客室清掃の仕事を辞める理由とは?長く続けるためのコツを解説!

客室清掃の仕事には「慣れればひとりで淡々とこなせる」「1日数時間から働けるのでパートタイムやアルバイトにちょうどいい」といった利点があります。しかし、一方で労働環境や対人関係などに悩み、早い段階で辞める人も少なくありません。客室清掃の仕事を辞める具体的な理由や、長く働くためのポイントを見ていきましょう。

客室清掃の仕事は辞める人が多い?

悩む女性

taka- stock.adobe.com

 

未経験者歓迎で、1日短時間の勤務も可能な客室清掃の仕事はパートタイム・アルバイトの定番です。しかし、働き始めて間もない段階で辞めてしまう人も少なくありません。

 

客室清掃の仕事を辞めてしまう理由とは何なのでしょうか。辞めずに楽しく仕事を続けるための心がけと併せて解説します。

 

なお、客室清掃の仕事内容などについては以下の記事もご参照ください。

 

【ホテルのハウスキーパー】仕事内容とは?やりがい、必要な資格・スキル、キャリアステップについて

 

客室清掃は辛い?客室清掃は辛さ以外にも楽しさ・メリットもある!

 

遅いのは問題外?ホテルの客室清掃のトラブル事例を紹介

客室清掃を辞める理由とは

客室清掃の仕事を辞める理由としてよく挙げられるのは「人間関係・労働環境・仕事のキツさ」の3つ。どのようなことで「辞めたい!」と感じるのか、それぞれの理由を具体的に見ていきましょう。

人間関係

さまざまな経歴を持つ人が集まる客室清掃の現場では、人間関係が難しくなりがちです。ホテルの支配人とベテラン客室清掃員が対立していたり、派閥争いがあったり。

 

また、先輩の教え方が優しくない、聞こえよがしに悪口を言われる、無視されるといったことで悩み、退職に至る人も多いようです。

労働環境

客室清掃員の派遣会社や、勤務先のホテルによっては労働環境が良くないこともあります。重労働の割に時給が安いといったことから、偽装請負の疑いがあるなど「納得して働けない」と判断して辞めるのですね。

 

また、客室清掃員が下に見られる、客室清掃員はエレベーターを使えない・空調の効かない非常階段で待機しなければならないなど、おかしな風潮に疑問を感じて辞める人も居ます。

仕事のキツさ

未経験からチャレンジできる客室清掃ですが、仕事は決して簡単ではありません。体力を消耗する作業を、効率よく仕上げなければならないのです。

 

完璧に仕上げたつもりでもわずかな水滴の跡やシーツのヨレを指摘され、シフトの時間が過ぎても「合格」をもらえなれば残業してやり直す、といったことも考えられます。「時間内に終わらないのは手際が悪いから」という判断で、サービス残業になったという体験談もありました。

客室清掃の仕事を辞めずに続けるコツとは?

目標

Quality-Stock-Arts- stock.adobe.com

 

いろいろとつらいことに直面するかもしれませんが、プロの掃除テクニックを磨いていけるメリットは客室清掃の仕事ならではのもの。身に付けた技術は私生活でも必ず役に立つでしょう。

 

客室清掃の仕事を辞めず、長く続けるための心構えを紹介します。

応募先をよく選ぶ

客室清掃の仕事に限らず、ひとつの職場で長く働くためには応募先をしっかりと選ぶことが重要です。同じ職種でも給料や福利厚生といった待遇面に開きがあることは少なくありません。

 

また、社会保険に入れたくない、有給休暇を付与したくないといった理由で、事実上の従業員を個人事業主扱いとする「偽装請負」をしているなど、怪しい会社ではないかどうかもきちんと調べましょう。

 

希望に合った条件で働きたい、信頼できる会社を見つけたい、という場合は仕事探しのプロである転職エージェントへの相談もおすすめです。

あいさつ・お礼・謝罪は素直に伝える

人間関係が難しい……という場合、特に心がけたいのはあいさつ・お礼・謝罪です。

 

たとえあいさつを返してもらえなくても、自分からあいさつすることをやめてしまえば「あいさつもできない人」と見なされてしまいますよね。職場全体からの評価を考えれば、あいさつはしていた方が得なのです。

 

また、厳しい言い方で注意されても、指導の内容が正しければお礼・謝罪は素直に伝えることも重要です。あいさつ・お礼・謝罪の3点を心がけていれば、馬が合わない人とは浅いお付き合いにしていると良いでしょう。

仕事は目標をもって楽しむ

客室清掃の仕事を長く続けている人に共通しているのは「目標を持って仕事を楽しんでいる」という点です。自分の中で「今日は昨日よりも早いタイムで清掃を終わらせる!」「ひとつもミスしない!」といった目標を作り、それに向かって取り組むのですね。人間関係の悩みにも「〇人の先輩に自分からあいさつする」などの形で応用できます。

 

目標を達成できたら「帰りにプリンを買って食べる」「いつもより高級なビールを飲む」など、ちょっとしたご褒美を決めるのも効果的です。

職場を変えて客室清掃の仕事を続けるのもアリ

つらいこと、辞めたくなることがあっても、心がけひとつで楽しくなる。それが客室清掃の仕事なのですね。

 

労働環境が明らかにおかしかったり、人間関係が悪化しすぎて耐えられなくなったりした場合は、職場を変えて客室清掃の仕事を続けるという手段もあります。客室清掃の転職は、私たちおもてなしHRにお任せください。

 

ホテル業界の就職・転職事情に詳しい専任アドバイザーが希望や経験を考慮の上、求人を紹介いたします。完全無料のサービスなので、まずは登録から始めましょう!

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る