面接には何分前に到着するべき?適切な到着時間を知って面接に備えよう

面接の際、悩みどころなのが「何分前に到着するべき?」という点。遅刻するのはもちろんNGですが、かと言って早く着きすぎるのもマナー違反です。丁度いい到着時間を知ることで、目安を立てて行動することができますよ。面接の適切な到着時間についてご紹介していきますので、ぜひご参考にしてみてくださいね。

面接の到着時間は何分前がベスト?

 

面接会場への到着時間は、面接開始時間の10~15分前がベストとされています。

 

注意しなければならないのが、これはあくまで会場到着時間の目安であって、受付をする時間ではないということ。

 

会場に到着した後、すぐさま受付に向かうのではなく、身だしなみの最終チェックなども行う必要があります。

 

余裕をもって会場に向かい、受付をするのは面接の5~7分前くらいが丁度いいと覚えておきましょう。

 

次の項目では、面接会場に到着してからの流れについて、具体的にご説明していきます。

 

面接会場に到着してからの流れ

腕時計

yslab02-stock.adobe.com

 

面接会場に着いたら、どのような流れで受付に向かえばいいのでしょうか。

 

ひと通りの動作を確認し、掛かる時間の目安を知っておくと、当日に時間配分で困ってしまう心配がなくなりますよ。

 

【10~15分前】会場到着

 

面接開始10~15分前に、会場に到着します。

 

そう頻繁に起こることではありませんが、稀に地図を読み間違えて別会場に着いてしまった、というハプニングもあるようなので、入念に位置を確認しましょう。

 

その上で、時間に余裕をもって行動することが重要です。面接会場の階数や部屋の位置なども、この時点で改めて把握しておきます。

 

【7~10分前】身だしなみチェック

 

受付に向かう前に、身だしなみのチェックを行います。

・服の着こなしに問題はないか

・髪は乱れていないか

・靴は汚れていないか

・埃などがついていないか

上記のようなポイントを確認し、不備があるようならすぐに整えましょう。

 

家を出た段階では身だしなみが完璧でも、会場に向かう途中でどこかしらが乱れてしまうことは十分に想定できます。

 

気にしすぎるくらいで丁度いいので、きちんとした身なりになっていることを確認してくださいね。

 

【5~7分前】受付への挨拶

 

面接開始の5~7分前になったら、受付への挨拶を行います。多くの場合、受付に固定電話が置いてあるか担当者がいますが、挨拶の文言は基本的に同じです。

「こんにちは。本日の〇時に面接のお約束をさせていただいております、おもてなし花子と申します。恐れ入りますが、採用担当の〇〇様にお取り次ぎいただけないでしょうか。」

上記のように、挨拶と用件を受付で伝えます。淀みなくハキハキとした話し方ができるのがベストですよ。

 

特に、固定電話の場合は声が小さかったり、滑舌が悪かったりすると、一度で言葉が伝わらないことがあるので注意しましょう。

 

関連記事:【面接の受付に関する情報まとめ】~挨拶、マナー、トラブルの対処法を紹介~

 

待機

 

受付で受けた指示に従い、面接官から声が掛かるまで指定場所で待機します。

 

スマートフォンの電源や通知音が切れているか、提出書類がスムーズに取り出せるようになっているかなどを確認し、静かに待ちましょう。

 

面接の到着時間に関する注意点

 

面接の到着時間によっては、面接官からの評価が著しく低くなる恐れもあります。また、会場周辺での振る舞いが、面接の印象に響くことも。

 

注意を払って行動すべきなのは、面接の最中だけではありません。面接の前後も気を抜かずに行動することを心掛けてくださいね。

 

早く着きすぎると面接相手の迷惑になる

 

面接会場に早く着きすぎると、マナー違反だと捉えられる場合があります。いくら身だしなみが気になったとしても、20分以上前には着かないよう気をつけましょう。

 

また、注意が必要なのが、面接会場が独立した施設である場合です。

 

例えば、幼稚園や保育園、ホテルや自社ビルなどで面接をする場合は5~10分前くらいに到着し、そのまま受付を済ませます。

 

この場合、身だしなみのチェックは会場に向かう道中で行わなければなりません。コンビニのお手洗いなどを借り、服装の確認をしてから会場を目指してください。

 

面接会場付近での時間つぶしは避けよう

 

想定よりも早い時間に会場に着いてしまったら、適度な時間になるまで待たなければなりません。

 

その際、注意が必要なのが、面接会場付近での時間つぶしは避けた方がいいということ。

 

面接会場にあまりにも近い場所で過ごしてしまうと、面接先の社員と遭遇するリスクがあります。

 

問題のある行動を起こさない限り、面接の結果に大きな影響を及ぼすことはないでしょうが、想定外の接触はできる限り避けた方がいいでしょう。

 

無駄なリスクを回避するためにも、面接までの時間を過ごす場所は会場から少し離れた位置にするのがベストですよ。

 

遅刻しそうな時は早めの連絡を!

 

遅刻をしないのが理想ですが、交通トラブルなどやむを得ない理由で会場入りが遅くなるケースも考えられます。

 

もし間に合わないことが決定したら、可能な限り早く面接先に連絡をしてください。間違っても、面接開始5分前等に連絡するのは避けましょう。

 

面接会場への到着時間は余裕をもって!

時計とカレンダー

tamayura39-stock.adobe.com

 

面接会場へ向かう際は、時間に余裕のある行動をすることが何よりも重要です。

 

早く着きすぎたら適切な時間になるまで待ってから会場入りをすればいいですが、遅刻となるとそうは行きませんよね。

 

面接の際、最も避けるべき事態は遅刻です。適切な時間に到着できるよう、調整をして面接会場へ向かってくださいね。

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る