旅館で働くのは大変?旅館の仕事の負担と魅力を解説!

旅館の仕事や旅館への就職が大変だと言われる理由は何でしょうか?旅館の仕事内容から旅館の仕事の負担や大変さや旅館で働く魅力について考えてみましょう。

旅館の仕事とは?

旅館ロビー

nawakesa-stock.adobe.com

 

旅館の仕事には、多様な職種や種類があり、求められるものも違います。旅館にはどのような仕事があるのか、仕事内容を確認してみましょう。また、意外と見落としがちですが、旅館の立地や規模も、仕事に大きく影響します。旅館で仕事をしたい人は、ぜひ確認してみてください。

 

旅館の仕事内容

旅館により部署名は異なりますが、接客係(仲居)、予約係(フロント)、清掃、調理など様々な仕事があります。旅館の顔として表に立つ人から、裏方の仕事まで、多くの人が協力して仕事をすることで旅館が成り立っているのです。

 

仕事の内容をひとつずつ確認してみましょう。

 

接客係(仲居)

旅館の仕事の中で最もお客様と関わる機会が多いのが接客係です。

主な仕事は、お客様の出迎え、案内、料理の配膳、見送りなどで、目に見えないところでも動き回らなくてはなりません。また、着物での仕事が基本なので、所作や美しさにも気を配る必要があります。

 

予約係(フロント)

旅館の予約の管理や会計、チェックイン・アウトなどが主な業務です。旅館の顔となる部署でもあり、予約係によって旅館の印象が左右されるといっても過言ではありません。

 

清掃係

清掃係は、旅館を清潔に保つために必要な存在です。客室の清掃だけでなく、布団の準備やアメニティの用意など、掃除以外の小さなことにも気を配らなければなりません。

 

調理(レストラン)

旅館の名物にもなり得る「料理」を支えるのが調理の仕事です。調理補助の場合は、料理長が調理に集中できるようにサポートする必要があり、素早い判断力が求められます。

 

旅館の仕事は規模や立地により違いが出る

旅館といっても、こじんまりとした小さな宿から客室数の多い大きな宿まで規模は様々です。また、旅館の立地によっても、働く人材の集まりやすさも変わってきます。

 

仕事の役割がはっきりと分かれているところもあれば、いくつかの仕事を兼務しなければならないところもあるので、自分がどのくらいの規模の、どんな環境にある旅館で働きたいかを考えておくことも大切です。

 

旅館の仕事は大変?

旅館食事

Taro-stock.adobe.com

 

旅館の仕事が大変だと言われる理由は何でしょうか。体力面と精神面から考えてみましょう。

 

体力勝負の仕事!

旅館の仕事は肉体労働が基本です。特に接客や清掃などは立っている時間が長く、常に動き続けています。また、重いものを持つ機会も頻繁にあり、体力が必須です。旅館の規模にもよりますが、複数の客室を1人で担当する場合もあり、休む間もなく働かなければならない場面があるかもしれません。

 

精神的に悩むことも?

旅館を訪れるお客様の層は老若男女問わず様々です。旅館での仕事は、客層に応じた接客が必要で、細やかな気配りが求められます。あらゆる人を相手にすることは、一人一人の表情や言葉を察知するという難しさと、クレームにも対応しなければならない場面もあり、精神的な負担を感じることもあるでしょう。

 

また、どの職場でもいえることですが、大人数で働くと、少なからず人間関係に悩まされてしまうのも事実です。

 

旅館で働く魅力とは?

旅館部屋

haruna23-stock.adobe.com

 

旅館の仕事は大変ですが、その反面魅力もたくさんあります。就職するメリットとやりがいについて見てみましょう。

 

メリット

旅館に就職するメリットは、旅館の醍醐味である温泉に入れることや住み込みで働くことができることでしょう。勤務先の環境によりますが、観光地であれば休みを利用して充実した時間を過ごすことができます。寮などの住み込みで働く場合、余計なお金を使うことなく、計画的に貯蓄をすることも可能です。

 

また、働きながらマナーや着付けなどを学べるのも魅力のひとつではないでしょうか。

 

様々なタイプのお客様と接する機会の多い旅館の仕事は、幅広い世代に合わせられる対応力を培うことができ、高い接客レベルが身につきます。コミュニケーション力は社会人としても大事な能力で、他の業界や職種にも活かせるスキルです。

 

やりがい

旅館の仕事はお客様との距離が近いことが特徴です。その分、お客様から感謝の言葉を直接いただける機会があります。お客様に対してどのようなおもてなしをするか、快適に過ごしてもらうためにはどんな配慮が必要かを考え実践した結果、感謝の言葉をいただくと、達成感とやりがいを感じるでしょう。

 

また、訪れるお客様も起こる出来事も、毎日違います。変化のある日々の中で、会話のスキルや知識を幅広く身につけられることも、やりがいのひとつではないでようか。

 

旅館の仕事に向いている人は?

女性お辞儀

buritora-stock.adobe.com

 

旅館にはどのような人が向いているのでしょうか。働くまでにあると良いスキルや活かせる知識について見てみましょう。

 

旅館で働く人の適性:日本文化に興味関心がある人

旅館は日本文化を代表するもののひとつです。日本の歴史や文化に興味のある人ならば、文化を伝える一員として活躍できる喜びを感じられるでしょう。

 

旅館で働く人の適性:体力に自信がある人

旅館の仕事は体力勝負です。布団の上げ下ろしから清掃、配膳など常に立って作業する機会が多くあります。スポーツ経験のある人や足腰の丈夫な人など、人並み以上の体力がある人は向いているといえるでしょう。

 

旅館で働く人の適性:誰とでも友好的に付き合える人

旅館の客層は子供から大人まで幅広く、一人で訪れる人もいれば団体客が来ることもあります。基本的なマナーや言葉遣いを守りながら、お客様ひとりひとりに少しずつ接客を変えていくことも大切です。壁を作らずにどのような相手でも打ち解けられる人は、楽しみながら仕事をこなすことができるのではないでしょうか。

 

旅館で働く人の適性:礼儀正しく言葉遣いが丁寧な人

旅館に就職すると、ほとんどの場合、研修などで必要な知識や礼儀作法を学べます。指導と経験により、身についていくものではありますが、日ごろから美しい言葉遣いや基本的なマナーを心がけている人は、旅館の仕事に就いた際、存分に発揮できる場面があるでしょう。

 

旅館で働く人の適性:身につけたいスキル

旅館で働くために必ず必要な資格はありません。しかし、接客業をしたいと考えたなら、自分なりのおもてなしを考えることが大切です。漠然と仕事に就きたいと考えるよりも、どういう仕事についてどんなサービスを提供したいかを想像しておくことで、実際に働いたときに発揮できる力が変わるでしょう。

 

また、近年は海外からのお客様が増加しています。外国語が話せなくても、挨拶や簡単な単語を覚えておくことはコミュニケーションツールとして大切な役割を果たしてくれるはずです。

 

旅館の仕事はお客様の大切な一日のお手伝い

鶴浴衣

MASAFUMI-stock.adobe.com

 

旅館で働く人にとっては当たり前の毎日でも、訪れたお客様にとって旅館で過ごすひとときは特別な時間です。一見華やかな仕事も重労働で厳しい部分がありますが、誰かの大切な一日を手伝えるという喜びを感じられるのも旅館で働くことの魅力ではないでしょうか。

 

就職したときに、働いて良かったと思えるよう、事前にしっかりと準備をして就職活動に臨むことが大切です。ぜひ、仕事選びの選択肢のひとつとして旅館への就職を考えてみてください。

 

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる
採用でお困りの企業様へ
宿泊業専門の求人サイトに求人を載せませんか?
おもてなしHRの特徴
1
意欲の高い求職者
アプローチ可能!
2
ご要望に応じて
最適プランをご提案
3
何名使用しても
追加料金はかかりません
資料ダウンロードはこちら

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る