仕事の量が多くてストレスを感じる!キャパシティーを知ってストレスを回避しよう

張り切って仕事をしていても、あまりに仕事の量が多いとやる気も削がれてしまいます。終わりが見えない、過度な量の仕事を引き受けてしまうと、ストレスを感じることもあるでしょう。実際に、仕事の量が多すぎるということが、職場におけるストレスの代表的なものでもあるようです。

ストレスの原因になる「多すぎる仕事の量」

iStock/fstop123

 

仕事の量が多いこと。これは大きなストレスです。帰宅時間になっても仕事が終わらず、毎日残業続き。毎日残業をしても、次から次へと仕事がやってきて、いつ終わるのかと途方に暮れてしまうこともあるかもしれません。

 

仕事の量が多いと感じていても、なかなか助けを求められないなんてこともあるかもしれません。

 

仕事を終わらせられないのは自分自身の能力のせいであるとか、あるいは、期待されているからたくさんの仕事が舞い込んでくるのだと考えて、無理をしてしまう人もいるかもしれません。

 

仕事の量に対する感じかたは能力によるものも当然ありますが、誰にでもキャパシティーというものはあります。ストレスを抱えてしまうほどの仕事量を抱えるというのは仕事の効率を鑑みても、決して良いことではありません。

 

仕事の量が多いことで感じるストレス

iStock/FangXiaNuo

 

仕事を任されること、与えられることは誇らしいことでもあります。できると思って割り振られているとか、期待をかけられているとか、そんな実感があれば頑張りたいと思うでしょう。

 

それでも、抱えきれないほど大量であれば話は違います。できるだろうか?という不安が先行して、持っている力を存分に発揮できないということも考えられます。

 

終わりが見えない

 

仕事に限らず、物事を進めるためには目標やゴールが必要です。やってもやっても終わりが見えない、いつになったら解放されるのか。仕事の量が多くて途方に暮れてしまうこともありそうです。

 

終わりの見込みや目途が立たない状態で大量の仕事を抱えることは、出口の見えないトンネルの中にいるようなものです。休憩するわけにも、引き返すわけにもいかないとなると、相当なストレスになるかもしれません。

 

自分の時間が持てない

 

仕事の他に、自分の時間も持つことは当然必要です。仕事の量が多くて、家族や友人と過ごす時間がなくなってしまう。それどころか、寝食の時間さえも十分に確保できないなどということがあれば、ストレスを抱えて当然です。

 

大きなプロジェクトが始まるとか、勝負をかけたいとか、そういったことでプライベートな時間が削られることはあり得る話ですが、一次的なものだから踏ん張れるものであったりします。

 

それが常態的になってしまうと、心身のバランスを崩す原因になるでしょう。

 

仕事が間に合わないことで感じるストレス

iStock/rianAJackson

 

仕事には期日や期限が設けられていることが一般的です。適性な時間が設けられていれば、事前のスケジューリングで調整することができます。仕事の量が多くて間に合わないという状況の多くは、複数の仕事を抱えてしまっているとか、どの仕事も期日までの期間がタイトであったりします。

 

相手を待たせてしまう

 

大抵の仕事は、一人で完結出来るものではありません。取引先や他部署などと関わりがあれば、自分自身の仕事の進捗具合によって、相手の仕事にも影響を与えてしまうようことがあります。

 

仕事の量が多くて終わらない、さらには相手を待たせている。そういう状況で焦りを感じると、仕事の量の多さではない部分にストレスを感じるでしょう。進めないのに時間が迫っている、さらには相手からせかされたり。

 

もしかしたら、能力が及ばないからだと、自分自身を責めてしまうかもしれません。

 

計画的に進められない

 

仕事を進めるうえでは、計画性を持つことは重要です。勤務時間、自分自身の処理スピード。そして、仕事以外のプライベートな時間。そういったものを加味しながら、順序立てて進めることで、より効率よく仕事を終わらせることができます。

 

仕事の量が多すぎると時間に追われるばかりで、計画性を持つことが困難になります。焦りを感じるあまり、通常では考えられないミスをしてしまうこともあるかもしれません。

 

手を付けている仕事があるにも関わらず、割り込むようにして新たな仕事にも対応しなければならない。そういったことがあると、事前の計画通りに進まなくなるのも当然のことです。

 

仕事量が多くて間に合わないなら効率化でストレスを軽減!

iStock/Ralf-Geithe

 

仕事の量を減らすことは難しくても、自分自身の仕事の仕方で、ある程度の工夫をすることは可能です。普段の仕事を振り返り、無駄のない進め方を意識すると少しの余裕が生まれるかもしません。

 

PC操作の工夫

 

仕事の大半は、同様の作業の繰り返しであったりします。PC操作が多い業種であれば、良く使用する単語を登録したり、ショートカットキーを有効活用することで、時間短縮を図ることができそうです。

 

ひとつひとつの作業は数秒の出来事であっても、積み重なれば変化は大きいはずです。

 

デスク回りの整頓

 

デスク回りが雑然としていると、それだけで仕事の効率は落ちるものです。目につくものが多ければ多いほど気は散るものですし、デスク内の物を探すのに時間を要すなど、無駄が多くなるのは事実です。

 

日頃から、デスク回りの整理をしておくと、仕事に集中したいときの無駄と邪魔を減らすことにつながります。

 

タスクのリスト化をする

 

仕事の量が多いときは、やらなければならないことをリスト化して順番を付けると良いかもしれません。特に複数の仕事を抱えているときは、あれもこれも気になって集中できないということも起こります。

 

リスト化すると、自分自身ではやらなければと思っていたものが実は優先順位が低いことに気付けたりします。さらに、キャパオーバーを事前に察知することで、誰かに相談したり頼んだりという対応を取ることもできるでしょう。

 

ストレスなく働ける仕事量にコントロールしよう!

iStock/Andrii-Yalanskyi

 

過度なストレスは、仕事の進行を妨げます。量の多さや進み具合ばかりに気を取られて

、本来の力を十分に発揮できなくなり、不本意な結果に繋がる可能性もあります。

 

誰にでもキャパシティーがあります。もちろん、多量の仕事をコンスタントに効率良く進められる人材は、重宝される存在です。とはいえ、出来もしない量の仕事を引き受けてしまえば、それは無責任でしかありません。

 

自分自身のキャパシティーを認識して、適切な仕事量をコントロールすることも仕事のうちかもしれません。頼まれた仕事に対して、ノーを言うというのは少々勇気のいることでしょう。仕事の出来ない人と思われたくない、というような気持ちもあるかもしれません。

 

確かに、多くの仕事を与えられるということは、それだけ期待がかかっていることの裏返しの場合もあります。その期待に応えたいという気持ちもあるでしょう。

 

だからといって、対応出来るはずのない量の仕事を抱えて、ストレスのあまり適当な仕事してしまっては大問題。せっかくの信頼を失ってしまう可能性もあります。

 

大切なのは、自分自身の能力を理解して、計画的に効率良く、かつ丁寧に仕事を進めること。そして、自分自身の心身のバランスにも配慮することです。適切な仕事量にコントロールすることもまた、仕事のひとつかもしれませんね、

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る