ドイツの地方創生に学ぶ変化と技術革新

ドイツは、世界的に地方創生に成功したという認識されています。また、そうした状況をふまえたうえでドイツ政府は第四次産業革命を提唱し、日本の経済や起業に対する強い影響力をもっています。では、ドイツはどういった取り組みで地方創生に成功したのでしょうか。ここでは、ドイツの取組みと日本への影響などについてみていきましょう。

ドイツと地方創生の関係性

噴水

fottoo-stock.adobe.com

 

ドイツの地方創生は、ドイツが古くから取り組んできた産業を観光分野に転用したことによって成功を納めています。大企業だけでなく、中小企業も含めドイツの産業は革新的な技術に対して抵抗を持たない姿勢があるといえるでしょう。

 

ドイツと産業観光

ドイツでは、有名な車メーカーがいくつもあるだけでなく、世界に先駆けて技術革新も進んでいます。

 

また、町として観光客を意識したアトラクションや設備も多く、

  • ・自動車をデザインできる
  • ・コースを実際に走る
  • ・世界的なホテルがいくつも存在している

などの特徴があります。

 

自治体と企業がうまく連携しながら、世界中から多くの観光客を迎えているといえるでしょう。加えて、その町だけで観光が完了する設計が、世界中でも特筆すべき特徴の1つです。単なる工場の開放や施設の充実だけではなく、「そこで過ごす有意義な時間」を町として作れることが地方創生につながっています。

 

技術革新と地域性

ドイツが行っている施策では、「統合的な農村開発構想」と「第四次産業革命」が代表的です。

 

総合的な農村開発構想は、景観、人材、伝統に配慮しつつ、農村の発展を目指すものです。例えば、行政と民間の協力、市民の主体的な意見を活用した地域作りなどを行っています。

 

また、第四次産業革命はドイツが提唱した製造業における技術革新のことを指します。

ITやIoT、AI、ブロックチェーンを駆使した技術革新によって

  • ・人間はより創造的な作業にシフト
  • ・自動化可能な作業を機械に任せる
  • ・生産性の向上

などの取組みで革新的な成果をあげています。

 

日本とドイツの違い

日本の地方創生の定義は決まりきったものではありません。どの産業を盛り上げるのかは、自治体に任されており、足並みがそろっているとは言い難いのが現状だといえます。

 

例えば、人口の偏りを解決する施策では、

  • ・U・Iターンの支援
  • ・地方での起業サポート

などがあるものの、各産業に対して根本的な変化を与えるものではありません。

 

そして、ドイツを見てみると、経済力の偏りが非常に少なく、中小企業にある程度の経済的な活力があるといえるでしょう。製造業が国の労働人口の半分を占める国であることから、第四次産業革命を進めることでさらにドイツの経済は活性化していくことが予想できます。

 

ドイツの地方創生が日本に与える影響

製造業

Kzenon-stock.adobe.com

 

ドイツの地方創生は、局所的なものではなく、全国的なものです。ドイツも実は少子化が進んでいるものの、中枢となる事業拠点が1カ所に集中していないため、非常に高い生産効率と生産高となっています。

 

加えて、ドイツの町づくりは、中小企業と大企業による提携や協力がうまくできており、中小企業が倒れにくい環境も一部では作られている状況です。そして、大学なども充実していることから、大学卒業後の進路もドイツ国内で完結するといった流れもあります。

 

日本に対するドイツの影響力は大きく、すでにAIやIoTを活用し、製造業における生産性を大幅に改善する第四次産業革命に着手しつつある企業も少なくありません。生産工程が向上すれば地方創生に繋がる、という単純な構造ではないものの、中小企業の生産性が向上することによって体力を持ち、地方創生に貢献できるようになるでしょう。

 

日本とドイツの地方創生の違いは何処にある?

船場

Carl-Jürgen Bautsch-stock.adobe.com

 

ドイツも日本と同じく人口は減少傾向にあるものの、産業や中小企業の勢いには明確な差が生じています。また、日本の場合は、都市に機能が集約しており、ドイツのように地方の経済が盛り上がる可能性はこのままでは低いといえるでしょう。第四次産業革命などに関しても、IoTやAIを活用するコストすら掛けられないことも珍しくありません。

 

ドイツの地方自治体を見てみると日本以上にたくさんの数があるうえで、人口に関しては5000人に満たない町も多くなっています。しかし、経済力を失っている自治体は少ないのが現状です。ドイツの場合は、都市の規模の大小に関わらず、生産性の高い場所が地方にもいくつも点在しており、そうした生産性の高さが地域にしっかりと還元されているといえるでしょう。

 

また、ドイツは各所にある有名大学や企業の周りを中心とした街づくりを行っており、それが非常に高い相乗効果を生んでいます。

 

例えば、

  • ・医療メーカーの近くに医療大学を建てる
  • ・役に立つ研究があれば、大企業が活用できる仕組化がある
  • ・民間研究機関が基礎や開発の研究を助けてきた

など、首都機能に頼った自治体の運営を行っていないことがわかります。加えて、第四次産業革命などにおいては、地方や企業同士の協力体制がある程度整っており、今後もドイツの経済力はましていくでしょう。

 

ドイツの地方創生は今後も進化し続ける

見つめる女性

haveseen-stock.adobe.com

 

日本と比較しても、ドイツの地方は経済力を失っておらず、中央集権的な仕組みとは異なるといえます。日本の地方創生は、独自の施策を行っている自治体が多いものの、迷走している自治体も少なくありません。そのうえで、地方創生が上手くいっているドイツの街づくりや経済圏の作り方を参考にしながら、日本がどのように変化していくのか、注目だといえるでしょう。

 

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る