面接官の質問の仕方が採用活動を成功に導く?

面接官が面接で聞くことは、だいたい相場が決まっていますよね。しかし、質問の仕方ひとつで、求職者にとっての話しやすさが大きく違ってくるのです。面接は、求職者の良い面を見つけて採用するためのものです。できるかぎり話しやすく質問を投げかけたい所ですが、どんな質問の仕方が望ましいのでしょうか。

面接官の質問の仕方が採用活動の成功を左右する

分かれ道

whyframeshot- stock.adobe.com

 

採用面接で、面接官が求職者に投げかける質問は、お決まりの内容のものが多いですよね。しかし、中身としては同じ質問でも、聞き方ひとつで良い採用ができるかどうかが変わってきます。

 

求職者の良い面や真意を引き出し、雇用のミスマッチを防ぐことや、入社の意欲を高めることができるかどうかは、面接官の質問の仕方に掛かっているのです。

 

求職者に不信感を抱かれてしまいがちな質問の仕方や、本音を引き出しやすい質問の仕方を理解して、採用活動を成功させましょう。

 

面接官の質問の仕方の良くない例

困惑

peshkova- stock.adobe.com

 

面接官の質問の仕方が良くないと、優秀な人材を逃がす・企業の評判が下がるといった不利益が生じます。面接官が避けるべき質問の仕方を理解し、採用活動の失敗を防ぎましょう。

 

質問の意図が伝わらない

「前の職場はどうでしたか?」といった抽象的な聞き方や「あなたを文房具に例えると何だと思いますか?」など、何が聞きたいのか分からない質問は、求職者を戸惑わせます。

 

上手く答えることができないと「質問の意図を理解しない求職者」と判断する企業もありますが、実は面接官の聞き方に問題がある場合が多いのです。

 

確かに、あえて意図が見えない質問をすることは、臨機応変さやコミュニケーション能力を判断する材料にはなるでしょう。ただし、採用の可否に大きく影響する質問は、具体的に聞く必要があります。

 

専門用語を使う

面接の質問中で、きなれない専門用語が多様されると、求職者は言葉の意味を考えるのでいっぱいいっぱいになり、質問に答えるどころでは無くなってしまいがちです。

 

経験者の中途採用で持っているスキルを判断するために、多少の専門用語を使う程度なら良いですが、基本的には誰にでも伝わる言葉を選んで質問しましょう。

 

モラルに反する聞き方

威圧的な物言いやセクハラ・パワハラと捉えられる質問はNGです。思想についてのことや、本人の責任ではないことを面接で聞いてしまうと就職差別につながり、企業の評判を地に落とす危険性があるのです。

 

面接官のNG質問についての詳細は、以下の記事をご参照ください。

 

面接官のNGワードとは?面接官が言ってはいけないNGワードを紹介

宿泊業に特化した人材紹介サービス|おもてなしHR

面接官の質問の仕方の良い例

求職者

maroke- stock.adobe.com

 

それでは反対に、面接官はどんな質問をするのが良いのでしょうか。良い質問の仕方をすることによる、採用活動へのメリットも併せて解説します。

 

何を聞きたいのかが伝わる聞き方

前の項目で、質問の意図が分からない聞き方はNGであると解説しましたよね。また、専門用語を多発するのも良くありません。反対に、具体性があって一般的に広く知られている言葉を選んで質問をすれば、返答がしやすくなるはずです。

 

例えば良くない例の項目に出てきた「前の職場はどうでしたか?」という聞き方ではなく

 

  • ・「なぜ前の職場を退職されたのですか?」
  • ・「前の職場ではどのような仕事をされていたのですか?」
  • ・「前の職場は残業はどの程度あったのですか?」

 

というように、前の職場の何について聞きたいのかを明白にするのがコツです。下手にぼかした質問で、求職者に余計な深読みをさせてしまうよりも、真意の分かる回答が得られることでしょう。

 

話を掘り下げる聞き方

求職者の能力や、応募の真意を探るには話を掘り下げる聞き方をするのが有効です。

 

例えば「英語はできますか」という質問では「はい、できます」で終わってしまいますよね。しかし、「英語はどの程度できますか」と聞けば「ビジネスで問題ない程度に習得しています」というように、より多くの情報を集めることができます。

 

また、掘り下げて話を聞くことで場の雰囲気が盛り上がり、求職者に「真剣に選考してもらっている」という印象を与えることもできるでしょう。

柔らかな口調を意識する

求職者は、面接を受ける時点では企業のお客様です。入社の意欲を高めたり、例え不採用にするにしても今後も企業のファンで居てもらうためには敬意のある態度で面接を行いましょう。

 

特に態度に注意したいのは、前職を辞めた理由など、一般的に言いにくいことを聞く際です。以下の質問を、きつめの口調で読んでみてください。

 

  • ・「なぜこんなに早く前職を辞めたのですか?」
  • ・「転職回数が多い理由は何ですか?」
  • ・「前の会社を辞めたことについてご家族は何と言っていましたか?」

 

求職者を責めているように聞こえないでしょうか。では、全く同じ文言を、柔らかい口調で読んでみてください。今度は少なくとも、責めているようには聞こえないはずです。

 

聞いている内容は同じでも、口調ひとつで「圧迫面接?」と思われることもあります。デリケートな質問をする際はぜひ、柔らかな口調を心がけてくださいね。また、聞きながら共感を示すことで、本音を引き出しやすくなります。

 

ホテル・旅館での面接官の質問の仕方の注意点

ホテル

rcfotostock – stock.adobe.com

 

ホテル・旅館はお客様からのイメージが重要な業界ですよね。求職者も大切なお客様のひとりです。面接官はホテル・旅館の品格を落とさないように、求職者に接しなければなりません。

 

心のこもったおもてなしをポリシーにしているホテルの面接で、面接官から失礼な質問を受けたり、威圧的な態度を取られたら、その求職者はほぼ間違いなくホテルを見損なうことでしょう。そして、悪い評判は口伝いに、あっという間に広がります。

 

採用の可否はともかく、一般のお客様と同様に求職者にも「気持ちよく帰ってもらえる」面接を心がけてくださいね。

 

面接官の質問の仕方と採用活動の効率を見直そう

握手

Studio-Romantic1- stock.adobe.com

 

面接官が質問を上手に投げかけられるかどうかに、採用活動の成功率が左右されます。面接官の方はぜひ、面接での質問の仕方を見直してみましょう。

 

採用活動をさらに効率的に行うには、採用支援サービスの活用が有効です。「おもてなしHR」では、ホテル・旅館などの宿泊業界の採用活動を支援しています。宿泊業界への就職・転職に関心の高い求職者の中から、希望に合う人材をピックアップして紹介します。

 

専任アドバイザーが面接日時のセッティングや、労働条件の交渉もお手伝いしますので、ぜひ導入をご検討ください。

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

ページ上部へ戻る