子育てするなら逗子市や葉山?移住の失敗で後悔しないために知っておくべきこととは?

自然の中で子育てしたい、マリンスポーツを日常生活の一部にしたい!という人にとって、逗子市や葉山町は憧れの移住先ではないでしょうか。しかし、この地域の特色を理解せずに移住を決めると、後悔することになってしまうかもしれません。逗子市・葉山町での生活の魅力や、覚悟が必要なポイントを詳しく見ていきましょう!

後悔しない!逗子市・葉山町への移住

サーファー

joyt- stock.adobe.com

 

湘南と横浜の間に位置する逗子市と葉山町は、ともに移住先として人気が高いエリアです。特にマリンスポーツが好きな人にとっては「いつか住みたい憧れの街」なのではないでしょうか。

 

しかし、地域の特色を理解せずに憧れだけで移住すると、失敗に終わりがちです。この記事では逗子市と葉山町における生活の魅力と、移住を決める前に必ず押さえておくべきポイントを解説します。

移住先として逗子市・葉山町の人気が高い理由

逗子市や葉山町が移住先として選ばれるのは、豊かな自然に囲まれながらも便利な生活を送れるからではないでしょうか。逗子市・葉山町で暮らすメリットを見ていきましょう。

東京へのアクセスが良い

逗子市と葉山町は隣り合ったエリアですが、どちらに住んでも東京へのアクセスは良好です。

 

逗子市であれば逗子駅が湘南新宿ラインの始発駅。混雑する時間帯でも、1.2本電車を見送って並べば、座って快適に通勤できるでしょう。逗子駅から新宿駅までは、快速で1時間4分です。

 

葉山町の場合は逗子葉山駅から出ている京浜急行電鉄逗子線が便利です。この駅も始発駅なので座って通勤できるでしょう。

 

ただし、東京都内に行くにはターミナル駅である金沢八景駅で乗り換えが必要です。逗子駅に比べるとその点はやや不便ですが、それでも品川駅まで1時間かからずに到着できます。

海も山もある

自然に恵まれた逗子市と葉山町は、子どもをのびのびと育てたい人や、マリンスポーツが好きな人から移住先として選ばれています。

 

マリンスポーツなら湘南では?と思うかもしれませんが、にぎやかなエリアを避けて住み、湘南には足繁く通う、といったスタイルを取る人も多いようです。

 

また、海と山の水分によって夏は比較的涼しいことも逗子市と葉山町の特長。さわやかな海風を感じながら、山の中でキャンプやバーベキューを楽しむ。そのようなぜいたくが実現する地域なのでしょう。

個性的なお店が多い

鎌倉・湘南・横浜といった観光地からほど近い逗子市・葉山町には、おしゃれなカフェやレストランが数多くあります。また、チェーン店よりも個人商店が多く、お店の人が何かと融通をきかせてくれることがある模様です。

 

たとえば、妊娠中でつわりがひどかった時期に、近所のお肉屋さんが通常のメニューにはないお惣菜を作ってくれたというエピソードがありました。逗子市・葉山町のような街では、ふだんのちょっとしたお買い物でも、地元の人情味が感じられそうですね。

逗子市・葉山町での生活はここが大変

塩害にあった車

goldpix – stock.adobe.com

 

豊かな気持ちで毎日を過ごせそうな逗子・葉山町ですが、この地域ならではの大変なこともあります。移住を考えるのであれば、以下のことは覚悟しましょう。

湿気がすごい

すぐ近くに海と山がある逗子市・葉山町では「海陸風」と呼ばれる、湿気の多い風が噴きます。この風のおかげで、洗濯物を外に干してもなかなか乾かないのです。逗子市や・葉山町で生活するなら、乾燥機や浴室乾燥といった設備が欲しいところでしょう。

 

また、湿気は家にとっても大敵です。逗子市・葉山町に家を建てる場合は、湿気に強い素材を選ぶ、外壁の塗料を工夫するなどの対策が必要です。

 

クローゼットの中にカビが発生したり、植物が根腐れしたりといったことも起こりがちなので建築業者によく相談してくださいね。

塩害がある

洗濯物が乾きにくいということは前の項目でも説明しましたが、海陸風の問題はそれだけではありません。海陸風には海の塩分が含まれるため、洗濯物を長時間外に干していると乾かないどころか塩でパリパリになってしまいます。

 

また、車・自転車・バイクも野ざらしにしていてはあっという間にさびるでしょう。シャッター付きのガレージで大切に保管しなければなりません。

 

エアコンの室外機も塩害でさびる恐れがあるため、耐塩害処理を施したものを選んだり、カバーを掛けたりするなどの対策を取りましょう。

車移動がスムーズにできない

湘南からつながる国道134号線は、夏になると海水浴客で大渋滞します。逗子市・葉山町でもその影響を受け、車移動に時間がかかることはあるでしょう。また、国道134号線は「暴走族の聖地」と呼ばれています。むちゃな運転をする人に遭遇するかもしれません。

 

その一方で、逗子市内や葉山町内は狭い道路が多く、住民からは車の運転が怖いという声が聞こえてきます。狭すぎて救急車両が通れない道もあるようなので、交通事故にはくれぐれも気を付けて暮らしましょう!

逗子市と葉山町の移住・定住施策

逗子市と葉山町では他地域からの移住・定住を促進するための取り組みに力を入れています。どのような取り組みがあるのかを見ていきましょう。

逗子市の取り組み

逗子市では、移住検討中の人に市内での暮らしを知ってもらうための取り組みがされています。メール・電話・FAXで、移住について何でも気軽に相談できる窓口を設けている他、移住者の生の声をホームページに載せています。

 

逗子暮らしの良いところも微妙なところも、包み隠さず語られているので、読めば実際の生活をイメージできるはずです。

 

また、過去には地域のイベントで移住相談ブースを出展しています。2021年2月の時点では、今後の開催予定は不明ですが、もし機会があれば行ってみると良いでしょう。

 

参照:逗子市の移住・定住促進について/逗子市ホームページ

葉山町の取り組み

葉山町はSNSを使った町のPRが話題になっています。フォロワーは25000人以上。自治体の公式アカウントとしては異例の多さでしょう。注目が集まる理由は「親しみやすさ」にあります。

 

自治体の活動には「真面目・堅苦しい」といったイメージがつきまというものですが、葉山町はそこからの脱却に成功しました。SNSに投稿される写真には、短く分かりやすい文章が添えられています。SNSユーザーの視点に立ち、なじみやすさを工夫したのですね。

 

SNSで葉山町の公式アカウントをチェックすれば、友人・知人の投稿を見ているかのような間隔で、町の魅力を理解できるのではないでしょうか。

移住先での仕事もよく考えよう

移住は生活スタイルのすべてを変える一大イベントです。逗子市・葉山町は東京までの通勤も可能なエリアですが、移住後の仕事についてもよく考えて決めてくださね。

 

移住後に逗子市・葉山町でホテルや旅館の仕事をしたい!という人は、おもてなしHRがお手伝いします!

 

なお、神奈川県内への移住に関する記事は以下のページでまとめて紹介しています。併せてご参照ください。

 

華やかな観光地と豊かな自然が魅力!神奈川県の生活環境や移住支援について

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る