、選ぶ業者やメニューによって料金が大きく異なります。シーズンやタイミングを選べるのであれば、引っ越しのハイシーズンである3~4月と9~10月を避けて行うと良いでしょう。

 

荷物が少ない方は、業者に頼まず自分で引っ越し作業を行い、荷物を移動したほうがよりコストを抑えることができますよ。

 

社宅や寮が完備された企業を転職先に選ぶのもアリ!

Chinnapong – stock.adobe.com

 

まだ転職先が決まっていない方は、社宅や寮が完備された求人に注目しましょう。

 

社宅の場合はそのエリアの相場より半分以下の家賃になったり、寮であれば1~3万円ほどで住まいを確保できたりします。

 

また、仲介手数料は発生せず、さらに敷金・礼金が不要な場合もあるので、引っ越しに必要な初期費用を安く抑えることもできます。

 

シェアハウスと同じように家具や家電も付いているところもあり、「お金がない」という不安はきっとなくなるでしょう。

 

ホテル・旅館は社宅や寮を用意している企業が多いので、転職先の候補として検討してみても良いかもしれません。

 

ホテル・旅館への転職をお考えの方は、宿泊業界に特化した転職支援サービス「おもてなしHR」があなたの転職活動を丁寧にサポートいたしますので、お気軽にご相談くださいね。

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る