ホテル業界に新卒採用で入社するメリットと必要な覚悟とは

新卒時の就職は、その後の人生を大きく左右する可能性のある重大な岐路です。初めて社会に出る新卒のみなさんは、どの業界に就職しても未知の世界を知ることとなるでしょう。その中で、ホテル業界への新卒入社ではどんな世界が待っているのか解説します。

ホテル業界に新卒採用で入るメリット

キャリアプラン

adrian_ilie8 – stock.adobe.com

 

新卒採用での入社には、中途採用には無いさまざまなメリットがあります。そのメリットを最大限に活かせる、後悔の無い就職をしたいと思うのは、就活生共通の願いではないでしょうか。

 

さまざまな業界の新卒採用がある中で、ホテル業界にはどんなメリットがあるのか見ていきましょう。

未経験で高級ホテルや外資系ホテルにチャレンジできる

新卒採用は、未経験の人材を採用することが大前提です。どの業界でもそれは同様ですが、ホテル業界では特に、新卒は貴重なチャンスです。

 

ビジネスホテルやカプセルホテルなどは別ですが、高級ホテルや外資系ホテルでの中途採用は、経験者の募集が多いのです。稀に未経験で応募できる求人があったとしても、経験者のライバルが現れれば採用を勝ち取ることは困難かもしれません。

 

その点、新卒採用は未経験であることが当たり前です。学生時代にホテル業やサービス業でのアルバイト経験はあった方が有利ですが、全くの未経験だからと言って、応募すらできないことは無いはずです。

 

高級志向のホテルへの就職を希望しているのであれば、ぜひ新卒のチャンスを最大限に活かしてくださいね。

学生時代の学びを活かせる場面が多い

さまざまな部門があり、お客様の滞在時間が長いホテルでの仕事には、学生時代に学んだことを活かせる場面が多々あります。サービス学や観光学、語学や経理学などの学問に限らず、アルバイトやサークル活動での経験も大いに役立つことでしょう。

 

例えば観光学では、観光に関わることをあらゆる角度から研究しますが、さまざまな角度で物事を見つめる視点が、サービスの向上に繋がるのです。

 

また、アルバイトやサークル活動で、メンバー全員で連携を取ることの重要性を学んだ人が多いのではないでしょうか。あらゆる部門の従業員が連携しなければ業務が回らないホテル業界では、チームで組織を動かした経験が役に立ちます。

教育カリキュラムの充実

新卒は一斉入社のため、同期と共に充実の教育が受けられる可能性が高くあります。中途入社の場合は繁忙期とぶつかるなどの事情で、入社後の研修が手薄になることもありますが、新卒入社においては内容の濃い教育が用意されているのが一般的です。

 

また、OJTでさまざまな部門の仕事を一通り体験させるホテルもあります。実際の業務で自分の適性を見極めやすいことも、新卒入社のメリットと言えるでしょう。

キャリアプランが立てやすい

新卒一年目は、定期的な面談などを設ける企業が多く、社内での将来のプランを立てやすい時期です。目上の人に相談に乗って貰いやすいのも、新卒の特権と言えるかも知れません。特に、さまざまな部門があるホテルの仕事は、目標を決めて取り組むことが非常に重要です。

 

同じホテルでキャリアを重ねるのか、数年後のキャリアアップ転職を目指して頑張るのか。入社後の分かれ道が多い業界なので、目上の人に相談できる機会が多いのは、非常に大きなメリットなのです。

ホテル業界への新卒入社で覚悟するべきこと

クレーム対応

metamorworks- stock.adobe.com

 

ホテル業界への新卒入社を考える上では、覚悟が必要なこともあります。どんな仕事に就くにしても、何かしらの覚悟は必要ですが、ホテル業界ならではのことを見ていきましょう。

勤務時間が不規則

ホテルの現場における勤務体制は、夜勤や中抜けなど不規則なシフトで、土日は休めないことが多々あります。そのため、学生時代の友人たちになかなか時間が合わず、一緒に遊べないことも少なくありません。

 

入社後に後悔しないよう、勤務体制はしっかり確認することが必要です。また、ホテル業界で働きたいけど不規則な勤務はどうしても避けたい!という人は、現場ではなく企画・広報や事務の求人に応募するという手段もあります。

出世の道は甘くない

日系の老舗ホテルはは年功序列で出世が遅く、外資系ホテルはは実力主義である傾向が強いと言われています。どちらにしても、ホテルの業界での出世の道は、決して甘くはありません。

 

また、高級ホテル以外では、出世できたとしても賃金はあまり上がらず、業務負担が増えるだけ、とう声もチラホラ。ホテル業界で高収入を目指すなら、若いうちからキャリアアップ転職の計画を立てて行動する必要があるかもしれません。

クレーム対応は日常茶飯事

サービス業界への就職で必ず覚悟が必要になるのはクレーム対応です。正社員であればアルバイトやパートタイマーでは収まらない、重いクレームの対応も任されます。

 

経験を重ねて慣れていくものですが、社会人になったばかりの新卒社員にとっては辛いことでしょう。対応に苦慮する場面では焦らず冷静に、先輩や上司に頼ってくださいね。

ホテル業界の新卒採用の流れは?

naka- stock.adobe.com

 

ホテル業界の新卒採用においては、大学・専門学校等のレベルよりも、人物像や志望動機が重視される傾向にあります。ホテル業界で自分が将来どうなりたいのか、なぜそのホテルを選んだのかの理由を明確にし、しっかりとアピールしてください。

 

ホテルの新卒採用の流れは、一般的な企業と同様です。最上学年の3月ごろから説明会やプレエントリーが始まり、6月ごろから本格的な採用試験が開始となります。面接のみの所もあれば、筆記試験(一般常識・外国語・時事問題など)が実施されることもあります。

 

応募するホテルを決めたら、試験内容を確認し、対策を万全に整えましょう。選考がスムーズに進めば、7月から8月あたりに内定が出ます。

 

また、ホテルによっては毎年長期休みの時期に、学生インターンシップの募集が出る場合もあります。まだ就職活動スタートの学年では無いという人も、ホテル業界への就職に興味があればぜひ、参加してみましょう。それが来年、再来年の就職活動へと繋がります。

ホテル業界への新卒入社で失敗しないためには?

疑問

metamorworks- stock.adobe.com

 

ホテル業界は長時間労働や休日の少なさ、重労働な割に給料が少ないなどブラック労働が多いと言われています。ここ数年の間で働き方改革が進み、昔よりは良い労働環境になりつつありますが、業界全体が人手不足で、未だにブラック労働をせざるを得ないホテルが少なくありません。

 

独自の文化を持つホテルもあるので、合う・合わないの見極めも重要です。ブラック労働を避け、水の合う職場に巡り合うためには、しっかりと情報収集を行いましょう。求人を探す時は給与や福利厚生だけでなく、年間休日数や平均残業時間もチェックしてください。

 

また、インターンシップが開催される場合はぜひ参加してみてください。求人情報に書かれた数字だけでは推し量れない、職場としてのホテルの雰囲気が掴めるはずです。

 

そして、疑問点は質疑応答の時間に質問し、解決しましょう。採用試験は企業が就活生を選ぶ場所であり、就活生が企業を選ぶ場所でもあります。不明点をそのままにして入社を決めることが無いよう、クリアにしてくださいね。

ホテル業界に特化した就職支援サイトを活用しよう

インターネット

miya227- stock.adobe.com

 

インターネットを通した就職活動が当たり前の現代では、さまざまな就職支援サイトがありますよね。新卒者向けのサービスを利用する学生さんは多いと思いますが、ホテル業界を狙っているなら「おもてなしHR」も役に立ちます。

 

おもてなしHRは、ホテル業界に特化した就職・転職の支援サイトです。求人情報の掲載だけでなく専任アドバイザーによるサポートも無料で提供しています。また、ホテル業界の仕事を詳しく解説したコラムも多数掲載されているので、仕事選びの参考になるでしょう。

 

ホテル業界への就職活動の第一歩として、まずは登録してみてはいかがでしょうか。もちろん登録も無料です。

ホテル業界への就職は新卒採用がチャンス!

ホテルフロント

Elnur- stock.adobe.com

 

ホテル業界で身を立て行きたいと考えるなら、新卒採用は大きなチャンスです。ホテル業界ならではの大変なことは少なからずあり、社会人一年目から身を置くのは並大抵のことではありません。しかし、業界内でのキャリア形成を考えれば新卒入社は有利に働きます。

 

ぜひ、おもてなしHRのサービスを活用し、一年目から活躍できるホテルと出会ってくださいね。

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る