【地方創生の成功例】各地で賑わう地方創生の成功例からカギになるものとは?

地方創生は、加速する地方の人口減少、超高齢化に歯止めをかけるための取り組みです。2014年にスタートし、「活力ある日本社会」の維持のために政府一体となって各地域の自律的な社会の創成を目指しています。地方創生を成功させるために大切なことは何でしょうか。これまでの取り組みと成功例から考えてみましょう。

地方創生とは

賑わう中心部

iStock/CHUNYIP-WONG

 

 

日本は、本格的な人口減少・超高齢社会を迎えようとしています。それに伴って、地域の衰退という大きな課題を抱えています。2014年に「まち・ひと・しごと創生本部」が設置され、国と地方が一体となって、活力ある日本を維持するための取り組みを地方創生と呼びます。
人口が首都圏に集中することを食い止めるため、地方自治体は住みよい環境を確保し、魅力あふれる地域づくりに努めています。

その取り組みは「まち・ひと・しごと創生」のキーワードによって具体化され、「多様な人材の活躍を推進する」「新しい時代の流れを力にする」
という2つの目標に向かって進められています。

地方創生の取り組み

会議

iStock/SeventyFour

 

 

地方創生は、地域の特性を活かし、地域ごとに抱える問題の解決を目指しています。

「稼ぐ地域をつくるとともに、安心して働けるようにする」
「地方とのつながりを築き、地方への新しいひとの流れをつくる」
「結婚・出産・子育ての希望をかなえる」
「ひとが集う、安心して暮らすことができる魅力的な地域をつくる」
といった4つの基本視点が掲げられ、地域の特性を生かしたさまざまな取り組みが行われています。

 

地方は、地域の価値を向上すること、自立し、稼ぐ力をつけることが求められます。空き店舗や古民家を活用した移住や起業の推進、歴史的建造物を活かした観光客の誘致など、人の流れと地域の活性化のために戦略的で効果的な活動を進めています。また政府は、地方創生人材支援制度や地方創生推進交付金といった施策で情報・経済・人材の支援をし、その活動の手助けをしています。

地方創生の成功例

地方のホテル

iStock/Sean-Pavone

 

 

ここでは地方創生の成功例を紹介します。

地域資源の活用

 

地域の資源である食材を活用した事例があります。
地域で作られている農産物を、加工・商品化をすることで、農産物のブランド化を進めた取り組みです。商品名やパッケージデザイン等を決定し、販路の拡大を進めることで、栽培する農業者の所得が数倍に増加する効果も出ています。安定した雇用の場を創出することで、定住人口の増加にもつながっています。

起業家の育成・誘致

 

企業と自治体が連携し、起業家の育成を支援する取り組みがあります。
地方での仕事の創出や人材の発掘・育成の場づくりを目的とした、コンテストの実施による起業家の誘致も行われています。自治体によっては、補助金や助成金などの支援制度もあり、起業家にもメリットがあります。地方創生に興味を持ち、知識や経験を活かしたいと、地方への転職や起業を試みる人材が増加し、地元での採用も積極的に行われています

子育て世代の移住促進

 

「子育て支援住宅」の建設に着手した自治体があります。町外からの移住、未就学児が一名以上などといった規定を設け、家賃の控除をする仕組みです。さらに、医療費を無料とする事業や、出産祝い金を支給する事業を拡大するなど総合的な子育て支援も行うことで、若年世帯の移住増加を実現することができました。

宿泊業界における地方創生の成功例

地方を観光する外国人

iStock/Page-Light-Studios

 

宿泊業界は地方創生にどのような成果を出しているのでしょうか。取り組みと成功例をご紹介します。

インバウンド誘致

 

地方創生には、インバウンドの誘致も効果的であるといわれています。訪日外国人観光客の増加に伴い、地域ごとにさまざまな取り組みがなされています。自然を味わえるネイチャーツアーや、歴史的な景観を楽しむ観光スポット。地方ならではの観光資源をアピールすることで、外国人観光客の受け入れを促進しています。
宿泊業界では、多言語化や通信設備の整備等が求められ、地方では新たなホテルを建設する動きも続いています。宿泊施設の集客の成功は、地方経済を支える役割を担っています。観光資源を取り入れた宿泊プランや、地方の特産物を使用した朝食の無料提供。地方の資源を効果的に取り入れることで、外国人観光客を誘致し、消費による収入増加と知名度上昇による人口増加に効果を表しています。

空き家の活用

 

人口減少、高齢化社会による弊害で「空き家」が問題となっている地域があります。
そんな中、空き家や歴史的建造物をリノベーションし、宿泊施設として利用してもらう取り組みがあります。これは、地域全体で観光客をもてなす、イタリアの事業モデルを参考にしたものです。泊食分離を取り入れ、食事や買い物は地元住民が利用する店舗を利用してもらうことで、地域全体で観光客を受け入れます。地元に関する情報提供を積極的に行い、地域と積極的に連携をとることで、地域全体を 観光地としてアピールすることができます。
宿泊業界の参入による雇用の創出とともに、空き家問題の解消と地方観光の活性化の2つに効果が期待されており、この取り組みは全国に広がりつつあります。

地方創生を成功させるために

握手

iStock/Yuji_Karaki

 

 

2014年の発表以来、地方創生には高い関心が寄せられています。全国各地でさまざま取り組みが進められ、にぎわいを見せています。地方創生を成功させるには、地域の特色を活用することだけでなく、その特色を魅力的に伝える力が必要です。環境や、歴史をそのまま打ち出すのではなく、時代た特色に合わせた斬新なアイディアも求められます。

地方創生でもっとも大切なことは、地域で暮らす人々の豊かな暮らしです。
一時的に観光客や移住者の増加があっても、安定的な暮らしの実現は難しいでしょう。いつまでも暮らしたくなるような魅力的なまちづくりの実現のためには、時代に合わせて柔軟に形を変え、継続的に取り組む姿勢が大切ではないでしょうか。

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る