ホテルの経営に失敗しないために知っておきたい原因と対策!

事業の経営には、常に失敗のリスクが付きまといます。特にホテル業界は建物や設備、大勢の従業員など抱えるものが多く、失敗すれば大きな痛手となるものです。ホテル経営にはどのような落とし穴があるのか、失敗を避けるにはどうすれば良いかについて解説します。

ホテル経営が失敗する落とし穴に注意

崩れる積み木

ilkercelik- stock.adobe.com

 

観光立国を目指し、インバウンド誘致が進められてきた日本ではここ数年の間で新しいホテルが乱立しています。大量にあるホテルの中には、残念ながら経営に失敗し、廃業となるところも少なくありません。

 

多額の費用や手間を掛けて経営してきたホテルが潰れる事態は、何としてでも避けたいところですよね。生き残るには、経営の失敗に終わるホテルがはまりがちな落とし穴と、失敗を避けるためには何をすれば良いか知る必要があります。

ホテル経営が失敗する原因とは

お手上げビジネスマン

polkadot- stock.adobe.com

 

ホテルの経営が失敗する原因で多いのは、見通しの甘さやホテルの立ち位置が曖昧なまま経営を続けていることです。具体的にどういったことなのか、さっそく探っていきましょう。

コンセプトが明確でない

お客様に選ばれるホテルは、明確なコンセプトを持っています。高級ホテルのみならず、一見何の変哲もないようなビジネスホテルでも「リーズナブルで清潔・快適」という、確固たるコンセプトがあるのです。

 

経営するホテルがラグジュアリーなのかカジュアルなのか、どんな人がターゲットか。立地場所にマッチしているか。こうした部分を明確にしておかないと、中途半端で魅力に乏しいホテルになってしまいます。

 

また、憧れで小さなホテルやゲストハウスを開く人にありがちなのは、自分の夢や理想ばかりを詰め込んで、ゲスト目線に立てないという点です。お金に余裕のある人が、趣味で経営するのならともかく、利益を出すにはゲストにとっての快適さを、考えなければなりません。

不適切な価格設定

経営が破綻するホテルで非常に多いのは、価格が適切に設定されていないことす。

 

感覚やカンに頼った設定や、価格競争のための無謀な値下げ、創業当時か変わらない価格などなど。現時点での適正価格を考慮しない価格設定は、経営破綻の第一歩といっても過言ではありません。

 

また、失敗するホテル経営者は、事業をスタートさせる時点で客室稼働率を甘く考えがちという傾向もあります。多く見込み過ぎた客室稼働率に則って料金設定を行うので、すぐに経営が立ち行かなくなってしまうのですね。

コストを掛けるべき部分に掛けていない

コスト削減を意識するあまり、お金を使うべき部分に使っていないということも、経営が失敗する原因のひとつです。本来必要なコストまでケチれば、設備やサービスのレベルが下がって集客ができなくなり、やがて破綻します。

 

ICTの導入で自動化できる部分は自動化し、人件費などを見直して必要なところにはしっかりお金を掛けましょう。

ホテル経営に失敗しないためにやるべきこと

インターネット集客

tetxu- stock.adobe.com

 

上記の落とし穴を避けるとともに、日ごろから取るべき行動もあります。集客を増やし、リスクを軽減するのに役立つ手段を解説します。ぜひ、経営に取り入れてみてくださいね。

SEO対策とリスティング広告

インターネットでの集客はどこのホテルでもしていることですが、より効果を高めるにはSEO対策を講じる必要があります。SEO対策というのは、検索サイトでの検索結果において、上位に自分のホテルの情報をヒットさせるための対策です。

 

検索頻度の高いキーワードを盛り込み、内容を充実させることで、検索エンジン側から「これは良いサイト」と判断されると上位に入りやすいと言われています。ホームページはSEOを意識して作成しましょう。

 

一方、リスティング広告とは、キーワードごとに設けられた広告枠をレンタルして広告を出すことです。例えば、仙台のホテルが「仙台 ホテル」というキーワードでレンタルしたとします。すると、そのキーワードでユーザーが検索した際、検索結果ページの目立つところにホテルの広告が出るという仕組みになってます。

 

せっかくインターネット集客を試みても、お客様の目に留まらなければ予約は入りません。効果的に使いましょう。

数字に基づく経営

ホテル経営が失敗する原因の項目でも解説した通り、感覚や直観に頼るのはNGです。しっかりとデータを分析し、数字的な根拠のある価格設定や人員の配置をすることが重要です。

 

ひと昔前までは数字を分析をしていても、イベント情報の見落としなどのミスで適切な運営ができないことがしばしばありました。

 

しかし、今はICTが非常に発達しています。自動で分析・情報収集を行って適正価格に設定してくれるAIなども登場していますので、導入を検討してみてくださいね。

フランチャイズ契約で経営する

フランチャイズ契約とは、本部が加盟店にロゴやブランド名、サービスなどを使用する権利や経営のノウハウを与える代わりに、加盟店は保証金やロイヤリティを支払うという契約のことです。

 

保証金やロイヤリティの支払いが必要ですが、莫大な費用の掛かる設備投資の補助が受けられるので少ない資金で経営をスタートできる点がメリットです。

 

また、ブランド名による集客効果が期待でき、運営のサポートも受けられます。ホテル経営に興味はあっても資金繰りや手腕に不安、という人は、フランチャイズ契約が良い方法ではないでしょうか。

出口戦略を立てる

出口戦略とは、義業を撤退する際、損害を最小限に押さえるための戦略のことです。経営が立ち行かなくなった場合、事業の引継ぎ先や売却先、建物や備品をどう処分するのかを可能な限り計画に盛り込みましょう。

 

ここを予め決めておかないと、事業が上手くいかなくなってもスムーズ手放すことができず、赤字を出し続けるハメになります。

 

また、事業が成功し続けたとしても、経営者の高齢化などによって必ず手放さなければならない時がやってきますよね。後継者に任せるか、自分の代で終わりにするのかを決めることも、出口戦略です。

 

事業の始めと終わりをどうするのか、必ずセットで計画を立てましょう。

ホテル経営の成功事例・失敗事例を見てみよう

事例集

adiruch-na-chiangmai – stock.adobe.com

 

ホテル経営は、先人から学べるものが多い分野です。成功・失敗の事例は大変参考になるものですが、経済産業省による「ミエル☆ヒント—成功のカギ・ワナ」というサイトがあるのをご存じでしょうか。

 

このサイトでは、事業の分野や欲しいヒントの選択を進めていくと、選択に合った成功事例・失敗事例が閲覧できるというものです。ホテル経営のヒントになる事例も多数ありますので、ぜひ参考にしてください。

 

参照:成功事例・失敗事例について/ミエル☆ヒント—成功のカギ・ワナ

ホテル経営を失敗から守るには

情報収集

F8studio- stock.adobe.com

 

ホテルの経営を破綻させず、継続した事業を行うためには情報収集と分析が非常に重要です。

 

「今これが流行っているから」「自分はこれが良いと思うから」といった、感覚だけではまぐれ当たりはあっても、安定した営業は難しいのではないでしょうか。経営者や従業員の感性を活かしたホテルも個性的で良いですが、世の中のニーズとのすり合わせも必要なのです。

 

そして、経営の雲行きが怪しくなったら早い段階で手を打ちましょう。破綻寸前のホテルや旅館を再生させるコンサル企業なども活用し、末永く愛されるホテルを運営してくださいね。

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る