東京都江戸川区の旅館・ホテル業界の求人一覧

おもてなしHRでは、江戸川区勤務のホテル・旅館などの宿泊業界のお仕事を多数ご紹介いたします。

東京湾に面した臨海公園をはじめ史跡めぐりなど散策も楽しめる街

江戸川区は都会でありながら、自然豊かな観光スポットが充実しています。東京湾に面した広大な臨海公園には、観覧車やバーベキューが楽しめる広場もあり、都会のオアシスとして多くの観光客が訪れます。公園内の水族館は、2200tの大水槽や世界中の海洋生物を見ることができる人気のスポットです。江戸川の河川敷にある菖蒲園では、5月~6月頃に約5万本の色彩豊かな花菖蒲が咲き誇り、訪れる人を魅了します。他にも文化財・史跡も数多く残されており、2016年12月時点で区の文化財は248件となっています。江戸時代のはじめに新田を開いた名主の屋敷は、創建当初の豪壮で格式ある屋敷構えが見られるほか、四季折々のイベントが開催されています。江戸川区では、文化財・史跡巡りに役立つ探訪マップを提供するなど、江戸川区の歴史を多くの人に親しんでもらえるよう取り組んでいます。

4件中 1 〜 4件表示中
ホテル・旅館での
お仕事をお探しの方へ
宿泊業界専任のキャリアアドバイザーがあなたにぴったりの職場をご紹介いたします。ぜひお気軽にお問い合わせください。
ホテル・旅館でのお仕事をお探しの方へ

江戸川区の宿泊業界の情報

川や海に囲まれ、公園数が多い自然豊かな街

三方を江戸川、荒川、東京湾に囲まれ、自然とふれ合える緑豊かな街です。駅周辺に、スーパーや飲食店、公共施設が整っており、鉄道も数多く、都心への利便性が高いベッドタウンとなっています。また、環状7号線や首都高速道路があるため、車の利用にも良い環境となっています。江戸川区は1995年に平和都市宣言を掲げています。"生きる喜びを実感できる都市"(江戸川区公式HPより引用)として、受け継がれてきた文化を守り育てる街づくりに取り組んでいます。2018年4月時点で、公園は486カ所、親水公園は5カ所にあります。区内の樹木数は約656万本と、自然環境にも力を入れています。また、野球場41面、ソフトボール場5面、サッカー場10面などスポーツ施設が充実しています。子育て支援として、「江戸川区子ども・子育て応援会議」を設置し、子どもの健やかな成長と子育てを支える地域社会の実現を目指しています。他にも、学習支援事業として、補習教室の実施などを通して小中学校学習支援を行っています。

東京23区の中で小松菜の収穫量が第1位

江戸川区は東京23区の東部に位置し、1932年に小岩・松江・小松川町、鹿本・篠崎・瑞江・葛西村が合併し設立しました。面積は49.09㎢です。2019年3月時点の人口は約70万人で世帯数は約34万2000世帯となっています。農業においては、2016年度の農業産出額は23区の中で1位となっており、野菜や花きなどの栽培が盛んに行われています。農作物生産状況調査によると、小松菜の収穫量は2854tで、東京都の小松菜の収穫量の約39.5%を占め、都内で1位の収穫量となっています。花き栽培では、主に花壇用苗ものの朝顔やポインセチアなどを中心に、さまざまな品種を生産しています。染色型紙や御座敷箒などの伝統工芸品は、江戸川の歴史を大切に守り受け継いでいます。また、江戸川区の伝統工芸者と女子美術大学が協同し、新しい伝統工芸品を創るプロジェクトを立ち上げるなど、次世代向けの商品の開発にも取り組んでいます。

nextbeat, All rights reserved.