Uターン転職のやり方を解説!Uターン転職の進め方とは?

Uターン転職とは聞くものの実際にどのようなUターン転職のやり方があるのかはわかりにくいものです。Uターン転職を実際にどのように進めてどのようなやり方で行えばUターン転職を無りなく進めやすいのかを解説します。

Uターン転職をしたいと思ったら?

Uターン転職をしたいと思ったら、Uターン転職のやり方の前に準備が必要です。

 

通常の転職とUターン転職では勝手が違う部分が多くありますので、なんとなく地元に転職するって考えだけだとうまくいかないことや予想外のアクシデントも出てきます。

 

まずは、Uターン転職について理解し準備してから行動を起こす必要があります。

Uターン転職を理解しておく

Uターン転職とは地元に帰って転職することではあるのですが、ただ地元に帰って働くということだけで片付けられるものでもありません。

 

地方に転職活動をするということは都会よりも厳しい面もありますので、慣れ親しんだ地元に帰って働くことにメリットばかりがあるわけでもないということや、

 

リスクや難しさなどの部分を理解して計画を練っていきましょう。

Uターン転職が必要かを考える

ただ単に転職がしたい、なんとなく地元に帰りたい、というのはUターン転職のキッカケにはなりますが、本当にUターン転職をすることがベストな選択であるのか?

 

という部分を冷静に考え直してみる必要性はあるでしょう。

 

わざわざUターン転職をしなくても解決できることであった、冷静に考えれば別の選択肢もあった、などということになると後悔してしまいますし、Uターン転職は大変なことも多いので、

 

無理してUターン転職しなくてもいいのでは?という部分はないかを考えてみましょう。

Uターン転職にかかる費用の計算

Uターン転職の場合、通常の転職よりも時間もかかりやすいですし、

 

移動費用なども多くなってしまう傾向があります。

 

また、めでたくUターン転職を成功させたらさせたで、引っ越し費用や新生活の準備などの費用は通常の転職よりも必要になりますので、

 

最低、いくらぐらいの費用が必要なのかやUターン転職に使える費用は手元にいくらぐらいあるのか、という費用面の確認や準備も通常の転職よりもしっかり考えておきましょう。

Uターン転職のやり方:情報収集

Uターン転職をするにあたりまずは情報収集をしましょう。

 

いくら地元といっても離れていれば様変わりしているものですし、幼少時代の印象や状況とは大きく違う部分が出てくるはずです。

 

どのような企業があるのかはもちろんですが、地域の特性の制度であったり、家賃相場なども地域で違いますので、

 

地元で働く友人や知り合いとコンタクトをとるのも有効ですし、仕事と暮らしの部分での情報収集をしてイメージを固めておきましょう。

Uターン転職のやり方:スケジュールを決める

通常の転職活動でも短くて3か月程度は見積もっておかなければなりませんので、Uターン転職の場合は、日程の調整等での時間もかかるでしょうし、

 

地方ということで求人が少ない可能性も考慮して、短く見積もっても半年程度は考えておいたほうがいいかもしれません。

 

また、転職先が決まったら退職という流れになると思いますし、引っ越しの準備等も考えて、転職先が決定してから実際に働くまでの期間も退職時期と兼ね合わせて考えておきましょう。

Uターン転職のやり方:求人を探す

求人は様々な求人サイトが多くありますので離れた土地の求人も探しやすくはなっていますよね。

 

また、求人サイトに載っていなくても企業サイトでは募集していることもありますので、地元企業をピックアップして、サイトを確認していくのも効果的かもしれません。

 

地方によっては求人数が少なく希望のものがあまりない可能性もありますので、ある程度の期間が必要になることや巡り会わせなども考えて、希望のものが出てくるのを待つという覚悟や忍耐の部分での心構えも必要です。

Uターン転職のやり方:転職活動を行う

地元で希望の求人があれば、応募して転職活動を本格化させましょう。

 

Uターン転職であっても採用プロセスや面接などが大きく違うことはありませんので、企業に自分をアピールして採用を勝ち取りましょう。

 

ですが、採用や選考を進めるうえで、Uターン転職の場合は移動や調整の部分は必要ですし、なぜ地元に帰って働くと考えているのか?という部分も問われるかもしれません。

 

選考の進み方や調整は通常の転職よりも難しい部分が出てくるかもしれませんが、採用に向けては大きく変わりはしないので選考に入れば後はあなた次第と言えるでしょう。

Uターン転職のやり方:退職・引っ越し

めでたく採用を勝ち取れたら、現状の職場の退職を申し入れましょう。

 

採用側にも、通常よりも時間が必要になることをUターン転職の場合は伝えておくといいかもしれません。

 

早ければ2週間程度で退職という運びになることもありますが、1か月から2か月後ということもありますので、転職先とや現状の職場と相談して調整していく必要があるでしょう。

 

また、転職先が決まったら退職日までの間に引っ越しの準備等も必要になりますし、転居先も探さないといけませんので、余裕がないスケジュールだと厳しくなります。

 

退職した次の日から働けるようなことにはならないことを踏まえて段取りしておきましょう。

先に地元に帰ってUターン転職はあり?

地元に帰るUターン転職のやり方ですと、先に仕事を辞めて地元で仕事探しをしてもいいのでは?

 

と考える方もいるかもしれませんが、どんな転職であっても仕事を辞めてから探すのはリスクがあります。

 

確かに、地元ということで実家があったりと暮らしていけないわけではないかもしれませんが、地方であれば求人が少ないといった部分もあって仕事が決まらないことでブランク期間が延びてしまいます。

 

リストラなどやむを得ない理由がない限りは、Uターン転職であっても仕事をしたままのほうが無難でしょう。

Uターン転職のやり方は事前準備と進め方が重要!

Uターン転職のやり方は事前準備がとても大事になります。

 

地元に帰って働くことはとても良いことではありますが、地元だから特別なアドバンテージがあるわけではありません。

 

むしろ地元が遠い人はUターン転職にかかる時間や費用も多くなってしまう可能性もあります。

 

ですから、思いつきでUターン転職をするとうまく行かない可能性が高くなりますので、Uターン転職をするのであれば事前準備をしっかりとして、リスク想定やスケジュール管理を行い、無理のないような進め方で確実性を高くして行うように意識しましょう。

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る