東京都荒川区の旅館・ホテル業界の求人一覧

おもてなしHRでは、荒川区勤務のホテル・旅館などの宿泊業界のお仕事を多数ご紹介いたします。

東京23区で唯一の区立遊園地をはじめ下町風情の残る街

荒川区は荒川区立の遊園地や鉄道沿線のバラ街道、下町情緒あふれる商店街などレトロな雰囲気が魅力の町です。大正時代に開園した遊園地は「日本一遅い」ことを謳ったコースターや東京の景観を眺められる観覧車、メリーゴーランドなど大型遊具もあり、子どもからお年寄りまで幅広い層に人気です。昭和の雰囲気が漂う雰囲気も魅力ですが、2021年にはリニューアルし、より魅力的な遊園地となります。日暮里中央通りには、生地織の店が80店舗以上も軒を連ねる日本最大級の繊維問屋街、日暮里繊維街が広がります。その発祥は大正時代にまで遡り、織物やニット、服飾関連の小物など多彩な素材が充実しており、一軒一軒個性豊かな品揃えで訪れた人を楽しませています。また、谷中の商店街に通じる階段は、美しい夕日を眺められることで知られており、買い物客で賑わう商店街とあわせて観光スポットの一つとなっています。

2件中 1 〜 2件表示中
ホテル・旅館での
お仕事をお探しの方へ
宿泊業界専任のキャリアアドバイザーがあなたにぴったりの職場をご紹介いたします。ぜひお気軽にお問い合わせください。
ホテル・旅館でのお仕事をお探しの方へ

荒川区の宿泊業界の情報

バラを利用した緑化活動や保育施設の整備

荒川区はさまざまな路線が走り都心へのアクセスも良く、2012年の高速鉄道の開業により国際空港へ直結することも可能となり、さらに交通の利便性が高まりました。区の中央部には都電が走っており、区民の足として親しまれています。荒川区ではまちづくりの一環として、この都電の沿線に約140種類のバラを植えつけるなどバラによる緑化の取り組みを行っています。区では子育て環境の充実化を図るため、待機児童解消に向けた保育施設の整備や、全ての児童が放課後を安全・安心に過ごせるように放課後子どもプランの事業の拡大を目指しています。区では待機児童対策として2200人を超す保育定員の拡大の他、児童虐待防止対策・支援体制の強化を目指した児童相談所の設置、施策を進めるなど、子育て世帯へのサポートにも意欲的です。また、荒川自然公園や瑞光端公園などそれぞれに特色ある公園施設も充実しており、ファミリーなどの区民の憩いの場となっています。

下町ならではの商店街が活気づける荒川区の産業

荒川区は東京23区の東北部に位置し、東西に長く面積は約10.2k㎡です。区内の大部分はほぼ起伏がなく平坦で、南西部の山手台地の一部は高台となっています。2019年1月時点での世帯数は約11万6000世帯、人口は約21万6000人で、そのうち外国人人口は約1万9000人です。1998年以降、再開発などの影響で人口は増加傾向にあります。また世帯数は、単身世帯の増加により増加傾向となっています。区内には商店街が数多くあり、2018年9月時点で41の商店街が商店街連合会に加盟しています。店主との言葉の掛け合いが楽しめる下町情緒あふれる商店街は、荒川区の大きな存在となっています。産業では、多分野にわたる産業が集積する製造業の街として近代化し、2014年度において23区中2位となっています。生活関連産業を主としており、全事業のうち約5分の1の事業所が製造業とされ、その比率は全国平均や都平均を大きく上回っています。筆・刷毛づくり、染織など特色のある伝統工芸は、今も職人の技が守り続けられ次世代へと継承されています。

nextbeat, All rights reserved.