履歴書・職歴欄に掛け持ちアルバイトはどう書く?在籍中や退職後の書き方をパターン別で紹介

「ダブルワークがしたい!」「過去にアルバイトを掛け持ちしていた」という方であれば、履歴書・職歴欄の記入は戸惑ってしまうもの。どのように記入すれば、採用担当者に伝わりやすい履歴書になるのでしょうか。アルバイトの掛け持ちがしたい求職者、あるいは掛け持ち経験があるという求職者の履歴書の書き方をご紹介します。

履歴書・職歴欄の掛け持ちアルバイトの書き方は?

iStock.com/takasuu

 

「新しい仕事がしたい!」と思った時に、真っ先に思い浮かぶのは履歴書の作成ですよね。しかし、複数のアルバイトがしたいと思っている方や、過去にダブルワークをしていた方であれば、履歴書・職歴欄の記入に戸惑う方も少なくないのではないでしょうか。

 

掛け持ちアルバイトに関する履歴書・職歴欄の記入パターンは、大きく下記の3つに分けられます。

  • [1] 掛け持ちのアルバイトを増やしたい場合
  • [2] 過去に掛け持ち(ダブルワーク)をしていた場合
  • [3] 副業でアルバイトの掛け持ちをしたい場合

それぞれの履歴書・職歴欄の書き方をご紹介しますので、ぜひ参考にしながら、履歴書の記入を進めてみてくださいね。

 

履歴書・職歴欄の書き方[1]:掛け持ちのアルバイトを増やしたい場合

【履歴書の書き方】掛け持ちアルバイトの職歴

©nextbeat

 

現在、既にアルバイトとして勤務していて、さらに別の仕事を増やしたいという方の履歴書・職歴欄は、上記のように記入しておけば問題ありません。「現在に至る」や「在職中」のみの記入でもOKです。

 

在職中であることを示した行の1行下には、学歴・職歴欄の終わりを示すため、「以上」を右寄せで記入します。「以上」を記入するの履歴書の基本ルールですので、未記入のまま提出しないよう、注意してくださいね。

 

履歴書・職歴欄の書き方[2]:過去に掛け持ち(ダブルワーク)をしていた場合

過去に仕事の掛け持ち(ダブルワーク)をしていたという方は、「会社ごと」「時系列順」「入社・退職を1行にまとめる」という3つの記入パターンが考えられます。それぞれのパターンの履歴書・職歴欄の例をみていきましょう。

 

会社ごとに入社・退職をまとめる場合

【履歴書の書き方】掛け持ちアルバイトの職歴

©nextbeat

 

入社・退職を時系列順にまとめる場合

【履歴書の書き方】掛け持ちアルバイトの職歴

©nextbeat

 

入社・退職を1行にまとめる場合

【履歴書の書き方】掛け持ちアルバイトの職歴

©nextbeat

 

なお、書き方に決まりはありません。自分が見やすいと思うパターンを選び、記入しましょう。

 

履歴書・職歴欄の書き方[3]:副業でアルバイトの掛け持ちをしたい場合

現在、正社員として働いており、副業としてアルバイトを始めたいという方は、下記いずれかのように記入します。

【履歴書の書き方】掛け持ちアルバイトの職歴

©nextbeat

 

【履歴書の書き方】掛け持ちアルバイトの職歴

©nextbeat

 

正社員であることを記入しておけば、応募した仕事は「副業」であることを採用担当者に理解してもらえることでしょう。ただし、本人希望欄や面接でも「副業として働きたい」旨は、必ず伝えるようにしてくださいね。

 

掛け持ちバイト応募時に履歴書・職歴欄以外で気を付けるポイント

iStock.com/fizkes

 

掛け持ちバイトとして応募をする時には、履歴書・職歴欄のほかにも気を付けなければならないことがあります。ポイントを踏まえたうえで応募をすれば、より選考をスムーズに進めることができるはずでず。3つのポイントをご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

 

勤務先・応募先の就業規則を確認する

2018年から実質的に副業は解禁されたものの、全ての企業で副業やダブルワークが認められているという訳ではありません。噂では大丈夫と聞いたものの、就業規則にはまだ明記されていないという企業もあるはずです。

 

よって、掛け持ちのアルバイトがしたいと考えた時にはまず、現在の勤務先の就業規則を確認することから始めましょう。就業規則の中で働くことができなければ、最悪の場合、懲戒解雇をされる恐れもあります。「知らなかった」では済まされませんので、注意してくださいね。

 

もちろん、応募先の労働条件を事前に確認しておくことも忘れずに。

 

志望動機や自己PRで前向きな姿勢をアピールする

アルバイトを掛け持ちしたいという求職者の多くは、お金を稼ぐことが働く主目的であるはずですが、志望動機に「お金が欲しいから」と記入するのは気が引けますよね。そんな時は、「お金を稼ぎたい理由」を書くのがおすすめです。

 

学生であれば学費や留学資金を稼ぐため、社会人であれば生活費を稼ぐため、と記入するのも良いでしょう。加えて、自己PR欄に「体力に自信があること」を記入しておけば、採用担当者も選考を進めやすくなるはずです。

 

他の応募者に遅れを取らないためにも、「しっかりと働いてくれそう」というイメージを与えられる志望動機・自己PRを考えてみてくださいね。

 

本人希望欄で希望をわかりやすく伝える

職歴欄に「在職中」と記入したとしても、全ての採用担当者が掛け持ち希望と受け取ってくれる訳ではありません。

 

採用担当者に状況を正しく理解してもらうためにも、本人希望欄に「ダブルワークを希望している」ということは明記しておきましょう。あわせて、希望シフト・希望勤務時間帯を記入しておくのも大切です。

 

また、書類選考通過後の面接の場でも、ダブルワークを希望している旨は忘れずに伝えてくださいね。自分が無理なく働くため、また応募先の企業に迷惑をかけないためにも事前に伝えておくのことは重要です。

 

履歴書・職歴欄でアルバイトの掛け持ちを伝えよう!

iStock.com/Doucefleur

 

掛け持ちのアルバイトに応募をする際は、履歴書の職歴欄で現在の就業状況を正しく伝えるのが第1のステップです。

 

志望動機・自己PR欄・本人希望欄も有効活用しながら、ダブルワークでも問題なく働くことができるというイメージを与えられる履歴書を作成しましょう。

 

過去にダブルワークをしていたという方も、経験は採用担当者の目に魅力的に映るはずですので、忘れずに記入してくださいね。

 

履歴書「学歴・職歴欄」の書き方《職歴編》|アルバイト歴は書く?職歴なしは?転職・パート応募のポイントも

 

履歴書の書き方徹底ガイド!テンプレートと見本付きで封筒・学歴・職歴・志望動機・写真のポイントを一挙解説

 

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る