採用をお考えの法人様へ 無料 転職サポートに申し込む

外資系ホテルとは?外資系ホテルの特徴を知って求職活動に活かそう

国際化の進展や訪日外国人観光客のの増加により、世界的に知名度の高い外資系ホテルの需要が増加しました。圧倒的なブランド力で集客力を発揮し、宿泊中心の高級ホテルとして都市開発のシンボルのような役割を担っています。 外資系ホテルで働きたいと、憧れを持つホテルマンもいるでしょう。求職活動にあたる場合には、華やかな印象の裏側にある、外資系ならではの社風や評価方法を知っておく必要がありそうです。

外資系ホテルとは

iStock/bee32

 

国内には、外資系ホテルと呼ばれるホテルが多くあります。近年では、外資系ホテルの建設ラッシュが続き、その流れは地方にまで及んでいます。

 

外資系ホテルの歴史

 

インバウンド需要の高まりや観光立国化の流れとともに、多くの外資系ホテルチェーンが国内に進出してきました。

進出ラッシュが続いたことで、今では非常に多くの外資系ホテルが存在していますが、外資系ホテルが国内に参入するにあたっては長い歴史があります。

 

日本に初めて外資系ホテルが進出したのは、1963年です。

1990年代前半には、第一次外資系ホテル進出ラッシュがあり、2002年以降に第二次進出ラッシュがあったといわれています。

 

バブル崩壊以降の長引く不況の中「新御三家」と呼ばれる三ホテルの開業が登場し、圧倒的な面積と高い客室料金を維持していました。価格競争を余儀なくされ、苦境の中にいた国内ホテルとは裏腹に、圧倒的なブランド力で成功を収めていました。

 

近年、外資系ホテルの進出は地方にも広がりを見せており、大型複合ビル内や大規模商業施設内などでも開業が進められています。

 

外資系ホテルの特徴

iStock/primeimages

 

外資系ホテルと国内ホテルにでは、経営方法に大きな違いがあります。国内で主流とされてきた所有直営方式に足して、運営委託方式を導入するホテルが多く、開業ラッシュの後押しをしています。

 

運営委託方式が中心

 

国内ホテルの経営は、土地と建物を所有し、一つの会社で運営を行うことが効率的であると考えられていました。「所有直営方式」と言われる経営方法で、土地や施設を所有するだけでなく、経営や運営も行うことで企業の意思決定が迅速に遂行されるメリットがあります。

 

外部に委託できるハウスキーピング等も自社で仕切っているため、きめ細かなサービスをお客様に提供することができるという特徴もあります。

 

また、社会的信用を得やすいとも言われており、国内ホテルでは主流の経営方法でもあります

 

1963年に初めて国内で開業した有名外資系ホテルは、不動産投資を伴わない「運営委託方式」という新しいスタイルでの進出でした。

 

国内にある外資系ホテルでは主流の経営方法であり、外資系ホテルの進出ラッシュの後押しとも言える存在です。

 

ホテルの土地や建物 を保有する企業がホテル経営のための子会社を設立し、従業員を雇用するなどの経営責任を追うことになります。

 

外資系ホテル企業の指導を受けながら運営を行う場合や、専門のホテル運営会社に賃貸して運営を行うパターンもあります。外資系ホテル企業からは総支配人や一部スタッフなどが派遣され、運営会社が経営の責任を負うことはありません。

 

ホテルを保有しる企業は、不動産事業としてのリ スクは負うものの、ホテル事業のリスクは低く抑えることが可能です。

 

反対に、外資系ホテル側は不動産事業リ スクを負うことがないため、ホテル経営のリスクが低く抑えられることで、外資系ホテルの参入のハードルが下がるという仕組みです。

 

外資系ホテルでの働き方

iStock/Martin-Barraud

 

そもそも、日系と外資系では社風が異なります。

お客様へのサービスのみでなく、会社からの評価基準、従業員同士の関係性も異なることが多くあります。

 

日系ホテルとの働き方の違い

 

外資系の場合、規律性も大事ですがしっかり自己主張できるかを重要視しています

 

「自分はこのようなことが出来ます」「こうした方がもっと効率的になるのでは?」といった積極的な発言が評価される環境です。

 

日本人の中には、自己主張が強すぎると組織の輪を乱してしまうのではないかと考えてしまうい人もいるでしょう。外資系ホテルにおいては、根拠をもった自己主張はとても重要視されています。

 

また、日本には「教育」という文化が深く根付いています。上司や先輩が丁寧に仕事を教えてくれ、後輩や部下の評価が低ければ、その上の者が出来ていないと判断されることさえあります。成果というより、成果を出せるまでの過程においてどれだけ努力したのかが重要視され、評価の対象になります。

 

外資系ホテルの場合は、自分の立場と成果をしっかり考える必要があります。教えてもらえるのを待つだけでは、外資系では働くことはできません。年功序列ではなく、個人の成果が重視されることになります。

 

給与

 

薄給と言われることの多いホテル業界ですが、外資系ホテルの給与は比較的高いと言われています。

 

年功序列は重視される日本の企業とは異なり、実績や成果次第で出世できる社風のホテルが多い傾向があります。経験とスキルがあれば、短期間での出世や年収アップも可能でかもしれません。

 

逆に、成果が出せない、求められるスキルが身につかないといった従業員に対しては厳しいケースもあり、場合によっては解雇になることもあるようです。

 

外資系ホテルで働くために必要なスキル

iStock/itsskin

 

サービスを提供するといった観点から言えば、国内ホテルでも外資系ホテルでも必要なスキルに大きな違いはないでしょう。スキルの活かされる場面に少し違いがあるかもしれません。

 

語学力

 

外資系ホテルの場合は海外からの利用客が多い傾向にあります。

 

また、支配人やマネージャーなど、管理職が外国人の場合もあり、会議で英語が飛び交うといったこともあるようです。

 

十分に語学力を活かすことができるでしょう。不安がある場合は、語学力の強化に努める必要があります。

 

コミュニケーション能力

 

ホテルマンとして働くためには、コミュニケーション能力が必要になることは当然知られていることです。

 

外資系で働く場合には、お客様に対してのコミュニケーション能力だけでなく、ホテル内の従業員同士のコミュニケーションもとても重要です。

 

従業員が多国籍な場合もあるため、言語や文化に違いによる理解不足が生じる場合もあります。

 

外資系で働くために必要とされる積極性と合わせて、相手を尊重する協調性も必要です。

 

外資系ホテルの特徴を理解して求職活動を進めよう

iStock/taa222

 

国内ホテルでも外資系ホテルでも、お客様に対してどういったサービスを提供するのかという部分では大きな違いはありません。

 

どちらが良い悪いではなく、それぞれの違いを理解し、自分に合った働き方ができるホテルを選択することが良いのではないでしょうか。

 

外資系と聞くと、ラグジュアリーでスマートな印象を持つこともあるでしょう。そういった印象ばかりに目を向けるのではなく、外資系ホテルならではの厳しさや、評価方法があることを理解してから求職活動に挑むことをおすすめします。

 

外資系ホテルの場合は前評判が高いことも多く、利用客の多くは質の良いサービスに期待を持っています。ホテルマンとしてのやりがいを求めて、外資系ホテルを選択するのも良いのではないでしょうか。

有名宿泊施設で働きませんか?

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る

関連記事