20代で転職2回目は不利? 採用担当者が重視するポイントを解説

20代の転職で「2回目」という数字は多いのでしょうか? 転職回数によって難易度に違いがある場合は、それに応じた対策を知ったうえでの転職活動が求められます。転職回数が気になる20代の方が転職活動で気を付けたいポイントを紹介いたします。

20代で転職2回目は印象が悪い?

denebola_h – stock.adobe.com

 

20代の転職回数が2回目でも印象が悪くなることはありません。企業は20代の若手人材を求めているので、転職回数が2回目だろうとそれが不採用に直結することはないでしょう。

 

転職の目的と仕事への意欲をしっかりと伝えるだけでも、企業は好印象を持ってくれる傾向が見られます。

 

ただし、転職1回目と2回目では、企業が求職者に求めるものは異なります。

 

転職1回目の場合は人柄や意欲を重視する企業が多く、転職2回目となると前職で身に付けたスキルや実績をどう活かせるかがポイントとなっているようです。

 

ところが20代で3回以上の転職を経験していると、転職に成功する確率は下がってしまう傾向があるので気を付けましょう。

 

転職回数が多ければ多いほど「気に入らないことや辛いことがあるだけで、すぐに辞めそう」というイメージを持たれ、採用担当者に不信感を与えてしまうのです。

 

しかし、なかには転職回数が多いことは気にせず採用活動を行う企業もあります。人材の流動性が高い業界や、専門スキルが必要な業界では特にその傾向が強いかもしれません。

 

転職回数の多さは「自分の力を試したい」というスキルアップの気持ちの強さと捉えられることもあるので、転職活動では自分の芯をどれだけ応募先に伝えられるのかが勝負となりそうです。

 

2回目の転職で20代が失敗しないためのポイント

Jacob Lund – stock.adobe.com

 

2回目の転職で20代が失敗しないためには、いくつかのポイントを知っておく必要があります。

 

基本のポイントを押さえれば転職に成功する確率を上げられますので、早速チェックしていきましょう。

 

前向きな退職理由を伝える

 

2回目の転職に成功するためには、前向きな退職理由を伝えることが大切です。

 

前職がイヤで転職する方がほとんどかもしれませんが、そのまま採用担当者に伝えてしまうとただの愚痴になりかねません。

 

どんな理由であれ、「いまの職場では目標を実現できそうにない」という内容に沿った退職理由を伝えるようにしましょう。

 

また、退職理由と志望動機を関連させると、ポジティブな退職理由を伝えやすくなります。キャリアに一貫性も出てくるので、「行動力のある人」「自主性を発揮できる人」など、プラスの印象も与えることができるのです。

 

転職先でやりたいことを明確にし、目的を持って転職活動を行えるよう、事前準備は欠かさないようにしてくださいね。

 

「新卒」と「転職1回目」を振り返る

 

転職活動を始める前に、「新卒だった頃」と「転職1回目の頃」を振り返るようにしましょう。

 

過去の振り返りができていないと早期退職を繰り返し、転職回数を重ねる原因となるので転職に失敗しやすくなってしまいます。

 

・新卒/転職1回目の頃はなにが理由で会社を辞めたのか
・今回の転職には何を求めるか

 

振り返りが不十分だと、転職先でミスマッチを引き起こす恐れがあります。しっかりと理由を掘り下げて、自分のなりたい将来像を考えてみましょう。

 

希望条件に優先順位をつける

 

転職活動では、自分が譲れない条件を決めておくのは必要な準備です。

 

しかし、企業に求める条件が多いのも考えものです。条件が多すぎると採用担当者に「ミスマッチを起こしやすそう」「少しの不満ですぐに辞めそう」など、マイナスの印象を与えます。

 

すべての条件を満たす企業はほぼないと言って良いかもしれません。転職を成功させるには、希望条件に優先順位を付けることが大切です。

 

企業に求める絶対に譲れない条件は1~2個にしぼり、それ以外は妥協できる柔軟性を身に付けることも重要なポイントでしょう。

 

20代が転職2回目で不利になりやすいケースとは?

oka – stock.adobe.com

 

半年にも満たない勤続年数だと、20代の転職2回目だとしても不利に働く場合があります。

 

半年という勤続年数の短さでは、採用担当者に「早期退職を繰り返している」「仕事のスキルや社会人経験が十分に身についていない」といった印象を与えるのです。

 

また、キャリアアップをしたいという向上心を感じられない求職者も不利になりやすいでしょう。仕事への意欲が感じられないと、企業が人材を採用する意味がなくなってしまいます。

 

採用活動は企業が成長するために行うという意識を忘れず、「企業に自分が貢献できるスキルや経験はなにか」を軸に転職活動の準備を行いましょう。

 

20代で転職を2回経験したとしても問題なし!

Studio Romantic – stock.adobe.com

 

20代で転職を2回経験したとしても、それほど重く考える必要はありません。転職目的と仕事への意欲をしっかりとアピールできれば、転職活動に行き詰まることはないので安心してくださいね。

 

どうしても転職回数が気になるという方は、転職エージェントを活用してみましょう。仕事の紹介だけでなく、履歴書などの書類作成や面接対策のサポートもしれくれるので効率的な転職活動を実現できます。

 

ホテル・旅館への転職をお考えであれば、宿泊業界に特化した転職支援サービス「おもてなしHR」にご相談ください。あなたにピッタリ合った仕事を一緒に探していきましょう!

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る