北海道札幌市の旅館・ホテル業界の求人一覧

おもてなしHRでは、札幌市勤務のホテル・旅館などの宿泊業界のお仕事を多数ご紹介いたします。

雪まつりをはじめ、歴史ある豊富な観光スポット

札幌市は、大自然と雪国ならではの魅力的な観光スポットが充実している街です。毎年2月に開催される雪と氷の祭典「雪まつり」は国内外から多くの観光客が訪れ、北海道を代表するイベントとなっています。また、日本新三大夜景都市に認定され、展望スポットが多い街でもあります。大通西に位置する公園内の電波塔は、展望台から札幌市街を360°一望でき、札幌のランドマーク的存在となっています。札幌市の北東部に位置する自然とアートが融合した総合公園は、世界的彫刻家が「大地を彫刻する」というコンセプトのもと、着工から23年の歳月をかけて2005年にオープンしました。北海道ならではの広大な敷地の中にオブジェが点在し、人工の山や噴水、遊具などが配置され、自然と芸術に親しめる空間となっています。明治時代に建設された時計台は、国の重要文化財に指定されており、正午を告げる鐘の音やライトアップが美しく札幌を代表する観光名所です。日本で唯一のビールに関する博物館は、明治時代に建てられた赤レンガの建物が風格を漂わせ、館内では開拓史やビールの歴史を学べる他にも試飲などを楽しめます。

22件中 1 〜 22件表示中
戻る
1
次へ
ご希望の求人が見つからない方へ
転職サポートにお申し込みいただくと、キャリアアドバイザーがあなたの経験、ご要望に応じた求人をご紹介します。
ご気軽にお問い合わせ下さい。
ご希望の求人が見つからない方へ
ホテル・旅館での
お仕事をお探しの方へ
宿泊業界専任のキャリアアドバイザーがあなたにぴったりの職場をご紹介いたします。ぜひお気軽にお問い合わせください。
ホテル・旅館でのお仕事をお探しの方へ

札幌市の宿泊業界の情報

公園数が多く子育てしやすい街

札幌市にある新千歳空港は、東京、名古屋、大阪など全国各地の空港と結ばれている他、海外での北海道人気が高まっていることから国際線も活発化し、国内外からアクセスしやすい環境となっています。公園数は2667カ所(2011年4月時点)あり、桜の名所として知られる公園をはじめ休日を楽しむ多くの人でにぎわいます。市ではまちづくりの一環として緑化にも力を入れており、道路緑化や森林整備を進めると共に、公園などに植栽する花苗を住民自ら育成する活動をサポートしています。子育てにおいては"新・さっぽろ子ども未来プラン"(札幌市公式HPより引用)を策定し、子育て家庭の不安や負担が軽減され、子どもが生き生きと暮らせる環境整備に取り組んでいます。その一環として、子育て中の女性の就労をサポートする窓口を設置し、国家資格を持った専任のカウンセラーによる個別相談やセミナー、子どもの預け先の情報などを提供するなど、働くことに対して心配や不安などがある母親を支援しています。

北海道の約3割の人口を占める都市

札幌市は石狩平野の南西部に位置し、面積は約1121㎢です。1972年に政令指定都市へ移行し、全国5番目の都市として発展しています。1922年の市制施行以降、近隣町村との合併や編入を繰り返し、1970年には人口が100万人を超えました。2019年3月時点で世帯数約95万4000人、人口196万5000人で北海道の人口の約3割を占めています。2018年度上期の観光客数は、上期において過去最多の約966万1000人で前年度比2.0%の増加となりました。また、新たな航空会社が加入したことにより外国人宿泊者数は、上期において過去最多の約120万9000人で前年度比9.0%増加しました。9月に発生した地震の影響に伴い、観光客数は10月までは前年度と比べ減少しましたが、国内外での誘客プロモーションなどの実施により11月以降は増加となりました。農業においては都市化に伴い、年々農地面積は減少傾向にあります。北東部の平野部を中心に、水稲や酪農の他に、玉ねぎや小松菜などの野菜をさまざまな農畜産物を生産しています。

nextbeat, All rights reserved.