ベッドメイキングのアルバイト!ベッドメイクのバイトに向いている人とは?

ベッドメイキングとは、ベッドをきちんと整え、寝具やその周辺を快適な状態に保つことをいいます。主に、ホテルなどの宿泊施設において、客室清掃員が行う仕事内容の一つです。ここでは、ベッドメイキングのアルバイトとして働く場合の詳細や適性についてご紹介します。

ベッドメイキングは客室清掃業務の一部!

ホテルハウスキーパー

iStock/DragonImages

 

ベッドメイキングはホテルにおける客室清掃の一つで、ベッドメイキング単体での仕事としてはあまりありません。ホテルの客室清掃には、掃除のほか、備品の管理や点検、ランドリーサービスなどの業務があります。その中の一つがベッドメイキングで、お客様が使用したベッドの寝具を新しいものに交換し、美しい状態に整えるという業務なのです。

 

ベッドメイキングのアルバイトとは?

ホテルバスルーム

iStock/fstop123

 

常にお客様が入れ替わるホテルにおいて、客室の清掃と準備は欠かせません。ベッドメイキングのアルバイトと聞いて清掃が仕事というイメージは湧くかもしれませんが、具体的な仕事内容は想像しづらいのではないでしょうか。ここでは、アルバイトに応募する前に知っておきたいことについてご紹介します。

 

勤務時間

勤務時間は基本的に早朝からお昼頃までです。例えば、チェックイン時間を15時に設定しているホテルの場合、その時間までに必ず全室の部屋の清掃を終えた状態にしておくことが求められます。シフトは、土日、祝日に出勤できることが好まれます。ホテルは土日や祝日などの休日に予約が入りやすく、チェックアウトをした際の清掃部屋が多くなるためです。

 

仕事内容

客室清掃に必要な備品を用意し、チェックアウトが終わった部屋から順次清掃を行います。ゴミ捨て、備品の掃除、ベッドメイキング、タオル交換、アメニティの補充など、客室を完璧な状態に戻すための作業を進めていきます。特に水回りは、クレームにつながりやすい場所のため、汚れや備品の不具合などを入念に確認することが大切です。担当客室の清掃が全て終わると、回収したゴミの廃棄、クリーニング品をまとめて仕事は完了します。

 

未経験でもOK?

ベッドメイキングのアルバイトは未経験でも働くことが可能で、早ければ一週間程度で仕事内容を覚えられるでしょう。また、他のスタッフと一緒に作業するため、分からないことは聞きやすい環境です。業務内容についてはマニュアル化されていることが多く、同じ作業を繰り返し進めていきます。お客様の前に出る機会の少ない職種のため、年齢問わず採用される可能性があり、実際に幅広い年代の人たちが現場で活躍しています。

 

ベッドメイキングのバイトのメリットとデメリット

ホテルメイド

iStock/Rawpixel

 

ベッドメイキングのアルバイト内容について理解したところで、働くメリットやデメリットについてご紹介します。

 

メリット

客室清掃の仕事は、一つ一つの作業を丁寧に行うほか、仕事の段取りも重要なポイントです。そのため、ルーティンワークを繰り返しながら、効率よく作業を進めるスキルを身に着けることができます。また、ベッドメイキングは客室清掃員にとって必須技術なので、シーツや布団のセットをきれいに整えていく、プロ級の家事スキルが身につくというメリットもあるでしょう。

 

デメリット

客室清掃は、チェックアウトをした客室から順次清掃を行いますが、お客様によって退出時間は異なります。そのため、タイミングによっては一気に忙しくなってしまうこともあるので、スピーディかつ丁寧に仕上げることを意識しておくことが大切です。また、濡れたタオルやシーツをまとめて回収することが多く、思っているよりも重く、体に負担をかけてしまいます。無理をすると腰痛などの原因になる場合があるので、こまめに休憩を取り、自分の体力と相談しながら行うことをおすすめします。

 

ベッドメイキングのバイトで知っておきたい用語

ホテルベッド

iStock/kunphel

 

ここでは、ベッドメイキングのアルバイトとして働く上で、知っておくと良い用語についてご紹介します。

 

ベッドスロー

ベッドスローは、フットスローやベッドライナーとも呼ばれ、ベッドカバーの上の足元部分に帯状の生地を敷いたベッドアクセアサリーです。これは、室内でも靴を履いている欧米の文化から取り入れられたもので、靴を履いたままベッドに寝転がってもベッドカバーが汚れなくてすむように利用されています。ホテルにおいては、実用的な目的のほか、装飾的な意味で使用されたり、ベッドメイキング完了の意味としてかけられることも多いようです。

 

デュベ・デュベカバー

デュベはフランス語で羽毛布団のことです。羽毛の掛け布団を袋のようになっているデュベカバーに入れて使用します。足元方向に口が開いていて、長いため、マットレスの下に巻き込んでズレないように固定します。多くのホテルで採用されているベッドメイキングのカバーがこのデュベスタイルです。

 

リネン

シーツやカバー、タオル、テーブルクロスなどの総称をリネンと呼びます。リネンの語源は亜麻という一年草のことで、この亜麻の繊維を使用した製品を総称してリネンといいます。リネンはコットンやウールよりも数倍の強度があり、吸湿、発散性も高く、肌触りも良いことから客室で使われることの多い素材です。

 

リネンワゴン・回収ワゴン

客室で使われるリネン類は、リネンワゴンに新しいものを積んで各部屋を回り、リネン交換を行います。リネン単体ではそれほど重量はありませんが、数部屋分となると重労働になるため、客室清掃員の負担軽減と業務効率化のためワゴンが利用されるのです。また、宿泊客が使用したリネンを回収するために使うのがリネン回収ワゴンです。通常はリネンワゴンとセットで移動させるため、耐久性や積載量、操作性に優れたものが求められます。

 

ベッドメイキングの仕事に向いている人

ベッドメイク

iStock/solidcolours

 

ベッドメイキングを行う客室清掃員として一人前になるためには、客室の清掃から確認業務まで様々な仕事をこなせるようにならなければなりません。仕事の難易度はそれほど高くありませんが、その分意識が重要になるでしょう。何においても、綺麗にしておくこと、整理整頓することが好きなど、几帳面な性格の持ち主が向いているといえます。
その他、掃除が好き、体力に自信がある、細かい気配りができる人なども客室清掃員として働くことに向いているでしょう。

 

ベッドメイキングに携わる仕事の将来性

マネージャーと相談

iStock/macniak

 

ベッドメイキングを行う客室清掃員は、ホテルのスタッフとして一度は経験しておくべき仕事です。客室清掃員としての経験を積むことで、細やかな気配りや責任感が身につくでしょう。客室清掃員の指導係や責任者になるだけでなく、客室清掃員で培った知識や経験を活かし、将来は他部門に移り活躍できる可能性もあります。

 

ベッドメイキングのバイトから始めてみては?

ホワイトベッド

iStock/RyanKing999

 

ホテルで働くことに興味はあるけれど、何から始めたら良いかわからないと思ったことはありませんか。ホテルの仕事には接客から裏方まで様々なジャンルの職種があります。その中でも、ベッドメイキングを主な仕事とする客室清掃員は、接客経験や知識がなくてもチャレンジすることが可能な職種です。
客室清掃はホテルの商品ともいえる客室をつくる大切な仕事で、ホテルで働く上で基礎となります。まずは、ベッドメイキングのアルバイトから始めて、徐々に視野を広げていくと良いかもしれませんね。

 

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る