ホテルに転勤はある?ホテル業の転勤はスキルアップのチャンスになる

転勤の有無は、多くの人が気にしている雇用条件のひとつではないでしょうか。ホテルでも転勤が発生することがあります。転勤をデメリットに感じている人も多く、最近では転勤廃止の流れを進める企業も増えてきています。もし転勤を命じられたら、どういったことを意識するとよいのでしょうか。ホテル業の転勤についてご紹介します。

ホテルの転勤事情とは?

iStock/ADragan

 

ホテル従業員の場合、特に地方で勤務する場合には、地元での採用が積極的に行われています。旅行客の多いエリアでは、その地域の土地勘や近隣情報が活かされる場面が多くあり、地元で働きたいという思いを持って働く人も多いでしょう。

 

そのため、勤務地が限定され、転勤が発生しないことが条件となっている求人も多くあり、全国展開されているホテルに勤務する中には、転勤の有無を選ぶことができる場合があります。一般企業と同じく、組織変更による人事異動は発生しますが、人員配置の変更はホテル内で完結する場合が多いようです。

 

ホテル業で転勤が発生するのは、役職者に多い傾向にあります。また、ホテルの新規開業のタイミングで人員確保のためや、閉館や休業による転勤も存在します。

 

ホテル業の場合、転勤が発生する頻度は一般企業に比べると少ないかもれません。

 

ホテルの転勤はスキルアップのチャンス

iStock/stockstudioX

 

転勤と聞くと、ネガティブなイメージを抱く人も少なくないようです。確かに、慣れ親しんだ土地、家族や友人から離れるのは寂しさを感じるものです。転勤が比較的少ないホテル業の場合、多くはスキルアップのチャンスと捉えることができそうです。

 

新規開業ホテルのスタッフとして

新規開業のスタッフとして、転勤が命じらることがあります。

 

新規開業の場合は、ホテルマンとしての勤務経験だけでなく、ホテルのシステムや企業理念への理解がある人材が必要です。現地での採用と併せて、スキルのある人材を確保することで、一定の質を保つこともできます。

 

そういった理由での転勤の場合は、ある程度のポストが用意されていることもあるため、ステップアップと考えると魅力的です。

 

新規開業の場合は様々なものがゼロからスタートになります。人間関係だけでなく社内のルール作りや従業員教育など、ホテルを作り上げるという意味でもやりがいを感じながら働くことができるかもしれません。

 

役職者として

役職者は、各ホテルに数名しかいません。特に、総支配人や各部門の支配人、料理長といったポストは、なかなか空くことがありません。

 

技術や能力があっても、役職者として勤務するチャンスが少ないのが現状です。全国でチェーン展開されているホテルではそういったポストに空きがでたタイミングで、最適な人材を確保するため、各地の有能な従業員にチャンスが与えられます。

 

役職者が変わると、ホテル内の雰囲気がガラリと変わることがあります。トップに立つ人材の人間性や考え方によって従業員の働き方や意識が変わり、良い効果が生まれることが期待できるため、内側からホテルを一新するという意味でも、役職者の場合は転勤が発生することが多いかもしれません。

 

全国的には転勤廃止の流れ

iStock/takasuu

 

転勤は日本独特の文化であると言われています。その目的は、人材育成やマンネリ化の防止、不正の防止のためと言われています。数年間単位で全国各地に転勤の可能性がある場合も多く、社員の勤務地の決定は企業の権限によるものとなっています。

 

近年、そういった転勤の制度が廃止されることが増えてきました。多くの企業が事業拡大に注力していた高度成長期には、転勤による効果が証明されていたようですが、働き方や暮らし方が変化した現在では、転勤によるデメリットやリスクを感じる企業や人も増えています。

 

転勤の多くは引っ越しが伴い、企業の経済的負担も大きいと言われています。引っ越し代や社宅の用意が必要ですし、家族構成によっては従業員が単身赴任を選択した場合には、その分の手当が支給されることもあります。

 

従業員の中には、家族がバラバラに生活することや子どもの精神的負担を考慮して転勤を断る人もいるほどです。また、転勤によって社内外で培われた人間関係を断ち切られてしまうリスクがあります。従業員の人生設計の妨げになる可能性を考えると、デメリットも多いかもしれません。

 

ホテルの場合も同様です。ホテルのリピーター獲得ためには、お客様と信頼関係を構築することが重要視されています。顔なじみのホテルマンの存在は、お客様にとっても安心材料です。転勤によってお客様との関係が断ち切ってしまっては、大切なお客様を失う結果に繋がりかねません。そういった可能性を考えると、転勤廃止の流れを理解しすることができるでしょう。

 

ホテル勤務で転勤することになったら

iStock/recep-bg

 

ホテルに勤務していて転勤が命じられたら、迷う気持ちが出てくるのは当然でしょう。慣れた土地で働き、培われた人間関係のことを考えると、なかなか踏み出せないこともあるはずです。

 

もし転勤で新たな勤務地を訪れることがあったとしても、ホテルマンとして提供するべきサービスや接客の質は変わりません。どこに行ってもお客様は同じです。ホテルマンとしての努めは、お客様に喜んでもらえるような質の高いサービスを提供することでしょう。

 

その土地を積極的に知り、新たな発見を楽しみにする気持ちを持つことで、転勤に対してのネガティブな印象を払拭出来るのではないでしょうか。新しい勤務地で、前向きな気持ちを持って働くことで、もしかしたら自分の新しい姿を発見出来るかもしれません。

 

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る